【楽天に転職するには?】中途採用情報や口コミ・評判、成功の秘訣を紹介!おすすめ転職エージェント5選も

「楽天に転職したい」
「どんなスキルがあれば楽天への転職は可能?」
「楽天の採用情報や転職の口コミを知りたい」

仕事は収入を得るための手段ですが、人生を豊かなものに変えてくれるものでもあります。だからこそ大手に転職したいと考えている方は少なくありません。

日本企業の中でも勢いがあり、人気が高い楽天グループ株式会社。求人募集・採用は随時行われていることから、転職を検討されている方も多いのではないでしょうか?

そこで楽天への転職を希望する方のために、採用情報や転職成功の秘訣をご紹介します。絶対失敗したくない方には、転職エージェントの利用をおすすめしますので、ぜひ検討してみてください。

目次

楽天に就職・転職するのは難しい?

楽天に就職・転職するのは難しい?

大手インターネットショッピングモールとして人気の楽天市場を筆頭に、さまざまなブランドを展開する楽天グループ株式会社。1997年に従業員6名で創業した楽天は、今や70超えのサービスを展開する大手企業へと成長しました。

数々のサービス展開拠点をもつ楽天は、バラエティに富んだたくさんの求人を募集しています。そんな楽天への就職や転職の難易度はどれくらいなのでしょうか。以下の2つのデータから確認してみましょう。

楽天への就職・転職は難易度は200企業中95位

東洋経済ONLINEが独自に調査した「入社が難しい有名企業ランキング」によると、楽天は200企業中95位という結果に。(参照元:東洋経済ONLINE「最新版「入社が難しい有名企業」ランキング200社」

入社が難しい有名企業ランキングにエントリーした200企業は、すべて誰もが知っている有名企業ばかり。なかでも難易度が高く、そう簡単に就職・転職ができる企業ではないことがうかがえます。

2021年は68位だったため、前回より順位は下がっているものの、依然として高い難易度であることは間違いないでしょう。

転職人気企業ランキングにおいて楽天は3位にランクイン

転職の難易度は、応募者の人数に比例する部分があります。人気ある企業には数多くの希望者が殺到してしまうため、優秀な人材でも希望通りの転職が叶わないことも珍しくありません。

企業の人気ランキングにおいて、楽天はどれくらいの位置にランクインしているの確認してみましょう。

転職エージェント「doda」が転職したい会社を調査したところ、楽天が全体では4位・女性部門では3位に輝きました。(参照元:PRTIMES「転職サービス「doda」、「転職人気企業ランキング2021」を発表 女性が選ぶ転職したい会社 上位3位は昨年から変わらず ソニーが7ランク上昇でトップ10入り」

トヨタやグーグル・ソニーという大企業に次いでおり、2020年と同順位であることから今後も人気は続くものと考えられます。

まずは楽天の会社概要について知っておこう

まずは楽天の会社概要について知っておこう
出典:rakuten.co.jp

会社名 Rakuten
楽天グループ株式会社
(英文社名: Rakuten Group, Inc.)
本社所在地 〒158-0094 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
楽天クリムゾンハウス
TEL. 050-5581-6910(代表)
(中略)
代表者 代表取締役会長兼社長
三木谷 浩史
設立 1997年2月7日
楽天市場開設 1997年5月1日
株式店頭上場 2000年4月19日
資本金 289,674百万円(2021年12月31日現在)
定款 2022年3月30日改定
従業員数 単体:7,744名
連結:28,261名
(2021年12月31日現在)※使用人兼務取締役、派遣社員及びアルバイトを除く就業人員ベース

引用元:楽天グループ公式サイト「企業情報」

楽天に就職・転職したいなら、まずは会社の概要を知ることが重要です。どんなに優秀な人材でも、会社のリサーチを怠っては転職活動が成功する可能性が低くなります。

どんな会社なのか、何をする会社なのか、現在の業績や募集されている職種など、楽天についてしっかり調べておきましょう。転職活動を開始する前に最低限知っておきたい楽天の会社概要は、以下の通りです。

楽天の会社概要

  1. 企業理念
  2. 事業内容
  3. 業績・将来性
  4. 業種・業務内容

①楽天の企業理念について

楽天への転職活動を行う上で、会社の企業理念を知っておきましょう。なぜなら、企業理念とは企業がもっとも重要視する価値観や考え方を明文化したものだからです。

この企業理念に共感できなければ転職が成功したとしても、働き続けることは難しいと言わざるをえません。もちろん楽天側も、企業理念に共感しない社員を必要とはしないでしょう。楽天の企業理念は、以下の通りです。

楽天グループは、「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」ことをミッションとしています。

ユーザーや取引先企業へ満足度の高いサービスを提供するとともに、多くの人々の成長を後押しすることで、社会を変革し豊かにしていきます。

「グローバル イノベーション カンパニー」であり続けるというビジョンのもと、企業価値・株主価値の最大化を図ってまいります。

引用元:楽天グループ公式サイト「企業理念」

②楽天の事業内容について

事業内容についても、転職活動では重要なポイントとなります。楽天にはどのような分野があり、どのような事業を行っているのか知らずに入社すると後悔してしまうこともあるでしょう。

また求人情報を探す際にも、就きたい事業内容から選べるため無駄がありません。楽天の展開するサービスは多岐に渡るため、これまで関わってこなかった事業内容もあるはず。

どんな分野に進出し、事業を行なっているのか、知らない内容はないか確認しておきましょう。

分野 事業内容
コマースカンパニー 楽天市場、楽天ブックス、Rakuten Fashion、Rakuten 24、楽天トラベル、東北楽天ゴールデンイーグルス、ヴィッセル神戸など
アド & マーケティングカンパニー 楽天みん就、楽天レシピ、Super Point Screen、楽天Infoseek、楽天Koboなど
コミュニケーションズ & エナジーカンパニー 楽天モバイル、楽天コミュニケーションズ、Rakuten TV、Rakuten Music、楽天チケットなど
インベストメント & インキュベーションカンパニー 楽天キャピタル、Rakuten Super English、楽天ファーム
フィンテックグループカンパニー 楽天ペイ(実店舗・アプリ決済)、楽天ポイントカード、楽天銀行、楽天証券、楽天生命など

参照元:楽天グループ公式サイト「カンパニーと主なサービス」

③楽天の業績と将来性について

楽天に限らず、転職する際は業績や将来性についても調べておく必要があります。業績が悪化している企業や将来性の見込めない会社への転職が成功しても、またすぐに職探しをすることになりかねません。

過去5年分の業績について有価証券報告書の内容をまとめたのが、以下の表です。

決算年月 売上収益 当期利益または損失
2017年12月 9,444億7,400万円 1,104億8,800万円
2018年12月 1兆1,014億8,000万円 1,418億8,900万円
2019年12月 1兆2,639億3,200万円 ▲330億6,800万円
2020年12月 1兆4,555億3,800万円 ▲1,158億3,800万円
2021年12月 1兆6,817億5,700万円 ▲1,358億2,600万円

参照元:日本経済新聞「楽天グループ|有価証券報告書」

過去5年間の楽天の売上収益は、着実に伸びてきており、今後も同様またはそれ以上の収益が見込めるでしょう

一方で、2019年から3年連続で赤字となっており2021年の損失は1,358億を超えています。しかし、この損失は2020年に本格参入した携帯通信事業におけるのローミング費用や設備投資が大きな負担となったため。

2023年中には4G人口カバー率を99%を超える見込みであり、今後は黒字化へと改善されていくことが予想されます。

④楽天の業種と業務内容

楽天に就職・転職したい方は、どのような業種があるのか知っておかなければなりません。確実に転職を成功させるためにも、あなたに合った内容の業種を選んで応募してください。

楽天では、以下の4つの業種に分かれています。それぞれの業務内容についても解説していきますので、把握しておきましょう。

楽天の業種

  • ビジネス職
  • プロダクト開発/エンジニア職
  • クリエイティブ職
  • コーポレート職

ビジネス職

楽天のサービスに関わる職種すべてが配属対象となるのが、ビジネス職です。クライアントに対して、営業やコンサルティングを担当します。

企画提案はもちろん、新規事業の提案もおこなっていくため、転職活動で内定を勝ち取るためには営業の経験を重視。各業界・職種のプロフェッショナルなど、多様なキャリア形成の可能性があります。

プロダクト開発/エンジニア職

プロダクト開発/エンジニア職は、高度な専門性を生かし、開発という枠にとらわれず楽天サービスを進化させるための職種です。ビジネス職とは異なり、特定のポジションで応募するため職種と組織が内定時に確定しています。

給与は個人の能力や経験を踏まえた上で決定しており、入社時期など柔軟に対応してもらえるのが特徴。海外支社のメンバーと共同開発を進めることで、世界最先端の技術に触れられる職種でもあります。

クリエイティブ職

ビジネスや戦略を踏まえ、デザインの方向性を定義し、設計から実制作・クオリティ管理まで担当するクリエィティブ職。デザイン・アートディレクションをリードし、楽天のブランド力を高めるポジションの職種です。

具体的には、UIデザイナーやアートディレクター・Webデザイナーなどを募集しています。求められる専門性は非常に高いといわれていますが、中途採用でも十分チャレンジ可能です。

コーポレート職

コーポレート職は、70以上のサービスを展開する楽天グループの基盤を支える職種です。日々、変容するIT業界の潮流をタイムリーに掴まなければなりません。

具体的には人事や労務・総務・広報・法務・知的財産・内部監査・財務・経理などの職種で募集されています。幅広い業務を行って会社全体の舵取りを担う職種であり、所属先によって仕事内容が大きく異なるのが特徴です。

楽天の求人情報は?中途採用・新卒採用がある職種を紹介

楽天の求人情報は?中途採用・新卒採用がある職種を紹介

楽天に就職・転職したいならどのような職種に採用枠があるのかを知っておきたいところ。いざ応募しようとしても、そもそも採用枠がないということになりかねません。

楽天では新卒に加えて、中途採用も積極的に行なっています。しかし、新卒と中途採用では、募集要項に違いがあるため注意してください。新卒採用と中途採用について、詳しく求人の職種を見ていきましょう。

楽天の採用情報

  1. 中途採用
  2. 新卒採用

①楽天の中途採用の求人情報

実務経験を通じたスキルを発揮し、即戦力としてご活躍できることを前提とした楽天の中途採用。専門性が高い分野での求人を広く募集しており、これまでの経験を重視されやすいのが特徴です

しかし、未経験や異業種からでも応募可能なポジションもあります。募集ポジションについては公式サイトに掲載されていますが、以下のような職種が随時募集されています。

分類 職種
ビジネス 企画、営業、マーケティング・PR、金融専門職、物流、運用管理など
プロダクト開発/エンジニア プロデューサー、エンジニア、データサイエンティスト、プライバシーガバナンスなど
クリエイティブ プロダクトマネージャー・プロデューサー、プロジェクトマネージャー・ディレクター、UX、デザイナー、フロントエンドエンジニア
コーポレート 人事・総務・コーポレートコミュニケーション、法務・知的財産・内部監査、財務・経理

参照元:楽天グループ公式サイト「中途採用」

②楽天の新卒採用の求人情報

楽天の新卒採用は、ビジネス職とエンジニア職のエントリー制です。どちらも応募資格は、国内外の大学・大学院を卒業予定の方で、エンジニア職は通年採用を行なっており入社時期が相談できます

ビジネス職の場合は、すべての職種に配属の可能性がある総合コースか初期配属や職種を確約する各コースのどちらか選びましょう。新卒採用の求人情報と入社可能時期については、以下の通りです。

職種 募集コース 入社可能時期
ビジネス職 ビジネス総合コース、コーポレートコース、FinTechコース、デザインコース、マーケティングコース 4月(ビジネス総合コースのみ10月も可)
エンジニア職 アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、データサイエンティスト、リサーチャー・セキュリティエンジニア、情報セキュリティ/プライバシーガバナンス、テクノロジーマネジメント、プロダクトマネジャー、開発サポート(クオリティアシュアランスなど) 随時

参照元:楽天グループ公式サイト「新卒採用」

楽天への転職に向けて必要な能力・スキルとは

楽天への転職に向けて必要な能力・スキルとは

楽天は人気企業ランキングでも上位に入るため、転職への難易度は高めの会社です。多くの方が求人にエントリーすることが予想されるため、書類審査で落とされてしまうことも少なくありません。

書類審査を通過するためにも、楽天への転職に必要な能力やスキルは獲得しておきたいところ。転職するにあって、以下のような能力やスキルの取得を目指しましょう。

楽天への転職に必要な能力・スキル

  1. コミュニケーションが可能なレベルの英語力
  2. 志望職種に関するスキル
  3. 3年以上の実務経験

①コミュニケーションが可能なレベルの英語力

楽天では、週に1回行われる全社での朝会や社内通達等は英語ベースになっているため、英語力が重視されます。エンジニアなど多国籍なメンバーとやりとりするポジションではとくに英語力を求められるでしょう。

それ以外のポジションでも、コミュニケーションが可能なレベルの英語力がなければ楽天への転職は難しくなります。特にTOEICのスコアは入社後重要視されるので、事前に勉強し身に付けておいてください

②志望職種に関するスキル

楽天は人気もあり、転職は難易度が高い企業です。特に中途採用の場合、即戦力となることを要求されるため、志望する職種に関するスキルは必要不可欠といわざるを得ません

ビジネス職なら営業経験、エンジニア職なら業務に関するスキルを身につけてからでなければ転職は難しいでしょう。未経験でも応募できるポジションもありますが、職種が限られているため注意が必要です。

③3年以上の実務経験

これまでご紹介してきた通り、中途採用で楽天へ転職する場合は即戦力になることが求められます。実務経験を通じたスキルを発揮して活躍できることを前提としており、3年以上実務経験を応募要項としている職種もあるほど

特に専門性の高い分野においては経験が重視されるため、到達していない場合はスキルを磨いてから応募するようにしましょう。

楽天に転職後の待遇はどうなの?給与や福利厚生を調査

楽天に転職後の待遇はどうなの?給与や福利厚生を調査

転職後の給与や福利厚生は、気になるポイントの1つ。大企業だからといって給与が高いという保証も、福利厚生が充実している確証もありません。だからこそ、後悔しないためにも転職前に待遇面について把握しておきましょう。

特に収入面や福利厚生は、転職後の生活に直結し大きな影響を与える可能性があるので注意が必要です。気になる楽天の待遇について、以下の面を詳しく見ていきます。

楽天の採用後の待遇

  1. 初任給
  2. 平均年収
  3. 福利厚生

①楽天の初任給はいくらなの?

転職後にいくらもらえるのか、初任給も重要です。苦労して転職したのに給与が下がったというのは避けたいところ。楽天へ転職する場合は、以下のように初任給が定められています。

楽天の初任給はビジネス総合コースであれば学部卒は30万円、院卒は31万円です。(参照元:楽天グループ公式サイト「新卒採用|ビジネス総合コース」

厚生労働省の令和3年賃金構造基本統計調査によると、大卒の初任給の平均額は21万2,300円でした。そのため、楽天は新卒で考えれば初任給ベースとしてはかなり高いほうだといえます

転職の場合はスキルによって初任給が変動するため一概にはいえませんが、低いことはないでしょう。

②楽天の平均年収はいくら?全国平均と比べるとどう?

楽天では成果主義を採用しており、業績に応じて給与や賞与が変動します。それでは楽天に勤務している方の平均年収はいくらで、全国平均と比べるとどのような差があるのでしょうか。

楽天の有価証券報告書によると、楽天の平均年収は774万円でした。(参照元:日本経済新聞「楽天グループ|有価証券報告書」)対して全国平均は以下の通り。

1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は 433 万円(対前年比 0.8%減)であり、これを男女別にみると、男性 532 万円(同 1.4%減)、女性 293 万円(同 1.0%減)となっている。

引用元:国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」

楽天の平均年収は774万円で、全国平均と比べると341万円高いという結果になりました。平均年齢が34.3歳と若い楽天では、かなり高い平均年収といえそうです。

③楽天の福利厚生にはどんなものがある?

転職を考える際には、福利厚生の充実度も重要なポイントの1つ。企業によって福利厚生は大きく違うため、事前に確認しておきたいところです。楽天の福利厚生は、以下のようなものがあります。

楽天の福利厚生

  • 仕事と育児・介護の両立支援(休暇、祝い金、社内託児所、短時間勤務など)
  • 食事補助(朝・昼・晩の3食を無料提供)
  • ストックオプション・従業員持ち株会(楽天の株式の購入に関する制度)
  • クラブ活動(約50種類、一部補助あり)
  • 楽天クリムゾンハウスサービス施設(優待価格で利用可)
  • 社員寮(新卒入社者対象)

参照元:楽天グループ公式サイト「福利厚生」

楽天は経済産業省が定める健康経営優良法人認定制度において、ホワイト500を取得している大手企業です。そのため、福利厚生もしっかりしており、働きやすい会社なのがうかがえます。

3食無料提供する食事補助や社内託児所など他の企業ではあまり見られない福利厚生があり、仕事に専念できそうです。

実際に楽天で働いている人の口コミ・評判を紹介

実際に楽天で働いている人の口コミ・評判を紹介

楽天は転職企業としての人気も高く、福利厚生もしっかりしている魅力のある会社です。しかし、実際のところは働いてみないと分かりません。転職後にこんなはずじゃなかったと後悔してもあとの祭りです。

そうならないためにも働いている方の口コミや評判から、イメージとのギャップを埋めておきましょう。実際に楽天で働いている方はどのように感じているのか、詳しくみていきます。

楽天の口コミ・評判

  1. 誰でも出世のチャンスがある
  2. どんどんチャレンジできる
  3. 能力次第で昇給が狙える
  4. ワークライフバランスが良い
  5. TOEICスコアを満たす必要がある

楽天の口コミ・評判①:誰でも出世のチャンスがある

本業の楽天市場事業だけでなく、金融・スポーツ・インフラなどなど様々な業種の事業会社が数多くあります。管理部門(私は人事)でもリーダーから課長や部長相当のポジションが数多くあるので思いややる気、あとはトライアンドエラーは繰り返したとしても経験を多く積めば楽天内で部長クラスまでキャリアを積むことが十分可能です。また外国籍の社員も多いのでいろいろな文化に触れながら仕事できるのも醍醐味かと思います。

引用元:転職会議

楽天は徹底した成果主義の企業です。社員の勤続年数に関わらず能力や成果に対し正当な評価をしてもらえます。年功序列のような風潮は一切ありません。

給与や賞与をその年度の営業成績などで決定するランク制度を設けているため、相応の待遇が望めるでしょう。頑張り次第では若くしてキャリアを積むことも可能なので、上を目指していきたい方にぴったりです

楽天の口コミ・評判②:どんどんチャレンジできる

裁量を与えてもらえることが多く、自分でよいと思ったことはどんどん提案できる環境です。また、提案内容が薄かったとしても、上司が様々なところでサポートしてくれるため、自分の提案力や提案資料作成についてもスキルが身についたと感じます。

引用元:転職会議

楽天では、さまざまなサポート体制が整っており、入社後もスキルを身につけられます。企業理念である事業をいかに持続的に成長させていくかの実業家精神を大切にしており、チャレンジできる環境が整っています。

やる気があればあるほど、さまざまなことを任せられスキルを身につけていけるので、転職することで大きく成長できそうです

楽天の口コミ・評判③:能力次第で昇給が狙える

グレードごとにレンジの幅が決められています。報酬水準をあげている段階なので今入る場合は競争力のある水準を狙えると思います。昇格もメリハリがあり活躍できれば昇格、昇給は早いと思います 年功序列ではなくなってきています。高い報酬水準は制度上かのうですが、平均値としての報酬水準は外資と比べると劣るところはあるかもしれません。

引用元:転職会議

楽天は徹底的な成果主義を採用しており、業績や能力によって高い水準の昇給を狙えます。給与や賞与といった目に見える形で評価されるため、メリハリをつけて働きやすいといえるでしょう。

外資系の企業理念と比べれば給与の平均値は低いかもしれませんが、あなたの頑張り次第では高収入が目指せます。また昇格にも、年齢や勤続年数は関係しません。

楽天の口コミ・評判④:ワークライフバランスが良い

外国人の社員が多いので、日本人の社員が影響を受けて、毎日も定時退社の社員はたくさんいます。有休消化状況もほとんど100%です。部署によりますが、主な部署は産休と育休の申請も問題ありません。会社内の社員のための部活もあります。また、週末または休日の出社はほとんど無いです。

引用元:転職会議

楽天は2022年にホワイト500を取得しており、従業員の健康管理を経営的な視点で考えて戦略的に実践しています。そのため、残業や休日出勤が少なく、ワークバランスが整っていると評判です

有給休暇はもちろん、産休や育休が取りにくいといったこともありません。そのため仕事を頑張りながらでも、プライベートは充実させたい方にもぴったりの転職先です。

楽天の口コミ・評判⑤:TOEICスコアを満たす必要がある

評価グレードによって取得が必要なTOEICスコアが決められており、場合によっては月給15%カットの場合もある。TOEICスコア要件さえクリアすれば、急に給与が下がることはない。また、朝昼晩の食事が無料で食べられるし、メニューが非常に多い。本社ビル9Fと22Fとで異なる配膳業者なので、競争が生まれ、季節ごとの特別メニューなどもある。

引用元:転職会議

楽天では、週1回の朝会や社内通達等は英語ベースで行われています。また昇給に関係する評価グレードによって、定められたTOEICスコアを取得していなければなりません

条件がクリアできない場合は、給与がカットされる可能性も。ただし、英語スキルを向上させるためのサポートも充実しているため、そこまで深刻に考える必要もありません。

また、3食無料で食事が食べられるため、経済的にも身体的にも充実していると評判が良いようです。

楽天への転職を成功させる6つの秘訣

楽天への転職を成功させる6つの秘訣

楽天では、週1回の朝会や社内通達等は英語ベースで行われています。また昇給に関係する評価グレードによって、定められたTOEICスコアを取得していなければなりません。

条件がクリアできない場合は、給与がカットされることも。ただし、英語スキルを向上させるためのサポートも充実しているため、そこまで深刻に考える必要もありません。

また、3食食事が無料で食べられるため、経済的にも身体的にも健康的だと評判が良いようです。

楽天への転職を成功させる秘訣

  1. 楽天グループの公式サイトを隅々までチェックする
  2. 自分のスキル・経験をリストアップする
  3. 楽天の求める人物像に沿った自己アピールを考える
  4. 面接に向けた対策・シミュレーションを行う
  5. 他社で楽天に必要なスキルを身につけてから受ける
  6. 転職エージェントにサポートしてもらう

①楽天グループの公式サイトを隅々までチェックする

楽天への転職を成功させるためには、会社を深く知ることが必要不可欠です。中途採用の場合、企業側は、業務内容も業界のことも知った上で応募しているという前提に立って採用を進めています。

そのため企業概要や業務内容などの情報が不足していては、採用される確率が下がってしまいます。まずは楽天グループの公式サイトを隅々までチェックし、会社の情報や求められる人材や仕事内容への理解を深めましょう

②自分のスキル・経験をリストアップする

楽天という企業への理解が深まったら、自分には何ができるのか、どんなことを経験してきたのかリストアップしましょう

スキルや経験は、あなたをアピールする材料です。小さなことでも構わないので、できるだけたくさんのスキルや経験を書き出しましょう。

あなたがつきたい職種に直接関係ないスキル・経験を挙げても無駄だと思いがちですが、そうではありません。判断するのは企業側です。

あなたにとって些細なエピソードから採用したいと感じてくれる可能性もあります。自分の能力を冷静に評価してみてください。

③楽天の求める人物像に沿った自己アピールを考える

自分のスキルや経験が冷静に評価できたら、募集要項から楽天がどんな人材を求めているのかを読み取りましょう。求めている人物像が掴めれば、履歴書や面接で自分の強みを効果的にアピールしやすいはずです。

転職後にどんなことができるか、あなたを採用する利点など企業側にアピールできることを考えてください。ただし、自己アピール時に押し付けがましくならないように注意しましょう。

④面接に向けた対策・シミュレーションを行う

どんなに優秀な人材でも、面接の場でうまくアピールできなければ楽天側には伝わりません。面接に向けた対策やシミュレーションは、抜かりなく行っておくことをおすすめします。

口コミや評判・転職サイトなどから、どのようなことを質問されるのか調べておきましょう。どんな内容の質問でも、スムーズに受け答えができるよう対応しておくのがベストです

⑤他社で楽天に必要なスキルを身につけてから受ける

楽天への転職は、必要なスキルや経験を満たしていない場合採用される確率は極めて低くくなります。さらに、原則として同じポジションへの再応募はできないため1度失敗すると希望職種への転職ができません。

現時点で入社に必要なスキルが身に付いていない場合は、他社で技術や経験を身に付けてから応募するのも1つの手です。結果的に楽天に就職する近道になるかもしれません。

⑥転職エージェントにサポートしてもらう

楽天への転職を成功させたいのなら、転職エージェントを利用するのもおすすめです。転職エージェントには専門のキャリアアドバイザーが在籍しており、業界に精通しているため数多くの情報が手に入ります

応募書類の書き方から面接の対策まで、幅広いサポートを受けられるため転職成功率がアップ。一般的には公開されていない求人情報もあり、無料で利用できるため登録してみると良いでしょう。

楽天への転職におすすめの転職エージェント比較一覧表

楽天への転職におすすめの転職エージェント比較一覧表

楽天への転職を絶対に成功させたいあなたは、転職エージェントを利用することを検討してください。転職に関する全面的なサポートが受けられるので、成功率は確実にアップすること間違いありません

しかし、近年ではさまざまな転職エージェントが普及しており、どこを利用すれば良いか分からないという方も多いのでは?そこで比較しやすいよう、おすすめの転職エージェントについて項目ごとにまとめてみました。

おすすめ転職エージェント

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda(デューダ)
  4. マイナビIT AGENT
  5. パソナキャリア
転職エージェント名 リクルートエージェント マイナビエージェント doda(デューダ) マイナビIT AGENT パソナキャリア
リクルートエージェント マイナビエージェント doda(デューダ) マイナビIT AGENT パソナキャリア
運営会社 株式会社リクルートホールディングス 株式会社マイナビ パーソルキャリア株式会社 株式会社マイナビ 株式会社パソナ
楽天の求人職種 サーバーサイドエンジニア、
セールスプロモーションプランナー、
システム運用エンジニア、採用担当、
事業戦略マネージャー、
経営企画マネージャー、経理、
インフラエンジニア、人材開発、
マーケティング、営業企画など
webディレクター、
システムインフラプロデューサー、
ITプロジェクトマネージャー、
データコンサルタント、
セキュリティーエンジニア、
システムエンジニアなど
プロモーター、経理、
シニアビジネスディベロップメント、
PRイベントプランナー、機械学習エンジニア、
事業開発、営業、ソフトウェアエンジニア、
シニアデータエンジニア、デジタルマーケター、
プロダクトマーケティング、管理会計、
コーポレートマネージャーなど
webディレクター、プロジェクトマネージャー、
製品開発システムエンジニア、プログラマ、
システムエンジニア、IT企画コンサルタント、
セキュリティエンジニアなど
事業企画設計、不動産開発、
経理、財務、会計、法人営業、
アプリケーション開発エンジニア、
インフラエンジニアなど
公開求人数 250,000件以上 39,000件以上 100,000件以上 39,000件以上 40,000件以上
非公開求人数 280,000件以上 35,000件以上 非公開 35,000件以上 非公開
会員数 約1,252,000名 非公開 6,940,000名 非公開 非公開
拠点 北海道、宮城県、栃木県、埼玉県、
千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、
愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、
岡山県、広島県、福岡県
東京都、神奈川県、北海道、宮城県、
愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、静岡県、
愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、
広島県、福岡県
東京都、神奈川県、北海道、宮城県、
愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
全国47都道府県に拠点あり
利用料金(税込) 無料 無料 無料 無料 無料
サポート内容 キャリアアドバイス・カウンセリング、
応募書類についてのアドバイス、
面接の日程調整、面接対策、
応募先企業との交渉
職務経歴書のブラッシュアップ、
模擬⾯接、⾯接⽇程などのスケジュール調整、
給与などの条件交渉、応募書類の添削
面接の日程調整、書類や面接の対策、
手続きサポート
職務経歴書のブラッシュアップ、
模擬⾯接、⾯接⽇程などのスケジュール調整、
給与などの条件交渉、応募書類の添削
履歴書、職務経歴書添削、面接対策
詳細

楽天に採用されたい場合におすすめの転職エージェント5選

楽天に採用されたい場合におすすめの転職エージェント5選

楽天に転職したい方は、積極的に転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントなら楽天の企業情報はもちろん、採用に関する幅広いサポートが受けられます。しかもほとんどの転職エージェントは無料で利用できるため、使わない理由がありません。

近年はさまざまな転職エージェントが普及していますが、特におすすめのところを5社ピックアップしてみました。それぞれに掲載されている楽天の求人職種も調べていますので、ぜひ参考にしてください。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント
出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルートホールディングス
楽天の求人職種 サーバーサイドエンジニア、セールスプロモーションプランナー、システム運用エンジニア、採用担当、事業戦略マネージャー、経営企画マネージャー、経理、インフラエンジニア、人材開発、マーケティング、営業企画など
公開求人数 250,000件以上
非公開求人数 280,000件以上
会員数 約1,252,000名
拠点 北海道、宮城県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 キャリアアドバイス・カウンセリング、応募書類についてのアドバイス、面接の日程調整、面接対策、応募先企業との交渉

リクルートエージェントは、転職サイトとして最も多い求人数を誇る転職実績No.1のエージェントです。非公開求人数を合わせた求人数は、ダントツの業界トップ。他のサイトにはない求人も揃っており、転職を検討する際にはぜひ登録しておきたいサイトの1つです。

また、1人1人に合った求人の紹介から選考対策・年収交渉まで、一気通貫した転職サポートを受けられるのが魅力。実績豊富なアドバイザーも在籍しており、初めての転職にも安心して臨めます。

登録はもちろん、豊富な転職サポートも費用は一切かかりません。楽天への転職を検討しているあなたは、まずこちらから会員登録しておきましょう。

2.マイナビエージェント

マイナビエージェント
出典:mynavi-agent.jp

運営会社 株式会社マイナビ
楽天の求人職種 webディレクター、システムインフラプロデューサー、ITプロジェクトマネージャー、データコンサルタント、セキュリティーエンジニア、システムエンジニアなど
公開求人数 39,000件以上
非公開求人数 35,000件以上
会員数 非公開
拠点 東京都、神奈川県、北海道、宮城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 職務経歴書のブラッシュアップ、模擬⾯接、⾯接⽇程などのスケジュール調整、給与などの条件交渉、応募書類の添削

20代を中心に満足度が高い転職エージェントとして定評のある、マイナビエージェント。第二新卒向けの求人も充実しており、若い世代の転職エージェントとして親しまれています。

転職状況をじっくりヒアリングし、強みをもとにプランを考え求人紹介から内定までを一貫してサポート。業界ごとに転職情報を熟知した専任したアドバイザーが提案してくれるため、さまざま業種への転職が可能です

全国各地に拠点がありますが、電話やweb面談も可能なため自宅から遠くても問題ありません。大企業からベンチャー企業まで幅広い業界・職種の求人があるので、まずこちらから登録しておきましょう。

3.doda(デューダ)

doda(デューダ)
出典:doda.jp

運営会社 パーソルキャリア株式会社
楽天の求人職種 プロモーター、経理、シニアビジネスディベロップメント、PRイベントプランナー、機械学習エンジニア、事業開発、営業、ソフトウェアエンジニア、シニアデータエンジニア、デジタルマーケター、プロダクトマーケティング、管理会計、コーポレートマネージャーなど
公開求人数 100,000件以上
非公開求人数 非公開
会員数 6,940,000名
拠点 北海道、宮城県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 面接の日程調整、書類や面接の対策、手続きサポート

dodaは悪い評判が少なく求人数も多い、業界最大手の転職エージェントです。専任のキャリアアドバイザーが、業界・職種・動向などさまざまな情報を踏まえたうえで転職活動をサポート。

客観的な立場から提案やアドバイスがもらえるので、思わぬ可能性が見出せたという口コミも少なくありません

履歴書や職務経歴書の書き方はもちろん、面接に至るまで徹底的なアドバイスを行うため、転職初心者でも安心して利用できます。

電話やメールに加えてLINEでもやり取り可能。気軽に使いやすい転職エージェントを利用したいあなたは、下のボタンをタップしてdodaに登録しましょう。

4.マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT
出典:mynavi-agent.jp

運営会社 株式会社マイナビ
楽天の求人職種 webディレクター、プロジェクトマネージャー、製品開発システムエンジニア、プログラマ、システムエンジニア、IT企画コンサルタント、セキュリティエンジニアなど
公開求人数 39,000件以上
非公開求人数 35,000件以上
会員数 非公開
拠点 東京都、神奈川県、北海道、宮城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 職務経歴書のブラッシュアップ、模擬⾯接、⾯接⽇程などのスケジュール調整、給与などの条件交渉、応募書類の添削

マイナビエージェントと同じく、株式会社マイナビが運営するマイナビITエージェント。IT・Webエンジニア向けの転職エージェントで、IT業界専任のキャリアコンサルタントがフルサポートするのが特徴です

楽天のエンジニア職への転職を希望する方にはぴったりの転職エージェントサイトといえるでしょう。もちろん応募書類の添削や面接対策も実施。初めての転職活動でも、不安になる必要はありません。

キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれるため、安心して進めていけます。楽天でエンジニア職に就きたいあなたは、ぜひこちらをタップして会員登録をしてください。

5.パソナキャリア

パソナキャリア
出典:pasonacareer.jp

運営会社 株式会社パソナ
楽天の求人職種 事業企画設計、不動産開発、経理、財務、会計、法人営業、アプリケーション開発エンジニア、インフラエンジニアなど
公開求人数 40,000件以上
非公開求人数 非公開
会員数 非公開
拠点 全国47都道府県に拠点あり
利用料金(税込) 無料
サポート内容 履歴書、職務経歴書添削、面接対策

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査4年連続第1位受賞の大手転職エージェントです。取引企業は1万6,000社以上。長年に渡って培ってきたノウハウや経験を活かして25万人以上の転職をサポートしています。

ハイクラスの求人情報も多く、求人の質が良いのも顧客満足度1位を受賞する理由の1つといえるでしょう。非公開求人の割合は80%以上を誇るので、登録しなければ見れない求人ばかり。楽天への転職を成功させたいあなたは、まずはこちらをタップしてパソナキャリアに登録しましょう。

まとめ:楽天への転職は転職エージェントにサポートしてもらおう

まとめ:楽天への転職は転職エージェントにサポートしてもらおう

楽天は企業としての人気も高く、転職にはスキルや経験が必要なため難易度が高いのが現実です。定期的に募集されていますが、新卒・中途採用ともにハードルが高く狭き門であることは間違いありません。

特に転職の場合は即戦力となる実務経験が重視されているため、それ相応の対策が必要となってきます。本記事を参考にしてベストの状態で選考に臨みましょう。

転職の成功率をあげたいのであれば、転職エージェントによるサポートがおすすめです。無料で利用できるので、ぜひこちらからリクルートエージェントに会員登録してみてください。

おすすめの記事