【三菱電機の年収はいくら?】平均年収や採用情報、給与や待遇、おすすめ転職エージェント3選を紹介!

「三菱電機って大きな企業だけど、年収はいくらくらい?」
「大手企業なだけに採用は狭き門?」
「転職を考えているけれど、実際の待遇を知りたい」

と悩んでいませんか?

三菱電機は大手総合電気メーカーとして、長期に渡り日本国内だけでなく海外にも名の知れ渡った企業です。家電メーカーとしての認識が強い方も多いかもしれませんが、事業内容は多岐に渡り幅広い人材を必要としています。

そんな三菱電機への転職を希望する方にとって気になるのが、年収や待遇などでしょう。長く働いていく上では重要なことであるため、転職活動を開始する前に色々と調べておくことが重要です。

また、三菱電機は大手企業であり求人への応募も多いことが予想されます。なんとなく応募している方が採用されるわけはなく、きちんとした対策が必要となるでしょう。

そこで三菱電機への転職を成功させたい方のために、活用したい転職エージェントもご紹介しますのでぜひ参考にしてください

目次

三菱電機の年収はいくら?競合他社と比べるとどうなの?

三菱電機の年収はいくら?競合他社と比べるとどうなの?

創業100年以上、大手総合電気メーカーの1社である三菱電機。三菱といえば冷蔵庫の印象も強く、家電メーカーとして認識している方も多いでしょう。しかし、三菱電機の業態は幅広く、国内でも多くの産業用電気機器でトップクラスのシェア率を誇っています

そんな三菱電機への転職を考えている方にとって気になるのが、年収面です。生活していく上で、仕事と収入は切り離せません。三菱電機の年収について、以下の項目ごとに調査していきます。

三菱電機の年収について

  1. 2021年度の平均年収
  2. 過去5年間の平均年収の推移
  3. 職種別の平均年収
  4. 競合他社の平均年収との比較

それぞれの項目について、詳しくみていきましょう。

①三菱電機の2021年度の平均年収は約807万円

2021年度の有価証券報告書によると、三菱電機の平均年収は806万7,252円でした。(参照元:三菱電機「2021年度・第151期(2022年3月期)有価証券報告書」)国税庁によると、2021年の給与所得者の平均年収は433万1,000円。(参照元:国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」)日本の給与所得者の平均年収の2倍近い金額です。ボーナスの比率などは発表されていませんが、かなり高い年収だといえるのではないでしょうか。

また、三菱電機の平均年齢は41.1歳です。国税庁の調査では40歳前半の平均年収が582万円となっており、高水準の年収が得られる企業であることは間違いありません。

②三菱電機の平均年収の過去5年間の推移をチェック

2022年の三菱電機の平均年収は約806万円でしたが、ボーナスの支給額は業績によるため毎年変動します。転職後の年収と乖離しないよう、過去5年の平均年収の推移をチェックしておきましょう。有価証券報告書で発表された三菱電機の過去5年間の平均年収は、以下の通りです。

年度 年収
2017年度 792万4,292円
2018年度 816万9,232円
2019年度 806万9,144円
2020年度 796万3,544円
2021年度 806万7,252円

参照元:三菱電機「2021年度・第151期(2022年3月期)有価証券報告書」
三菱電機「2020年度・第150期(2021年3月期)有価証券報告書」
三菱電機「2019年度・第149期(2020年3月期)有価証券報告書」
三菱電機「2018年度・第148期(2019年3月期)有価証券報告書」
三菱電機「2017年度・第147期(2018年3月期)有価証券報告書(平成29年4月1日-平成30年3月31日)」

三菱電機の過去5年間の平均年収は、年によって多少変動するものの790万円から820万円までで推移しています。いずれにせよ、現在の給与所得者の平均年収と比べると高水準であることは間違いありません。

③三菱電機の職種別の平均年収をチェック

これまでは会社全体で見てきましたが、つぎは社内に目を向けてみましょう。職種によって平均年収は変わるものです。三菱電機にいたっても例外ではありません。特に三菱電機ではさまざまな職種の仕事があり、平均年収もばらつきがあります。職種別の平均年収は、以下の通りです。

職種 平均年収
開発 740万円
エンジニア・SE 736万円
設計 688万円
研究開発 678万円
技術 664万円
生産技術 663万円
経理 659万円
事務 638万円
営業 631万円
管理 622万円

参照元:OpenWork「三菱電機株式会社|年収・給与」

三菱電機でも職種によって平均年収が異なりますが、開発やエンジニア・SEなどが700万円超えです。三菱電機の中でも平均年収が低めなのが営業や管理といった職種ですが、それでも600万円超えと高い水準を示しています。職種ごとの平均年収を見ても分かる通り、三菱電機は高い年収が期待できるでしょう。

④三菱電機の平均年収を競合他社と比較

三菱電機は総合電気メーカーのなかでも大手企業であり、年収が高いイメージをもっている方も多いでしょう。実際に給与所得者の平均年収と比べて、高水準であること間違いありません。

しかし、それは競合他社である日立やパナソニックなどにもいえることです。そこで三菱電機と肩を並べる競合他社と、平均年収を比較してみます

会社名 平均年収
ソニーグループ 1,084万5,882円
日立製作所 896万9,979円
東芝 892万3,388円
三菱電機 806万7,252円
パナソニック ホールディングス 758万6,608円

参照元:ソニーグループ「2021年度 有価証券報告書」
日立製作所「2021年度[153期]有価証券報告書」
東芝「2021年度[第183期]有価証券報告書」
三菱電機「2021年度・第151期(2022年3月期)有価証券報告書」
パナソニック ホールディングス「2021年度[第115期]有価証券報告書」

有価証券報告書によると、競合他社の中でもソニーグループの平均年収は群を抜いています。日立製作所や東芝と比べても、三菱電機の平均年収は低め。しかし、競合他社の中で三菱電機の平均年収が低いわけではありません。この業界がいかに発展しているのかがわかる結果となりました。

三菱電機はどんな会社なの?会社概要について知っておこう

三菱電機はどんな会社なの?会社概要について知っておこう

出典:mitsubishielectric.co.jp

会社名 三菱電機株式会社
本社所在地 〒100-8310 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
代表者 漆間 啓
電話番号 03-3218-2111(代表)
設立 1921年1月15日
資本金 175,820百万円
発行済株式数 2,147,201,551株

引用元:三菱電機「企業情報|プロフィール」

三菱電機は家電や自動車など、日本だけでなく海外にも存在が知れ渡る大企業です。しかし業務内容は多岐に渡っており、全てを把握している方も少ないでしょう。

転職する上で、応募する企業について知っておくことはとても重要なこと。企業リサーチを怠っては、転職活動は成功しません。そこで、以下の3つの内容について、調べておきましょう。

三菱電機の会社概要

  1. 企業理念
  2. 主な事業内容
  3. 業績と将来性

それぞれの項目について、詳しく見ていきます。

①三菱電機の企業理念について

転職活動を始める前に、三菱電機の企業理念を知っておきましょう。企業がもっとも重要視する価値観や考えに共感できなければ、転職が成功したとしても長く働き続けることはできません。

また、三菱電機としても企業理念に共感してくれる方を社員として迎えたいと希望しているはずです。三菱電機のホームページには、以下の企業理念が掲げられていました。

私たち三菱電機グループは、たゆまぬ技術革新と限りない創造力により、活力とゆとりある社会の実現に貢献します。

引用元:三菱電機「企業情報|企業理念」

三菱電機は、モノづくりを通した社会への貢献に価値を置いていることが企業理念を見て分かるでしょう。家電から宇宙まで幅広い事業を手がける中で、心と生活を豊かにし夢のある社会を実現していくのが三菱電機です。常により良いものを目指し、変革していくという共通の目標や姿勢を持つ会社であることを頭に入れておいてください。

②三菱電機の主な事業内容について

転職活動をする上で、事業内容についてしっかり把握しておきたいところ。何をしたいのか、何ができるのか事業内容をもとに判断しなければ転職活動は成功しません。

知名度も高く応募者が殺到することも予想されるため、あなたに合った職種を選ぶためにも事業内容を知っておくことは重要です。三菱電機は、以下のような部門に手を広げています。

事業内容 詳細
重電システム部門 タービン発電機、大型映像表示装置、エレベーターなど
産業メカトロニクス部門 電力量計、産業用ロボット、配電用変圧器など
情報通信システム部門 衛星通信装置、人工衛星、レーダー装置など
電子デバイス部門 パワーモジュール、高周波素子、液晶表示装置など
家庭電器部門 ルームエアコン、冷蔵庫、掃除機、ジャー炊飯器など
その他部門 不動産・広告宣伝・金融等のサービスなど

参照元:三菱電機「企業情報|プロフィール」

三菱電機は、家電から宇宙まで幅広い事業を行う総合電気メーカーです。そしてその事業内容は、大きく5つの部門に分かれています。どんな仕事がしたいのか、できるのかをしっかり考えて、あなたが活躍したい部門を考えておきましょう

③三菱電機の過去5年間の業績と将来性について

転職を検討する際は、業績や将来性についても調べておきましょう。業績が安定していない企業や将来性が見込めない会社へ転職しても、すぐにまた職探しをすることになりかねません。有価証券報告書をもとに、過去5年間の業績についてまとめてみました。

決算年月 売上高 親会社株主に帰属する
当期純利益
2018年9月 4兆4,444億2,400万円 2,557億5,500万円
2019年3月 4兆5,199億2,100万円 2,266億4,800万円
2020年3月 4兆4,625億0,900万円 2,218億3,400万円
2021年3月 4兆1,914億3,300万円 1,931億3,200万円
2022年3月 4兆4,767億5,800万円 2,034億8,200万円

参照元:三菱電機「2021年度・第151期(2022年3月期)有価証券報告書」

有価証券報告書を見ても、三菱電機は直近5年間安定して業績をキープしていることがわかります。海外都市の封鎖や部材調達難などコロナウィルスの影響もあった中、業績をキープし続けるのは至難の技です。いかに体力のある企業かがわかるでしょう。今後も安心した業績をキープすることがうかがえ、三菱電機は将来性も見込める企業であることは間違いありません。

三菱電機は新卒・中途採用を実施している?

三菱電機は新卒・中途採用を実施している?

三菱電機への転職を希望しているのなら、採用情報も確認しておきましょう。いざ応募しようとしても、採用がなければ転職しようがありません。三菱電機では、新卒や中途採用を積極的に行なっています。三菱電機の採用情報について、以下の項目について確認しておきましょう。

三菱電機の採用情報

  1. 新卒採用
  2. 中途採用(キャリア採用)
  3. ポスドク採用

三菱電機では、新卒採用・中途採用に加え、ポスドク採用も行っています。それぞれ詳しくみていきましょう。

①三菱電機の新卒採用情報について

三菱電機では、4月入社と10月入社のタイミングでの新卒採用において募集があります。そのどちらも、総合職として国内外に点在する拠点を問わず勤務可能な方が条件です。

基本的に最終学歴卒業後、就労経験がないことを条件にしていますが、卒業時期によってはエントリーできることも。三菱電機の新卒採用は、大きくわけて以下の2つのエントリー枠があります。

  • 事務系総合職
  • 技術系総合職(学校推薦・自由応募)

どちらの分野にエントリーするのか、希望の職種に応じて決めましょう。分野ごとの募集職種は、以下のようになっています。

分野 募集対象学部 募集職種
事務系総合職 全学部・全学科 営業、経理/財務、資材調達、人事/総務、法務/知的財産渉外 など
技術系総合職(学校推薦・自由応募) 全学部・全学科 基礎研究、応用研究、電気設計、機械設計、ソフトウェア設計、システム設計、生産技術、品質管理、工事技術、技術営業、知的財産管理 など

参照元:三菱電機「採用情報|新卒採用」

新卒でのエントリーは、経理や財務・人事などといった事務系と研究や設計を行う技術系の分野に分かれて行います。技術系総合職にエントリーする方は、配属先指定リクルート制度の利用が可能です。

配属先リクルート制度とは、入社後に携わる事業や職種と希望や専門性とのマッチングを図る三菱電機独自の制度です。入社後のミスマッチを予防できるため、明確に希望する職種がない場合はぜひ利用しましょう。

②三菱電機の中途採用(キャリア採用)情報について

三菱電機では、新卒採用だけでなくキャリア採用も積極的に行っています。2022年度の経験者採用比率は51%を計画しており、中途でも十分チャンスがあることは明白です

三菱電機の事業には何年もの長い時間をかけて成果をあげるプロジェクトが多いことから、永く付き合えるかどうかを重視。さまざまな部門で協力しながら大きな成果を産み出す性質上、チームプレイができるかどうかも重要視されます。

現在三菱電機で募集のある事業部門は、以下を参考にしてください。

募集している事業部門 詳細
社会システム事業本部 製品・システム・サービスの提供を通じて、持続可能で豊かな社会の実現に貢献
リビング•デジタルメディア事業本部 暮らしの快適空間づくりを通じて、社会・環境に貢献する製品・サービスを提供
自動車機器事業本部 自動車の低燃費化・電動化などの技術開発で、モータリゼーションの発展を下支えする
開発本部 総合電機メーカーならではの強みを生かした、技術シナジー・事業シナジーを通じた未来技術の研究開発
FAシステム事業本部 FA機器・産業用ロボット・メカトロニクス製品の開発で日本の、世界の「ものづくり」を支える
生産システム本部 グループ共通の組織として、設計技術、生産技術、ものづくり力の高度化を牽引する
電力・産業システム事業本部 川上から川下まで、国内屈指の総合力で電力インフラを構築
電子システム事業本部 人工衛星や大気観測装置等、製品開発で地球環境保全に貢献する
ビルシステム事業本部 世界最高品質の昇降機を追求し、ビルの安全・安心を守る
半導体・デバイス事業本部 パワー半導体デバイスなど、低消費電力製品の開発で社会の低炭素化に貢献する
本社/その他 本社や上記事業部門以外での採用

参照元:三菱電機「三菱電機 キャリア採用」

三菱電機では、キャリア採用にも力を入れているためチャンスは大いにあります。さまざまな事業部門で募集を行なっているため、あなたの希望に沿った職種があるか確認しておきましょう。

もし、希望される職者が現時点でなくても諦める必要はありません。三菱電機にはキャリア登録制度があります。あなたのスキルや経験を登録しておくことでマッチする職種に空きが出たら三菱電機から連絡をもらえます。

③三菱電機のポスドク採用情報について

三菱電機ではポストドクターを対象に、最長3年の研究開発に取り組む共創型 リサーチアソシエイト採用制度を新設しました。この制度はポストドクターが専門性を活かして自主的に研究を進められる制度で、2022年1月に新設されたばかりです。

事業を通じて社会課題を解決する研究開発に取り組む経験を積めるというメリットがあり、人材育成支援の意味合いが強いのも特徴です。1年単位の契約となり、博士の学位取得者及びそれに準じる方を対象としています。

三菱電機へ入社後の待遇はどう?給与や福利厚生は?

三菱電機へ入社後の待遇はどう?給与や福利厚生は?

転職後の給与や福利厚生は、事前に確認しておいたいポイントの1つです。三菱電機だからといって給与が高い、福利厚生が充実しているといった保証はありません。

収入や福利厚生は、転職活動の生活に大きな影響を与える可能性が高いため注意が必要です。転職後に後悔しないためにも、多くの情報を収集しておきましょう。

入社後の待遇

  1. 給与・賞与
  2. 福利厚生、休暇・研修制度

入社後の待遇について、給与や賞与・福利厚生・休みなどについて詳しく見ていきます。

①三菱電機の給与・賞与について

転職後長く働くためには、給与や賞与がいくら得られるのかとても重要です。どんなにやりがいのある仕事でも収入がなければ、生活ができません。三菱電機の募集要項には、以下のように給与や賞与について記載されています。

初任給 学部卒:22万7,000円(2022年度実績)
修士了:25万1,000円(2022年度実績)
諸手当 時間外手当、扶養手当、外勤手当、通勤費補助など
賃金改定 年1回(4月)
賞与 年2回(6月・12月)

参照元:三菱電機「新卒採用|募集要項・選考フロー・応募受付期間」

三菱電機に限らず、給与や賞与は能力による影響が大きいといえます。そのため初任給は決まっているものの、賞与については明確な記載はありません。

しかし、平均年収をみても分かるとおり、高い水準の収入が期待できるでしょう。また、時間外手当がきちんと加算されるため、働いた時間に見合う給与が支給されるのも魅力です。

②三菱電機の福利厚生や休暇・研修制度について

給与など収入だけでなく、福利厚生や休暇・研修制度についても事前にチェックしておきましょう。企業によって福利厚生の内容や休暇については、大きく異なります。

どんなに高収入が期待できても福利厚生が充実していない会社は、ワークライフバランスが実現できず、満足感が得られません。また研修制度が充実している企業は、あなた自身を成長させてくれます。

三菱電機の福利厚生や休暇、研修制度については、以下を参考にしてください。

福利厚生 寮・社宅、保養所、契約リゾート施設、テニスコート・体育館・プールなどのスポーツ施設、財形貯蓄、住宅融資、社員持株会、セレクトプランポイント制度、社員互助会など
休職制度 傷病休職、育児休職、介護休職、セカンドライフ支援休職、出産支援休職など
研修制度 階層別研修、職能別研修、国際化研修、技術研修、その他

参照元:三菱電機「新卒採用|募集要項・選考フロー・応募受付期間」

三菱電機では、福利厚生として社宅制度はもちろんリゾート施設やスポーツ施設が利用できます。休職制度も充実しているため、予期せぬことが起こったとしてもすぐに会社を辞める必要もありません。また、研修制度も多数あり、人材育成やキャリアアップにも力を入れていることが分かるでしょう。

三菱電機に転職して年収を上げたいなら?押さえるべき3つのコツ

三菱電機に転職して年収を上げたいなら?押さえるべき3つのコツ

三菱電機は、年収も高く福利厚生なども充実した魅力ある企業です。毎年たくさんの方を採用していますが、応募数も多く、誰でも受かるわけではありません。ただやみくもに応募したからといって簡単に採用されるわけではないことを肝に銘じておきましょう。

そんな中で、どうすれば三菱電機に転職できるのか、対策を考える必要があります。押さえておきたいコツは、以下の3つです。

三菱電機へ転職するコツ

  1. 求める人物像を理解して自己アピールを考える
  2. 転職に有利になるスキル・経験を身につける
  3. 転職エージェントのサポートを受ける

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

①求める人物像を理解して自己アピールを考える

まずは、三菱電機がどんな人材を求めているかを知っておくことが重要です。求める人物像とかけ離れていては、どんなに優秀な人材でも採用されることはありません。何が求められているのかを理解した上で、的確な自己アピールを考えましょう。以下が、三菱電機の求める人物像です。

・「つながり」を大切にできる人
・自ら考え「行動できる」人
・最後まで「諦めない」人

参照元:三菱電機「新卒採用|採用メッセージ」

採用メッセージから読み取れる人物像のポイントは協調性・行動力・忍耐力の3つ。これらのポイントをもとに、積極的な自己アピールを考えてください。具体的なエピソードを用いてアピールすると、より伝わりやすいでしょう。転職の場合は前職での経験を絡めるのがおすすめです。

②転職に有利になるスキル・経験を身につける

キャリア採用の場合は、企業側は即戦力となってくれる人物を求めていることがほとんどです。そのため、三菱電機で活かせるスキルや経験があれば、他の応募者との差別化をはかりやすく、転職に有利に働くことは間違いないでしょう。

もちろん、スキルや経験がなければ採用されないわけではありません。しかしスムーズに三菱電機へ転職したい場合は、別の企業でスキルや経験を身につけてから三菱電機に入社することも視野に入れてみてください

③転職エージェントのサポートを受ける

三菱電機へ転職したい方は、転職エージェントのサポートを受けるのも1つの方法です。転職エージェントには専門のキャリアアドバイザーが在籍しており、幅広いサポートが受けられます。さらに、ネットからの情報だけでは知り得ない企業情報も入手可能。

一般に公開されていない求人情報を保有していることもあり、利用することで選択肢が広がることは間違いないでしょう。近年ではさまざまな転職エージェントが普及していますので、あなたに合ったところをぜひ探してみてください。

三菱電機への転職におすすめの転職エージェント比較一覧表

三菱電機への転職におすすめの転職エージェント比較一覧表

三菱電機への転職を実現させたい方は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。多数在籍しているキャリアアドバイザーは転職に有利となる情報を多く保有しており、成功率が高まります。

しかし、近年はさまざまな転職エージェントが普及していることもあって、どこを利用すれば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで三菱電機への転職におすすめの転職エージェントを3社、選んでみました

おすすめの転職エージェント

  1. doda(デューダ)
  2. リクルートエージェント
  3. マイナビエージェント

比較しやすいように各項目ごとに表にしてみたので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェント doda(デューダ) リクルートエージェント マイナビエージェント
doda(デューダ) リクルートエージェント マイナビエージェント
運営会社 パーソナルキャリア株式会社 株式会社リクルートホールディングス 株式会社マイナビ
三菱電機の求人職種 ソフトウェア開発、機械設計、取引管理、
データマーケティング、人事、営業、
経理、SEなど
マーケティング、設計、SE、プロジェクト管理、
経理、人事、システム開発、部材調達契約など
受配電機器の設計や製作、品質管理、
ハードウェア設計、営業企画、生産技術エンジニア、
経理、研究開発、品質管理、人事など
公開求人数 100,000件以上 250,000件以上 39,000件以上
非公開求人数 非公開 非公開
会員数 6,640,000名 1,252,000名以上 非公開
拠点 北海道、宮城県、東京都、神奈川県、
静岡県、愛知県、大阪府、京都府、
兵庫県、岡山県、広島県、福岡県
北海道、宮城県、栃木県、埼玉県、千葉県、
東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、
大阪府、兵庫県、岡山県わ広島県、福岡県
東京都、神奈川県、北海道、宮城県、愛知県、
京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
利用料金(税込) 無料 無料 無料
サポート内容 面接の日程調整、書類や面接の対策、
手続きサポート
キャリアアドバイス、カウンセリング、
応募書類のアドバイス、面接の日程調整、
企業との条件交渉
職務経歴書のブラッシュアップ、模擬⾯接、
⾯接⽇程などのスケジュール調整、
給与などの条件交渉、応募書類の添削
詳細

三菱電機への転職におすすめの転職エージェント3選

三菱電機への転職におすすめの転職エージェント3選

転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、転職活動をサポートするプロです。一般的には知り得ない情報を多数保有しており、あなたの転職活動の成功率はアップすること間違いありません。また、幅広いサポートを受けらるため、効率良く転職活動が行えます。

特に在籍中に転職活動する方は日々の仕事に追われ、時間を確保すること自体が難しい方も多いでしょう。そんな場合にぜひ積極的に活用してほしいサービスの1つです。しかもほとんどの転職エージェントは、無料で利用できるためぜひ試してください。

転職エージェントによって特徴に違いがあるため、三菱電機への転職を希望する方が使いやすいところをピックアップしました。おすすめの3社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.doda(デューダ)

doda(デューダ)

出典:doda.jp

運営会社 パーソナルキャリア株式会社
三菱電機の求人職種 ソフトウェア開発、機械設計、取引管理、データマーケティング、人事、営業、経理、SEなど
公開求人数 100,000件以上
非公開求人数 非公開
会員数 6,640,000名
拠点 北海道、宮城県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 面接の日程調整、書類や面接の対策、手続きサポート

転職サイトと転職エージェントが一体化したサービスを提供するdodaは、現在もっとも人気を集めています。求人検索とキャリアアドバイザーへの相談が同時にできるのが魅力の1つ。効率良く転職活動を進められます。

求人数は業界でもトップクラスを誇っており、非公開求人も含めた総数は13万件以上と圧倒的です。機械や電気・メーカー業などの求人情報を多く保有しているため、三菱電機への転職にも適しているでしょう。

コンテンツも充実しており、疑問が多い初心者も安心して転職活動を進めていけること間違いありません。悩みはキャリアアドバイザーに相談でき、全面的にサポートしてもらえます。利用はもちろん無料なので、まずは下のボタンをタップして登録してみましょう。

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルートホールディングス
三菱電機の求人職種 マーケティング、設計、SE、プロジェクト管理、経理、人事、システム開発、部材調達契約など
公開求人数 250,000件以上
非公開求人数 非公開
会員数 1,252,000名以上
拠点 北海道、宮城県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県わ広島県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 キャリアアドバイス、カウンセリング、応募書類のアドバイス、面接の日程調整、企業との条件交渉

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職エージェントです。各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、客観的かつ適切なアドバイスがもらえます。

提出書類の添削や面接対策・独自に分析した業界や企業情報の提供などさまざまなサポートが受けられるのも魅力です。書類通過率がアップすると評判なので、転職活動初心者の方にはぜひ利用して欲しいサービスです。

求人数も多く、他では紹介されていない独占求人も保有しているため、三菱電機へ転職したいあなたはこちらから登録しておきましょう。

3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

出典:mynavi-agent.jp

運営会社 株式会社マイナビ
三菱電機の求人職種 受配電機器の設計や製作、品質管理、ハードウェア設計、営業企画、生産技術エンジニア、経理、研究開発、品質管理、人事など
公開求人数 39,000件以上
非公開求人数 35,000件以上
会員数 非公開
拠点 東京都、神奈川県、北海道、宮城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 職務経歴書のブラッシュアップ、模擬⾯接、⾯接⽇程などのスケジュール調整、給与などの条件交渉、応募書類の添削

若い層を中心に現在人気を集めている転職エージェントといえば、マイナビエージェントです。キャリアアドバイザーの質が良いと評判が高く、しっかりとした分析をもとに丁寧な対応をしてもらえるとの声が。

しかも業界ごとの専任性のため、職種ごとの転職情報を熟知しており、的を射た手厚いサポートが受けられます。応募書類の添削から模擬面接まで内定獲得のための対策は万全なので、利用すれば成功率アップに繋がるでしょう

就職支援で培ってきたノウハウを活かした転職サポートを受けたいあなたは、ぜひこちらから登録してみてください。

まとめ:転職エージェントを利用して三菱電機へ転職しよう

まとめ:転職エージェントを利用して三菱電機へ転職しよう

三菱電機は、創業100年を超える日本を代表する企業の1社です。近年は冷蔵庫のCMで注目を集めており家電メーカーとしての印象が強くなっていますが、さまざまな事業を展開しています。

有価証券報告書を見ても分かるとおり安定した業績を残しており、年収はもちろん将来性も高いことが分かります。毎年たくさん人材を採用していますが、応募者も多く簡単に転職できるわけではありません。

転職活動を有利に進めるためにも、企業研究を怠らず自己アピールをしっかり考えましょう。絶対に成功させたい方には、転職エージェントの活用をおすすめします

各業界に精通したキャリアアドバイザーのサポートを受けて転職活動に臨むなら、リクルートエージェントがおすすめです。まずはこちらのボタンをタップして会員登録してください。

おすすめの記事