【キーエンスへ転職したい!】中途採用情報や転職の難易度、成功の秘訣、転職エージェント3選を紹介!

「キーエンスへの転職は難しい?」
「キーエンスへの転職の成功の秘訣は?」

このような悩みを抱えていませんか?年収が高いと話題のキーエンス。今よりも年収をアップさせたいとキーエンスへの転職を希望している人もいるかもしれません。

この記事では、キーエンスの基本情報や中途採用情報、転職の難易度について解説します。転職成功の秘訣やおすすめの転職エージェントもご紹介。

この記事を読めば、キーエンスへの転職に一歩近づくでしょう。今すぐキーエンスに転職したいあなたは、以下のボタンをタップしてリクルートエージェントに登録しましょう。

目次

キーエンスへの転職は難易度が高い!その理由とは

キーエンスへの転職は難易度が高い!その理由とは

年収が高いことと激務なことで有名なキーエンス。「20代で年収1000万超え。30代で家が建つ。40代で墓が建つ。」と噂が広まるほどです

そんなキーエンスへの転職は、他の企業と比較しても難易度が高いと言われています。理由は以下の3つです。

キーエンスへの就職・転職の難易度が高い理由

  1. キーエンスへの入社難易度は200社中82位だから
  2. キーエンスの転職人気ランキングは300社中8位だから
  3. キーエンスは日本の企業の中でも年収が高いから

各理由について詳しく見ていきましょう。

①キーエンスへの入社難易度は200社中82位だから

東洋経済ONLINEが発表した「入社が難しい有名企業ランキング」を確認したところ、キーエンスは200企業中82位でした。(参照元:東洋経済ONLINE「最新版「入社が難しい有名企業」ランキング200社」2021年6月の時点で日本の企業は367万4千社もあります。(参照元:総務省統計局「令和3年経済センサス-活動調査 調査の結果」

「入社が難しい有名企業ランキング」の200社に選ばれている時点で、国内の企業の中では難易度が高いことがわかるでしょう。その中でも上位100社に入っているということは、かなり難易度が高いということです。

②キーエンスの転職人気ランキングは300社中8位だから

次に、転職人気ランキングについても確認してみましょう。転職エージェント「doda」が発表した転職人気企業ランキングによると、キーエンスは300社の中で8位という結果に。(参照元:doda「転職人気企業ランキング2022<総合>」

ランキングのベスト3はトヨタ自動車、グーグル、ソニーでした。世界でも有名な企業ばかりが名を連ねているので、上位に食い込むのがいかに凄いことかわかります。人気があると倍率も高くなり、難易度も上がります。この結果からも、キーエンスの転職難易度が高いのは間違いありません。

③キーエンスは日本の企業の中でも年収が高いから

最後に、キーエンスの平均年収について確認しましょう。キーエンスは年収が高いことでも有名です。日本の企業の平均年収ランキングは以下のとおりです。

順位 会社 平均年収
1位 モルガン・スタンレーMUFG証券 2736万円
2位 M&Aキャピタルパートナーズ 2688万円
3位 キーエンス 2183万円
4位 GCA 2063万円
5位 マクニカ・富士エレ HD 1874万円

引用元:年収マスター「平均年収ランキング」

なんとキーエンスは見事3位に輝いており、国内でも平均年収がトップクラスであることがわかります。数ある企業の中でも平均年収が2,000万円を超えるのは4社のみです。国税庁によると、日本の会社員の平均年収が433万円。(出典:国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」全体の平均と比較すると、年収の高さがより実感できます。

キーエンスの年収についてもっと詳しく知りたいあなたは、こちらの記事を読んでください。

キーエンスに転職したいならまずは会社概要を知ろう

キーエンスに転職したいならまずは会社概要を知ろう
出典:keyence.co.jp

社名 株式会社 キーエンス
設立 1974年5月27日
資本金 306億3,754万円
株式上場東京証券取引所 プライム市場上場
代表者代表取締役社長 中田 有
連結従業員数 8,961名(2022年3月現在)

引用元:キーエンス「私たちについて」

キーエンスへの転職を成功させたいなら、まずは会社概要について確認しましょう。会社の情報を知らなければ、難易度の高いキーエンスに転職することはまず叶いません。上記の会社概要に加えて、さらに詳しく以下の3つのポイントについてご紹介します。

キーエンスの会社概要

  1. 企業理念
  2. 事業内容
  3. 業績・将来性

企業理念は会社の指針となる重要な考え方です。共感できるかどうかは転職する上でも入社後に働く上でも大切なので、しっかり確認してください。事業内容に興味が持てるか、これまでの経験を活かせるかどうかも確認しましょう。

業績や将来性も、入社後の人生に関わる部分です。過去の業績や会社のこれからについても転職前に必ず確認してください。それぞれ詳しくみていきましょう。

①キーエンスの企業理念

キーエンスの企業理念は以下のとおりです。

付加価値の創造により、社会に貢献する。

今まで世の中になかった、新しい価値を創造することに挑み、商品を通じてお客様の課題を解決する。

引用元:キーエンス「会社情報」

企業理念は、会社の根幹となる重要な考え方や価値観を表します。「なぜ企業が存在しているのか」「何を目的として経営しているのか」「どのような人材を求めているのか」などがよくわかります。

働く上でも指針となるものなので、企業理念に共感できるかどうかが選考時にも入社後にも重要です。企業理念を理解し、自分がどう会社に貢献できるかをアピールするようにしましょう。

②キーエンスの事業内容

キーエンスは、ファクトリーオートメーション用のセンサーを中心に、測定器や画像処理機などを製造する日本のモノづくりの会社です。B to Bが主なので、社名を知っていても事業内容は詳しくない人も多いでしょう。事業内容の詳細は以下のとおりです。

事業内容 センサ、測定器、画像処理機器、制御・計測機器、研究・開発用 解析機器、ビジネス情報機器

引用元:キーエンス「私たちについて」

キーエンスは、生産現場の生産性向上や品質向上に貢献すべく、機器の製造販売を行っています。代理店を仲介しないコンサルティング営業を行うことで、現場のニーズを的確に商品開発に反映させているのが特徴です。

③キーエンスの業績・将来性

キーエンスへの転職を検討にするにあたり、業績や将来性も重要なポイントです。キーエンスの過去5年間の売上収益と当期純利益をみてみましょう。

決算年月 売上収益 当期純利益
2018年3月 5,268億4,700万円 2,105億9,500万円
2019年3月 5,870億9,500万円 2,261億4,700万円
2020年3月 5,518億4,300万円 1,981億2,400万円
2021年3月 5,381億3,400万円 1,972億8,900万円
2022年3月 7,551億7,400万円 3,033億6,000万円

出典:日本経済新聞「キーエンス|有価証券報告書」

2020年と2021年は新型コロナウイルスの影響で純利益が大きく下がりましたが、翌2022年には大幅に業績を伸ばしています。売上収益・純利益ともに過去最高を更新しました。また、純利益率が高いのもキーエンスならではの特徴です。

コロナ禍で影響を受け続ける企業も多い中で、過去最高の業績を達成している点を考慮すると将来性も見込める企業といえるでしょう

キーエンスの中途採用はある?募集している職種とは

キーエンスの中途採用はある?募集している職種とは

続いて、キーエンスの中途採用情報についてみていきましょう。転職を希望していても、募集がなければ選考を受けることすら叶いません。あなたの希望する職種の募集があるかどうかを確認して応募に向けて準備してください。キーエンスの中途採用情報は以下のとおりです。

キーエンスの中途採用情報

  1. 開発職
  2. 技術職
  3. 営業職
  4. 事務職・その他

それぞれ詳しくみていきましょう。

①キーエンスの開発職の中途採用

キーエンスの開発職は、潜在ニーズを形にして「初」を生み出す重要な存在です。技術や知識をもとにお客様の求めるものを深く理解する能力が求められます。キーエンスの開発職の中途採用情報は以下のとおりです。

職種カテゴリ 職種
ソフトウェア関連(開発) ソフト開発リーダー【B職】
AIエンジニア【B職】
ソフト開発エンジニア【B職】
ハードウェア関連(開発) 光学/構造/機構開発【B職】
シミュレーション(構造系CAE)【B職】
回路/システム開発【B職】
デザイン関連(開発) 商品デザイン【B職】
Webシステム関連(開発) Webサイト フロントエンドエンジニア/Web開発エンジニア【B職】

参照元:キーエンス「職種一覧(リスト形式)」

各職種で、必須スキルや経験・あると望ましいスキルや経験が明確に記載されています。例えばソフト開発リーダーに求められるのは以下のようなスキルです。

  • 組込みソフトウェアとしてC,C++言語の実装経験 3年以上
  • PCアプリケーションとしてC#言語の実装経験 3年以上

中途採用ページに記載されているので、希望する職種に必要なスキルや経験を確認しましょう。

②キーエンスの技術職の中途採用

キーエンスの技術職の中途採用情報は以下のとおりです。

職種カテゴリ 職種
ソフトウェア関連(技術) 社内SE(Microsoft365)【B職】
社内SE(AS400)【B職】
社内SE(ITインフラ運用領域)【B職】
社内SE(基幹システム領域)【B職】
社内SE職(データ基盤エンジニア)【B職】

参照元:キーエンス「職種一覧(リスト形式)」

現在キャリア採用では社内SEを募集しています。キーエンスの基幹となるシステムを構築し、運用していく業務です。常に新しいことにチャレンジする企業なので、技術のみでなく変化に対応する積極性も求められます

また、社内SEはグローバルに活躍することもあるため、中には言語スキルが問われている職種もあります。各職種の募集要項を確認してください。

③キーエンスの営業職の中途採用

キーエンスの営業職の中途採用情報は以下のとおりです。

職種カテゴリ 職種
営業関連 コンサルティングセールス(新規事業であるサブスクリプションサービスの拡販) 【B職】
データ分析関連 データサイエンティスト(機械学習を用いたサービスの顧客への提案・コンサルティング業務)【B職】

参照元:キーエンス「職種一覧(リスト形式)」

キーエンスの営業は新卒の人材を採用することが多いため、中途採用の募集は他の職種に比べると少ないのが現状です。中途採用の場合はB to Bの法人営業やコンサルティング経験が必須とされています

希望するタイミングで募集がない場合、求められるスキルを身に付けられる企業で経験を積んでから受けるのもおすすめです。

④キーエンスの事務職・その他の中途採用

キーエンスの事務職・その他の中途採用情報は以下のとおりです。

職種カテゴリ 職種
技術関連(事務) 知的財産(特許エンジニア) 【B職】
商品法規(規格認証エンジニア)【B職】
生産関連(事務) 資材購買(調達バイヤー)【B職】
人事関連(事務) 人事【B職】
経理関連(事務) 経理 【B職】
カスタマーサクセス(カスタマーサポート) カスタマーサクセス(カスタマーサポート)
その他(事務) ITサポート(海外)【S職】
ソフトウェア関連(生産) 生産および協力工場間のシステムエンジニア【B職】

参照元:キーエンス「職種一覧(リスト形式)」

事務職やその他の職種でも、2年以上の給与計算業務経験やプログラミング素養などを必須スキルとして定めています。特に技術関係の事務は特許や法律関係の専門知識が必要です。常にスキルアップして知識を更新していく意欲も求められます。経理は海外現地法人と英語でコミュニケーションを取ることもあるため、ビジネス英語のスキルが必須です。

キーエンスに転職後の待遇は?

キーエンスに転職後の待遇は?

キーエンスに入社した場合、どのような待遇が受けられるか気になる人が多いでしょう。以下の2つのポイントについて解説します。

キーエンスの待遇

  1. 給与・賞与・福利厚生
  2. 残業時間

年収が高いこと、激務であることで有名なキーエンス。特に気になるのが賃金や福利厚生面と、残業量です。それぞれ詳しく調査したのでみてみましょう。

①キーエンスの給与・賞与・福利厚生

キーエンスの給与・賞与・福利厚生は、募集要項で以下のように記載されています。

給与 【B職】月給:237,000円~
想定年収:1,000万円~(入社2年目)
【S職】月給:220,000円~
想定年収:500万円~(入社2年目)
賞与 年4回(3月、6月、9月、12月)
福利厚生 各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、借上社宅 、社員持株会、
退職金(確定拠出年金など)、慶弔金(結婚・出産祝い金など) ほか

参照元:キーエンス「募集要項(B職・S職)」

転職時の初任給の最低額は、決して高くはありません。厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、新卒の初任給は大学卒が平均22万5,000円、大学院卒が平均25万3,000円です。

しかし、キーエンスには賞与が年4回もあります。年4回の賞与は、会社の業績と連動して利益を社員に大きく還元する仕組みです。月給自体が高額でなくても、ボーナスによって年収が高くなっています。福利厚生は休暇制度をしっかり設けられているので、長期休暇でリフレッシュもできるでしょう。

②キーエンスの残業時間

激務と噂されるキーエンスの残業時間は、やはり多い傾向にあるようです。21時半以降の残業禁止など、退社時間を早める動きもありますが、業務量は変わらないため朝早くから出勤する社員が多いのが現状。

長時間労働を是正する動きが出ているため、過渡期とも言えそうです。すぐに現場が変わるわけではないので、しばらくは長時間労働が続く可能性があることは覚悟しておきましょう。

キーエンスへの転職はどんな人に向いている?

キーエンスへの転職はどんな人に向いている?

ここまでの解説を踏まえて、キーエンスへの就職・転職に向いている人は以下のような人だと言えます。

キーエンスへの転職をおすすめする人

  • コミュニケーション能力に自信がある人
  • 新しいことにチャレンジしたい人
  • 忙しさの中にやりがいを見出だせる人

キーエンスでは、多くの社員が営業職に就きます。もちろんマニュアル化はされていますが、現場では顧客と信頼関係を築きながら対応していくことが必要です。コミュニケーション能力はキーエンスに入社するのに必須だといえるでしょう

さらに職種にかかわらず新しい価値を創造し、世界に提供することを企業理念としているため、新たなチャレンジをしたい人。そして、激務と噂されるだけあって業務量が多く忙しい職場です。その中にやりがいを見出せる人でないと、キーエンスで働き続けるのは難しいでしょう。

キーエンスへの就職・転職を成功させる5つの秘訣

キーエンスへの就職・転職を成功させる5つの秘訣

ここまで、キーエンスの企業情報や、向いている人についてご紹介しました。この章では、キーエンスへの就職・転職を成功させるための5つの秘訣について解説します

キーエンスへの転職を成功させる秘訣

  1. 企業理念・求める人物像を理解する
  2. キーエンスの面接の傾向を把握して対策を講じる
  3. 難易度が高いと言われるSPIの勉強をする
  4. 中途採用に必要なスキルを身につける・磨く
  5. 転職エージェントを活用する

それぞれ詳しくみていきましょう。

①企業理念・求める人物像を理解する

キーエンスの企業理念と求める人材像をよく理解しましょう。

本質は何か、夢中になって考える。
培ったキャリアは仕組みや商品に生かされる。
追求するのは「超」付加価値。

引用元:キーエンス「キャリア採用」

キーエンスは、求める人材像について明文化していません。つまり、企業理念や採用ページから解釈することになります。論理的思考力やコミュニケーションスキル、個人として努力をして成果を出すことが求められているのは間違いなさそうです

他にも会社の根幹となる考え方や価値観を表す企業理念に加え、社員インタビューなどを通して、どのような人材求められているか考えることができるでしょう。

②キーエンスの面接の傾向を把握して対策を講じる

選考フローや面接内容の傾向を把握して、対策を練りましょう。キーエンスの面接では、志望動機などの基本的な質問よりも会社といかにマッチングしているかを図る質問が多いと言われています

特徴的なのは説得面接で「〇〇が嫌いな人を好きにさせるように説得する」というものです。論理的思考力やプレゼン能力が問われる内容で、他の企業ではあまりない面接でしょう。お題は様々なので、練習しておくことをおすすめします。

③難易度が高いと言われるSPIの勉強をする

キーエンスは年収の高さから非常に人気な企業で転職の倍率が高いのが現状です。そのため、SPIの難易度を上げることで優秀な人材を絞り込んでいます

SPIは面接とは違い繰り返し勉強すれば対策できる内容なので、SPIで選考に落ちるのはもったいないことです。SPIは学生時代の就職活動で勉強したきりという人も多いでしょう。改めて勉強し直して、確実に対策を講じてください。

④中途採用に必要なスキルを身につける・磨く

中途採用に必要なスキルを見つけ・磨いておきましょう。キーエンスの採用ページには必須(MUST)スキルや経験に加え、歓迎(WANT)スキル・経験も記載されています。

必須スキルを身につけることはもちろん、歓迎スキルを身につけることで他の応募者と差をつけられます。希望する職種の応募条件を確認して、必要スキル・経験を満たしておきましょう。

⑤転職エージェントを活用する

キーエンスへの転職を本気で考えているなら、転職エージェントを活用しましょう。業界や企業のことを熟知したキャリアアドバイザーがあなたの転職を全面的にサポートしてくれます。過去にキーエンスに転職した利用者の情報から、応募書類のフィードバックや面接対策までバックアップ

転職エージェントだけの非公開求人や企業からのスカウトを受け取れることもあります。難易度の高いキーエンスへの転職を実現させるのに役立つでしょう。

キーエンスへの転職におすすめの転職エージェント比較一覧表

キーエンスへの転職におすすめの転職エージェント比較一覧表

難易度の高いキーエンスへの転職では、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職に関する全面的なバックアップが受けられるので、自分の力だけで転職活動をするよりも有利に進められるでしょう。

転職エージェントは数多く存在します。転職を成功させるには、特徴やアドバイザーとの相性など、あなたに合ったエージェントを選ぶことが重要です。以下の3つの転職エージェントを比較しているので、ぜひエージェント選びの参考にしてください

おすすめの転職エージェント

  1. リクルートエージェント
  2. doda(デューダ)
  3. マイナビエージェント

以下の表で各転職エージェントの基本情報について比較しました。

転職エージェント リクルートエージェント doda(デューダ) マイナビエージェント
リクルートエージェント doda(デューダ) マイナビエージェント
運営会社 株式会社リクルートホールディングス パーソルキャリア株式会社 株式会社マイナビ
キーエンスの求人職種 営業事務・人事・商品法規・AIエンジニア・
経理・データサイエンティスト・営業・ソフトウェア開発・
特許調査専門職・プロダクトデザイン・社内SE・
ソリューションアーキテクト・マーケティングなど
サポートエンジニア・人事・社内SE・営業事務・
ソフト開発リーダー・AIエンジニア・商品法規・
コンサルティングセールス・海外向けヘルプデスク・
資材購買、調達バイヤー等
回路設計/システム設計・経理・社内SE・
ソフト開発エンジニア・特許/知的財産・
プロダクトデザイナー・カスタマーサポート・
人事・商品法規・フロントエンド開発・
ソリューションアーキテクト・営業など
公開求人数 259,000件以上 150,000件以上 40,000件以上
非公開求人数 254,000件以上 39,000件以上 37,000件以上
会員数 約125万人 非公開 非公開
拠点 北海道、宮城県、栃木県、埼玉県、千葉県、
東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、
大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県
東京都、神奈川県、北海道、宮城県、静岡県、
愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、
広島県、福岡県
東京都、神奈川県、北海道、宮城県、愛知県、
京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
利用料金(税込) 無料 無料 無料
サポート内容 キャリアアドバイス・カウンセリング、求人紹介、
業界・企業情報の提供、書類添削・面接対策、年収交渉
キャリアカウンセリング、求人紹介、
応募書類の作成サポート、面接対策、
勤務中の会社への退職交渉
面談、求人紹介、書類添削・面接対策、
年収交渉、入社日調整
詳細

キーエンスへ転職したい人におすすめの転職エージェント3選

キーエンスへ転職したい人におすすめの転職エージェント3選

前章で比較した3つの転職エージェントについて、それぞれ詳しく解説します。キーエンスの企業情報・採用内容の情報をどれくらい持っているかが転職成功の鍵。

ご紹介している3社は、キーエンスへの転職社輩出実績のある転職エージェントです。エージェントごとに、サポートの特徴や転職成功率が高い職種・向いている年代が異なります。

あなたに合ったエージェントかどうかを判断するには、各社の特徴を知ることが重要です。さらに、担当アドバイザーとの相性も大切なので、気になるエージェントは全てカウンセリングを受けてみるのもおすすめ。

ここでは、各エージェントのサポートの特徴やどんな人に向いているかについてご紹介します。参考にしてカウンセリングを受けるエージェントを探してください。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:r-agent.com

運営会社 株式会社リクルートホールディングス
キーエンスの求人職種 営業事務・人事・商品法規・AIエンジニア・経理・データサイエンティスト・営業・ソフトウェア開発・特許調査専門職・プロダクトデザイン・社内SE・ソリューションアーキテクト・マーケティングなど
公開求人数 259,000件以上
非公開求人数 254,000件以上
会員数 約125万人
拠点 北海道、宮城県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 キャリアアドバイス・カウンセリング、求人紹介、業界・企業情報の提供、書類添削・面接対策、年収交渉

リクルートエージェントは、求人数が業界最大級で転職実績No. 1の転職エージェントです。これまでの実績をもとにした豊富なデータにより、手厚いサポートが実現するため、内定率が高いことが特徴。

特に20代後半〜30代向けの求人が多く揃っています。中でもSE・ITエンジニア職が最も多いので、キーエンスでSEを目指す人におすすめです

面接通過率が約17%アップする「面接力向上セミナー」の受講とキャリアアドバイザーとの面接対策を受けてみてください。特殊で難易度の高いキーエンスの選考を通過する可能性も高くなるでしょう。

手厚いサポートによりキーエンスへの転職を成功させたいあなたは、以下のボタンをタップしてリクルートエージェントに登録してください。

2.doda(デューダ)

doda(デューダ)

出典:doda.jp

運営会社 パーソルキャリア株式会社
キーエンスの求人職種 サポートエンジニア・人事・社内SE・営業事務・ソフト開発リーダー・AIエンジニア・商品法規・コンサルティングセールス・海外向けヘルプデスク・資材購買、調達バイヤー等
公開求人数 150,000件以上
非公開求人数 39,000件以上
会員数 非公開
拠点 東京都、神奈川県、北海道、宮城県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 キャリアカウンセリング、求人紹介、応募書類の作成サポート、面接対策、勤務中の会社への退職交渉

dodaは、転職者満足度No. 1の転職エージェントです。満足度が高い理由はキャリアアドバイザーの質の高さと求人数の多さにあります。

提案力とサポート力の高いアドバイザーがあなたの転職を全面的にバックアップ。書類添削や面接対策の手厚いサポートが受けられるので安心して活動できるでしょう

年収査定やキャリアタイプ診断・転職タイプ診断などのコンテンツが豊富なのも魅力です。あなたの市場価値やあなたに合った転職活動の進め方のヒントが得られます。

安定したキャリアアドバイザーにサポートを任せたいあなたは、以下のボタンをタップしてdodaに登録しましょう。

3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

出典:mynavi-agent.jp

運営会社 株式会社マイナビ
キーエンスの求人職種 回路設計/システム設計・経理・社内SE・ソフト開発エンジニア・特許/知的財産・プロダクトデザイナー・カスタマーサポート・人事・商品法規・フロントエンド開発・ソリューションアーキテクト・営業など
公開求人数 40,000件以上
非公開求人数 37,000件以上
会員数 非公開
拠点 東京都、神奈川県、北海道、宮城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
利用料金(税込) 無料
サポート内容 面談、求人紹介、書類添削・面接対策、年収交渉、入社日調整

マイナビエージェントは、20代の第二新卒に向けた求人が多く揃う転職エージェントです。求職者への熱心なサポートを提供するアドバイザーが多く在籍し、レスポンスの早さが特徴

キャリアアドバイザーと企業への営業を受け持つリクルーティングアドバイザーの密な連携により、企業の情報も豊富に得られます。初めての転職で自分だけで転職活動をするのが不安な若手におすすめです。

今後は幅広い年代に向けた求人の充実も期待されますが、現在は20代に特化したサービスと言えるでしょう。第二新卒でキーエンスへの転職を目指すあなたは、以下のボタンをタップしてマイナビエージェントへ登録しましょう。

まとめ:転職エージェントを利用してキーエンスへ転職しよう

まとめ:転職エージェントを利用してキーエンスへ転職しよう

この記事ではキーエンスの基本情報や中途採用情報、転職の難易度に加え転職成功の秘訣について解説しました。

キーエンスは転職の難易度・人気ランキング共に上位の企業です。十分な情報収集と対策をしないと、転職成功は厳しいでしょう。

ご紹介したおすすめの転職エージェントを利用することで、キーエンスへの転職を実現できる可能性が高くなります。各転職エージェントの特徴を参考に、あなたに合ったサポートが受けられるエージェントを見つけてください。

キーエンスへの転職を叶えたいあなたは、以下のボタンをタップしてリクルートエージェントに登録しましょう。

おすすめの記事