代表理事 井上顕滋

代表理事 井上顕滋

代表理事 井上顕滋

非営利型一般財団法人 日本リーダー育成推進協会
設立 2011年12月1日
事業内容
    • 子ども、保護者、指導者対象の講座及びイベント
    • 保護者の為の子育て心理学講座の開催
    • 絵本、書籍の出版
    • 理念を共有する民間企業の支援
会社HP https://www.jpleader.org/

先ず、貴社の事業概要についてお聞かせください。

企業の組織内リーダーの育成サポートや、リーダー育成の根幹である家庭教育のサポートを主に行なっています。

貴社の事業内容やサービスについて詳しく教えてください。

企業向けの事業としては、経営者と幹部を対象とした1年間のプログラムを開催してきました。このプログラムは各地域の中心的な経営者が、ご自身の経営者仲間に声をかけてくださり、規定の人数が集まった場合のみ不定期で開催をしています。複数の企業が合同で幹部研修を行うイメージです。この方法によって本来高額な費用が発生してしまう内容を、非常に安価でご受講いただけるため、参加企業様には非常にご満足いただいています。

家庭教育のサポート事業としましては、小学生の子どもを持つ保護者を対象に脳科学と心理学を活用した子どもへの関わり方などの講座を行なっています。子育てには様々な切り口でのタイムリミットが存在します。その中でも特に、子どもが小学生のうちに絶対に知っておいていただきたい、大袈裟ではなく子どもの未来を左右するものがあるので、それらの重要な内容をお伝えしています。

過去には中高生とその保護者を対象に、学校では絶対に教えてくれない本当の歴史について、「当事者」から直接お話を聴くことを目的とした海外研修も行ったことがあります。

事業内容やサービスの中で、特にこだわっている点やアピールしたい点はありますでしょうか?

企業向けプログラムでこだわっているのはもちろん「成果・結果」です。企業にとって費用対効果は絶対条件です。もし相応の成果が出なければ、プログラムの料金がいくら安価であったとしても、参加するための時間自体が大きなロスコストになってしまいます。参加企業の皆さまが出してこられた成果こそが我々の成果であり、誇りでもあります。

保護者向け事業でのこだわりも「成果と結果」ですね。巷にはお母さんを迷わせる情報が溢れていると感じています。どんなお母さん(お父さん)も最初は子育て初心者として、不安を抱えながら手探りで取り組まれています。その状態でたまたま手に取った子育て本の内容が、ご自身のお子さんに合っていない内容であったとしたらどうでしょう?それにご本人が気づくことができるでしょうか?ここに現代の家庭教育の課題があるので、きちんとこのあたりをジャッジできるようになっていただける、本質的な部分をお伝えしています。おかげさまで非常に高い評価をいただいてます。

貴社の採用活動についても教えていただけますでしょうか。(採用条件、アピールポイント、実際に働いている社員の声など)

採用条件等は、媒体をご確認いただきたいと思います。我々にとって重要なことは人間性と能力のバランス、そして過去の成功体験の質です。我々の設定する高い基準をクリアされた方のみが現在財団のメンバーとして活躍をしてくれています。

事業内容の社会貢献度から、非常に大きなやりがいがあり、人間関係も抜群なので、毎日仕事が楽しいと言ってくれてありがたいです。

これから貴社の利用を考えている見込み顧客や、貴社への採用応募を検討している方へ向けたメッセージをお願いします。

子育て講座に関しましては現在無料で受講していただけるのでおすすめです。これまでのモヤモヤがスッキリしたというお声や、学んだ内容を実践したら子どもの反応が大きく変わったというお喜びの声は数えきれないほどあります。年に1〜2回しか開催しませんので、タイミングが合う方はチャンスを逃さず是非参加してください。

採用応募をご検討くださっている方
もしこの日本が好きで、これからの日本を支えていく子ども達に大きな影響を及ぼす仕事に携わりたいとお考えであれば是非ご応募ください。この仕事以上に「やりがい」を実感できる仕事は少ない(ほぼない)と本音で思っています。

《 非営利型一般財団法人 日本リーダー育成推進協会 代表理事 井上顕滋 》