せきねもん 関根義光 創業者

せきねもん 関根義光 創業者

せきねもん 関根義光 創業者

株式会社BLITZ Marketing
創業 2011年12月28日
事業内容
    • WEBマーケティング
    • WEB広告代理店
    • 誹謗中傷対策
会社HP https://blitz-marketing.co.jp/
SNS Twitter:https://twitter.com/yocchan60
Instagram:https://www.instagram.com/sekinemon/
Facebook:https://www.facebook.com/yoshimitsu.sekine

せきねもん(関根義光)とは

せきねもん(関根義光)さんとは、株式会社BLITZ Marketingの創業者であり、現在は仮想通貨取引所bitcastleのCEOを務めながらシンガポールにて仮想通貨トレーダーとして活動する投資家でもあります。
堀江貴文さんの書籍がビジネスの参考となったことからホリエモンの愛称に影響を受け、「せきねもん」という名前で活動しています。

仮想通貨投資には確固たる自信を持っており、せきねもん(関根義光)さんのTwitterにて今注目の通貨を公開し見事的中させています。また、仮想通貨の爆益でお金配りを行う「せきねもん給付金」はSNSにて大きな話題となっています。

投資家としての活動の他、世界平和の実現や創業会社の圧倒的な成長を目指して活動中です。

せきねもん(関根義光)のプロフィール

名前(読み) 関根義光(せきね よしみつ)
愛称 せきねもん
生年月日 1990年9月21日
出身地 神奈川県藤沢市
居住地 シンガポール
身長 182cm
血液型 O型
最終学歴 東京理科大学 中退
所属 株式会社BLITZ Marketing創業者
bitcastle(ビットキャッスル)CEO

人物像

せきねもん(関根義光)さんは、平和主義で素直な性格です。
経営者として、社員と程よい距離感を保ちながらフランクに接することができる一方で、本音を素直に発言してしまうことで、人間関係に亀裂が入ってしまうこともあるようです。
ただし、そんなせきねもん(関根義光)さんだからこそ話しやすいと思っている人も多く、部下や周りの人からは厚い支持を得ています。

また、シンガポールに移住するほどの行動力や仮想通貨投資で発揮される決断力、先を見通す能力があり、経営者としての資質を持ち合わせています。

趣味・特技

せきねもん(関根義光)さんの趣味は、読書とテニスです。

毎月10冊ほどの本を購入していることから自宅の本棚には大量の本があり、年末の大掃除の際には本の整理と処分に頭を悩ませていました。
読むジャンルは、経営・政治経済・マーケティング・テクノロジー・健康であり、経営者や投資家として世界情勢を深く理解されています。

また、自宅のあるコンドミニアムには予約すると自由に使用できるテニスコートが完備されているため、趣味のテニスでは、コーチを呼んでプライベートレッスンを受けているそうです。

せきねもん(関根義光)さんの特技は、小さい頃から計算がはやいことで、会社経営に役立っています。

せきねもん(関根義光)の評判口コミ

経営者や投資家、更にはお金配りで話題を集めているせきねもん(関根義光)さんの評判や口コミをまとめました。

すごい人だと尊敬している

「せきねもんさんの色々な考え方とかすごく参考になっています。夢を与えてくれる企画を毎日継続していて本当にすごい人だと尊敬しています。」

せきねもん(関根義光)さんは相場予想や世界情勢についての考えをTwitterにて投稿しており、参考になると評判でした。話題性のある企画を実施していることから、尊敬している人も多いようです。

仮想通貨の分析が参考になる

「仮想通貨始めたい人や今後の動向が気になる人は、あれもこれも見ちゃうとブレるからせきねもんさんのツイートを参考にしたら良いと思う。」

せきねもん(関根義光)さんは今注目している仮想通貨を理由つきで先出し公開してくれることも多く、それを参考に仮想通貨を始めたり、売買したりした人から稼げたと評判です。

せきねもん給付金が当選した

「せきねもん給付金が当たりました。子供のピアノ買う資金と親孝行に使わせていただきます。」

せきねもん給付金が本当に当選したという口コミも見受けられ、当選者から感謝の声が溢れていました。

クリスマスプレゼントをもらえた

「せきねもんさんのクリスマス企画でプレゼントが2月に届きました。コメントが下の方にあったのに見てくれて嬉しすぎます。」

2021年12月にはクリスマスプレゼントを配る企画を実施したせきねもん(関根義光)さんでしたが、多数の応募があったため、2022年2月になってからプレゼントが届いたという当選者も多く見られました。
対象ツイートには多くのリプがあり、自分のコメントが埋もれてしまって不安に思っていた方でもプレゼントをもらえたと評判でした。

1年間の給付金企画をやり切ったことが素晴らしい

「365日企画を継続し続けたこと本当にすごいです。何人もの人が救われたと思います。人のためになることを実際に行動できる方は一握りだと思いますのでとても素晴らしいです。」

2022年3月15日、ついにせきねもん給付金が最終日を迎えました。
最終日のツイートには、当選しなかった人達からも尊敬の念を込めたコメントや感謝リプが溢れていました。

せきねもん(関根義光)の評判口コミまとめ

せきねもん(関根義光)さんの評判や口コミについてまとめたところ、仮想通貨分析や考え方が参考になるといった評判や、人々が楽しめるような企画を実施していることから尊敬できるといった評判が多数見受けられました。

仮想通貨の分析を参考にして稼げた人や、せきねもん給付金の当選者から感謝されている様子も伺え、分析が高確率で当たることや、せきねもん給付金は実際に当選することが分かります。

また、創業した株式会社BLITZ Marketingの社員からは、気軽に話しやすい相談役として評判のようです。

せきねもん(関根義光)の生い立ち

せきねもん(関根義光)さんの生い立ちをまとめました。

中学生までに商売感覚やネットビジネスの基礎を習得する

せきねもん(関根義光)さんは、3人兄弟の長男として1990年9月21日に神奈川県藤沢市で誕生しました。
幼少期に従兄弟の影響でガンダムが好きになると、その後ガンダムウォーや遊戯王といったトレーディングゲームにも夢中になり、ゲームや漫画好きの少年として育ちました。

純粋にゲームを楽しむ一方で、小学生の頃に参加していたカードの大会では、空き時間に同等な金銭価値のカードをトレードすることで商売感覚を養い、中学生になると使用しなくなったカードをヤフオクで売り、小遣い稼ぎをするようになります。

また、この頃から親のパソコンでPCゲームやブログを始めると、独学でHTML・CSS・デザインなどを一通り習得して、無意識にPCスキルやネットビジネスにおける基礎スキルを身につけていきました。

プロテニスプレイヤーを目指した高校時代

中学校でテニス部に入部したせきねもん(関根義光)さんは、高校でもテニス三昧の毎日を送っていました。
本気でプロテニスプレイヤーを目指してテニススクールにも通い、高校で出場した県大会予選では見事優勝したものの、本戦では1回戦から苦戦し、負けしてしまいました。

そこで初めてプロになることは無理かもしれないと心が折れてしまったせきねもん(関根義光)さんは、進学を決意し、テニスは趣味の範囲で続けることにします。

当時通っていた高校が進学校だったことと、テニスで培われた集中力でぐんぐん成績が伸びていったことで東京大学を受験。しかし、結果は不合格で浪人生活を送ることになりました。

GODの名で怪盗ロワイヤル全国1位に

東京大学を目指して必死に勉強をしていたせきねもん(関根義光)さんですが、2009年10月に怪盗ロワイヤルがリリースされると、ゲームにのめり込んでいってしまいます。

勉強の息抜きで始めたはずが、気づけば1日14時間ほどプレイし、ユーザー数1,000万人を超える怪盗ロワイヤルにて全国1位に輝いていました。
怪盗ロワイヤルの世界では「GOD」という名で輝かしい成績をあげた一方、受験には結局失敗してしまい、滑り止めとして受験していた東京理科大学に進学しました。

大学入学後は勉強に対するやる気が湧かない中でも、テニスサークルに入ったり、研究室にこもったり、レポート提出を繰り返す日々を過ごしていましたが、次第に生活費が尽き、極限状態の貧乏大学生となってしまいました。

書籍やテレビがきっかけで始めたネットビジネス

そんな生活に耐え兼ねたせきねもん(関根義光)さんは、テニスラケットをオークションで販売し、ラケットを売ったお金でネットビジネスに関するノウハウが書かれた電子書籍を購入しました。

その書籍がきっかけでWEBマーケティングの面白さに気づき、更に、たまたま見ていたテレビでアフィリエイト特集がやっていたことも重なり、パソコンを使ってネットビジネスを始めることにしたのです。

すると初月に20万円を稼ぎ、その後も収入はみるみる増えていきました。
自分で稼げるようになると、せきねもん(関根義光)さんは大学に通う意味が分からなくなっていきます。
そんな時、堀江貴文さんの書籍から資本金1円でも起業できることを知り、大学を1年で中退し、起業する決意をしました。

せきねもん(関根義光)の経歴・実績

せきねもん(関根義光)さんの大学中退後の経歴や実績をまとめました。

株式会社BLITZ Marketing を設立し急成長

個人事業主としてWEB広告代理店事業を行っていたせきねもん(関根義光)さんは、節税のために現在の株式会社BLITZ Marketingを設立しました。
当初は安い家賃のボロアパートで、資本金1円で設立された会社でしたが、そこから独学で会社経営やマーケティングについて学んだせきねもん(関根義光)さんは、ビル・ゲイツの影響を受け、ビジネスで世の中をもっと豊かにしたいという想いが生まれました。

そこからWEBマーケティング事業で順調に業績を伸ばし、設立から約10年でグループ全体年商22億円を突破、従業員数150名まで会社を成長させました。

2019年には現社長の吉原教一郎さんに会社経営を任せ、海外にあるbitcastle社にてCEOに就任しています。

22歳で月収3,182万円の実績

せきねもん(関根義光)さんは、2014年に自身初の著書である「年収1億円完全マニュアル」を出版しており、その本では大学中退した22歳が月収3,182万円を稼ぐノウハウが解説されています。

実際に、2013年5月に月収3,182万円を稼いだ実績があるせきねもん(関根義光)さんですが、2021年の年収は17億円を超えており、現在は会社経営や仮想通貨投資によって当時の数倍の月収を得ているようで、総資産は19億円を突破したと言われています。

せきねもん(関根義光)の現在

せきねもん(関根義光)さんの現在は、シンガポールにて経営者や仮想通貨トレーダーとして活動しています。

経営者としては、仮想通貨取引所 bitcastleのCEOとして総合的なマネジメントを行ったり、株式会社BLITZ Marketingの株主として事業戦略や人材配置のアドバイスを行ったりしています。
投資家としては、仮想通貨投資に関わる税金が0%のシンガポールにて積極的に仮想通貨投資を行い、順調に利益を出しています。

また、シンガポールではメイドを雇い、2匹の愛犬(ミニチュアダックスフンド)と暮らしています。

仮想通貨トレーダーとしての一面

CEOを務める仮想通貨取引所 bitcastleにて開発やマーケティングなどを行うだけでなく、自身も仮想通貨トレーダーとして仮想通貨投資を行っているせきねもん(関根義光)さんは、プロトレーダーに匹敵するほどの実績をあげています。

仮想通貨投資は特技でもあるようで、技術に注目して今後値上がる仮想通貨を見つけるのが得意だと自信を持っており、実際にせきねもん(関根義光)さんが投資して10倍〜20倍以上値を上げた通貨もあります。

また、Twitterにて投資している仮想通貨や注目している仮想通貨を無料公開することにより、その情報を参考に稼げているフォロワーも大勢いるそうです。

仮想通貨取引所 bitcastle(ビットキャッスル)について

bitcastle(ビットキャッスル)はせきねもん(関根義光)さんがCEOを務める海外の仮想通貨取引所です。日本語にも対応しているため、日本人利用者も多数いるようです。
初心者からプロトレーダーまで、誰もが安心安全に楽しむことができ、快適に利用できるような取引所を目指しています。
また、以下3つの特徴により、bitcastleは多くの仮想通貨投資家から支持されています。

1. 取引手数料0%

通常、日本の仮想通貨取引所では取引手数料がかかりますが、bitcastleでは取引手数料が0%という特徴があり、手数料を気にせずに通貨の売買ができます。
大きな金額の取引をするほどお得となり、ユーザーが損をしないこの特徴は、大きなメリットであるといえるでしょう。

2. コールドウォレットで万全のセキュリティ

bitcastleは、仮想通貨をオフラインで管理するコールドウォレットを採用しており、セキュリティ面も非常に優れているという特徴があります。
オンラインで仮想通貨を管理しているとハッキング被害に遭ってしまう可能性が高く、実際に世界各地で数百億円の通貨がハッキングによって流出する被害が続出しています。
一方、オフラインで管理するコールドウォレットはハッキングリスクがなく、セキュリティレベルが最も高いといわれています。

3. 世界最速バイナリーオプションの実装

bitcastleでは、プラットフォーム内でバイナリーオプション取引も可能となっています。
バイナリーオプションは為替レートが上がるか下がるかを予想する取引ですが、ペイアウト率を変更できる仕組みも搭載されています。

bitcastleで取引ができるバイナリーオプションにはいくつか種類がありますが、「Lightning」では、最速5秒で利益が得られるという特徴があります。
これは、仮想通貨業界のバイナリーオプションで世界最速であり、1分間に何度も取引が楽しめます。

せきねもん給付金(お金配り)とは

せきねもん(関根義光)さんは、せきねもん給付金として自身のTwitterやInstagramにてお金配りをしており、bitcastleのTwitter日本公式アカウントでも、不定期で仮想通貨を配るキャンペーンを実施しています。

毎回1万人以上の応募があり、当選DMが届いたという内容や実際に当選金が振り込まれたという当選者の投稿がTwitterやInstagramにて見受けられています。

せきねもん給付金(お金配り)について

せきねもん給付金は、2020年〜2021年にかけて爆上がりした仮想通貨でせきねもん(関根義光)さんが儲かったお金を日本に還元するという内容で、Twitterにて毎日1名に10万円を配り続けています。
せきねもん(関根義光)さんのTwitterアカウントをフォローし、【本日〇日目】というせきねもん給付金についての投稿をリツイートすると、応募が完了します。
また、過去にはInstagramでも2週間限定のせきねもん給付金企画を実施していました。

フォロー&リツイートで全員もらえる「#せきねもんのお年玉」企画

2022年1月2日には、フォロー&リツイートで全員もらえる「#せきねもんのお年玉」企画が実施され、応募した全員に1,000円分の仮想通貨がbitcastleの配布機能を使って配られました。

今回配られたUSDTという通貨は、価格安定を目的につくられたステーブルコインで、米ドルと連動しているペッグ通貨です。
この通貨そのものは価格が変動しにくいため投資対象にはなりづらいものの、アメリカを中心とした多くの取引所で基準通貨として扱われており、取引しやすいという特徴があります。
せきねもんのお年玉をもらった人の中には、「USDTだから使いやすい」と喜ばれている評判もありました。

偽物に注意

お金配りをしているTwitterやInstagramにて、せきねもん(関根義光)さんやbitcastleのアカウントを装った偽物が多数確認されています。
せきねもん給付金やお金配り企画の当選DMを、本人になりすまして送ってくる例が多く、クレジットカード番号や個人情報を抜き出される危険性があります。

このようなお金配り便乗詐欺の被害に遭わないためには、本物のIDの確認とフォロワー数の確認を行いましょう。
せきねもん(関根義光)さんのTwitterのIDは「@yocchan60」であり、14万人以上のフォロワーがいます。InstagramのIDは「sekinemon」、フォロワーは1.6万人以上です。
また、bitcastleのTwitterのIDは「@bitcastle_JP」であり、8千人以上のフォロワーがいます。

これらに注意した上で、不審に思うDMには返信しないようにしましょう。

せきねもん(関根義光)の今後の目標について

せきねもん(関根義光)さんの今後の大きな目標についてまとめました。
2021年には純総資産10億円というプチ目標を達成しており、毎年小さな目標は掲げているようです。

世界から貧困をなくしたいという想い

まず、せきねもん(関根義光)さんの個人的な目標として、世界から貧困をなくしたいという想いがあります。
世界では、教育を受けられず、満足な食糧がないために生きるだけでもやっとな子どもたちがたくさんいるのが現状です。
元々平和主義な性格で、世界的に有名な慈善活動家でもあるビル・ゲイツの影響もあり、本気でどこかの途上国で子どもたちに当たり前の衣食住や学びを提供できる施設を建設し、園長のようなポジションについて、経済面から子どもたちの健やかな成長を見守りたいと考えています。

時価総額1,000兆円企業を目指す

そして現在、経営からは身を引いているせきねもん(関根義光)さんですが、株式会社BLITZ Marketingを時価総額1,000兆円企業にすることを目標に、相談役としてサポートしています。

この人類未踏の目標を達成するため、さらなるスピード感で事業領域を拡大させていくとしており、その第一歩としてD2C事業を発足予定です。
まずはひとつの商品の流通からブランド認知の拡大を図ることで、一気にシェアを広げていくことが直近のゴールであり、社内一丸となって目標達成に取り組んでいます。

株式会社BLITZ Marketingについて

株式会社BLITZ Marketingは、せきねもん(関根義光)さんが2011年に創業した、東京都渋谷区に本社を置くIT企業です。
「最適なテクノロジーを駆使し、世界中の課題を最速で解決する」という経営理念や「先義後利」のもと、テクノロジーを正確に使えていない企業や個人に対して最適なテクノロジーを提案し、様々な課題を最速で解決に導いています。

企業ビジョンは「時価総額1,000兆円超えの企業になる」であり、企業全体の評価で世界に認められるような圧倒的ナンバーワンを目指しています。

事業内容

株式会社BLITZ Marketingでは、独自のマーケティング技術によって本当に良い商品をより多くの人に広めるWEBマーケティング事業、独自のノウハウで最適な広告提案を行うWEBコンサルティング事業、ネット上の悪質な誹謗中傷記事の対策を行い企業の売上やブランドイメージを向上させる誹謗中傷対策事業を展開しています。

更に新規事業として、ヘルス&ビューティーの分野で業界に新しい風を吹かせようと、自社で優れた商品を開発して届けるD2C事業の発足を進めている最中です。

また、誹謗中傷巡回システムを開発中であり、これらの事業拡大による株式会社BLITZ Marketingの成長が期待されます。

会社概要

名称 株式会社BLITZ Marketing(ブリッツマーケティング)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-12 三貴ビル 3階
生年月日 1990年9月21日
設立 2011年12月28日
代表取締役社長 吉原教一郎
資本金 4,000万円
社員数 130名

《 せきねもん 関根義光 株式会社BLITZ Marketing 創業者 》