理事長 丸山直樹

理事長 丸山直樹

理事長 丸山直樹

医療法人社団形星会 銀座マイアミ美容外科
設立 2017年5月1日
事業内容
    • 美容外科
    • 美容皮膚科
    • 形成外科
会社HP https://myami-clinic.jp

銀座 マイアミ美容外科 YouTube

先ず、貴院の事業概要についてお聞かせください。

当院では、形成外科の知識と技術に基づいた医療としての美容外科治療を患者さんに提供することを目的としています。多い施術内容としては、脂肪豊胸、輪郭形成、特に骨切り術や顔の脂肪吸引です。また、手術を担当する医師は形成外科医ですので、目鼻口耳など体のパーツは全て施術対象として治療可能です。

開院するまでの経緯について教えて下さい。

開院する前は、日本では、商業主義的な美容外科がまだ多いように感じていました。そのようなクリニックでは、患者さんの希望や思いが取り残されていて、クリニックがしたい治療や推しの治療をするために患者さんがいるような扱いをされていることに気づきました。本当は、美容外科というのは医療であるべきで、患者さんの悩み、コンプレックスを解消して幸せになるための力添えをするための科です。私は、医療としての美容外科を実践すべく、銀座マイアミ美容外科を開院しました。

代表のこれまでのキャリアや志についてご教示ください。

昭和大学藤が丘病院で医局長、講師を歴任したのち、大手美容外科に入職しました。入職後1年で、そのクリニックを日本形成外科学会の教育関連施設美容外科として認定させ、全院を束ねる統括院長に抜擢されました。その後、医療としての美容外科を実践するために自身のクリニックである銀座マイアミ美容外科を2017年に銀座に開院しました。実績が上がり2018年、医療法人化。2019年、より多くの患者さんの治療にあたれるように、同じく銀座に銀座マイアミ美容外科SALONEを開院しており、2院体制になりました。その後、2021年、本院を銀座4丁目に4倍の規模に拡大移転し、現在、10人の形成外科医とともに銀座マイアミ美容外科を運営しております。美容外科を通して、多くの方を幸せにし、同じ志をもつ医師を増やすことで日本全体の美容外科のレベルを向上させるべく、活動をしています。

代表が念頭においている経営理念はありますか?

「経営を考えない。医療を考える。」ということです。医師本来の仕事は、医療を通して患者さんの病気を治すことです。美容外科も医療行為によって患者さんのコンプレックスや悩みという病気を治すという感覚で行うべきです。良質な医療を提供すれば、自然と患者さんは増えていきます。そして、より多くの患者さんを治していくことで、自然とクリニックは運営されていくものです。正しい医療さえしていれば、経営は考えなくても自然と選ばれて残っていくクリニックになります。

代表より、学生や社会人として働く若者へ向けたメッセージをお願いします。

自分が何を得たいかということで勉強や、仕事をしないことです。自分がどうすれば他人の役に立てるのかということを考えて勉強や仕事に打ち込むことが大切です。人を幸福にしてはじめて自身も人に認められるのだと思います。

《 医療法人社団形星会 銀座マイアミ美容外科 理事長 丸山直樹 》