代表取締役社長 藤田英明

代表取締役社長 藤田英明

代表取締役社長 藤田英明

株式会社アニスピホールディングス
設立 2016年8月5日
事業内容
    • ペット共生型障がい者グループホーム「わおん/にゃおん」
    • 生活介護障がい者デイサービス「ワーカウト」
    • 動物看護師によるペットシッター&看護「ケアペッツ」
    • お役立ち情報コミュニティ「Aideal」 等
会社HP https://anispi.co.jp/
株式会社アニスピホールディングス 代表取締役社長 藤田英明のFacebook株式会社アニスピホールディングス 代表取締役社長 藤田英明のTwitter株式会社アニスピホールディングス 代表取締役社長 藤田英明のinstagram

貴社、事業概要の説明をお願いします。

私たち株式会社アニスピホールディングスは、
全国に人間と動物の福祉に必要なサポートサービスを提供している企業です。

2019年8月1日に株式会社CARE PETSから社名変更という形で誕生し、
動物と障がい者グループホームを組み合わせたペット共生型障がい者グループホーム
「わおん/にゃおん」をレベニューシェア方式で全国に展開、
2020年9月時点で316拠点と事業所を拡大しています。

他にも、
・生活介護障がい者サービス 「ワーカウト」
・動物介護士によるペットシッター&看護 「ケアペッツ」
・お役立ち情報コミュニティ 「Aideal」の運営
・障がい領域のシステム開発・販売 「キュワン システム」
・障がい福祉に特化した人材サービス 「スマフク」
・空き家の開発・再利用提案 「空き家活用研究所」
・サービス管理責任者の職能団体 「一般社団法人サービス管理責任者協会」
以上の事業をおこなっております。

私たちは経営理念である
「人間福祉と動物福祉の追求。人間もハッピー、動物もハッピー。」をもとに、
「Issue driven company」(社会課題を解決することによって成長していく会社)
として全社一丸となって成長しており、
「障がいをお持ちの方へ安心して暮らせるHOMEを」、
「何の罪もない動物たちに命と愛情を」という想いを胸に、
大きな社会問題である「8050問題」や「退院後の障がい者住まい問題」、
「犬猫の殺処分(世界最多)」などに対し、日々思考を重ね、
アクションを起こしています。

社長自身について

私、藤田 英明 (ふじた ひであき)は、
東京都出身の、明治学院大学社会学部社会福祉学科を卒業しております。
なので、18歳から25年間福祉に携わっていることになりますね。

1998年から2003年までは
社会福祉法人の相談役・事務長・施設長・理事等を務め、
2003年に夜間対応型のデイサービス(保険内外を組み合わせた
日本で初めての「混合介護」サービス)をおこなう施設を開設し、
26歳で起業いたしました。
2015年には、この事業モデルを
北海道から沖縄までの全国950ヶ所に事業所を展開し、
「世界で一番多くのデイサービス」を開設いたしました。
その後、介護サービスで台湾に進出、
内閣府規制改革会議に参画、首相公邸で講演を行ったり、
現在はサービス付き高齢者住宅(ナーシングホーム・ホスピスホーム)や
訪問看護事業、病院の経営、動物看護師によるペットの訪問介護・看護などの
ホームケアサービスを全国に展開しています。
その他、医療法人や社会福祉法人、上場会社とのJV会社なども経営しております。

また、2018年からはペット共生型障がい者グループホーム
「わおん/にゃおん」をレベニューシェア方式で全国に展開し、
「わおん/にゃおん」の事業所で保護犬・猫を引き取り、
殺処分される命を一つでも減らし、
同時にアニマルセラピーの効果で入居者の生活の質を向上、
さらに一般企業への就職を推進させ、社会保障費の削減にも取り組んでいます。

経営理念である「人間福祉と動物福祉の追求」とは?

人間も動物もハッピーでいれるように、私たち株式会社アニスピホールディングスは
事業を展開していきたいと考えています。

実際に社会では障がい者への虐待、家庭内暴力、
動物の殺処分問題など、悲しい話題が後を絶ちません。

こういった悲しい社会問題を解決するために、私たちは考え、行動し、
今、その一つの施策として、ペット共生型の障がい者グループホームを
レベニューシェア方式で全国展開するに至ります。

人と動物の垣根を越えた「ハッピー」を実現していきながら、
持続可能かつ新しい施策を次々と生み出して参りたいと思っております。

ペット共生型障がい者グループホームわおん/にゃおんについて

2018年5月に直営事業所を千葉県に開設し、
本事業への参入を希望する参画企業にとって自由度の高いレベニューシェアモデルで、
事業所を全国に316拠点展開しております。

わおん事業は
・退院後の障がい者住まい問題
・犬猫の殺処分(世界最多)
・社会保障費の削減
・空き家の激増
などの課題解決に対し、大きく寄与できると考えており、
犬猫などの動物の力、動物がいることでの集客や圧倒的採用力、
また、システムの自社開発や自社経営による物件提供、人材供給など、
総合的な優位性があり、政策的な後押しもあるため、
持続可能性は非常に高いと言えます。

人間と動物、どちらもハッピーな状況を作るべく、
さらなる事業拡大を目指しています。

社長より、就活中の学生や社会人として働く若者へ向けたメッセージをお願いします。

私たちが目指しているのは、「一人でも多くの障がい者の居場所作り」と
「保護犬・猫を一頭でも多く救うこと」です。
生きづらさを抱えながら生きる障がい者の方々の人生にじっくり向き合い、
今が一番幸せと思える状態を創っていくことにやりがいを感じる方、
動物や人が好きで、新しい事にチャレンジするのが好きな方を求めております。

現在進行形で起きている社会問題に対し、
私たちは解決の糸口を考え行動をし続けます。
すぐに解決できるような問題ではありませんが、
実際に社会問題と直面し、活動をすることで、
高い社会貢献度を感じられ、やりがいに繋がってくるのだと思います。

私は25年間福祉の道を選び進んできましたが、皆さんが今後どのような道に進み、
どのようなことをしたいのか、どのような人間になりたいのかなど、
是非この機会に深く考えてみてください。

《 株式会社アニスピホールディングス 代表取締役社長 藤田英明 》