代表取締役社長 叶屋宏一

アンファー株式会社 代表取締役社長 叶屋宏一

代表取締役社長 叶屋宏一

アンファー株式会社
設立 1987年10月8日
事業内容
    • 研究開発・製造
    • 通信販売
    • 卸販売
会社HP https://www.angfa.jp/

アンファー株式会社とは

アンファー株式会社では最先端の医療技術、予防医学に注目し、
ヘアケアやスキンケア商品から食品、サプリメントに至るまで、
エイジングケア関連商品の研究開発に取り組んでいます。

草彅剛さん、香取慎吾さんを起用したスカルプDミノキ兄弟のCMが話題になりました。
スカルプD育毛シャンプーをはじめとするスカルプDシリーズは、
今年累計売上げ本数2,000万本を突破するアンファー株式会社の主力製品です。

Dクリニックグループの一員であるアンファー株式会社は
予防医学という観点から、大学病院や医療機関に所属する
皮膚科・形成外科・精神神経科・泌尿器科・内科などの医師とともに
様々な分野の抗加齢医学を共同研究しています。
その研究成果が日常の生活の中に取り入れることができる
ヘアケアやスキンケア商品、食品、サプリメントといった
当社のエイジングケア関連商品です。

叶屋社長のこれまでの経歴などを教えてください

わたしの経歴はこの化粧品・ヘルスケア業界では異色かもしれません。
まず、大学卒業後、大手都市銀行に入行しまして、
外国為替、融資、外交、証券関連業務を担当しました。

30歳が最初の転機となり、当時としては珍しかった外資系証券会社へ転職。
さらにそこでの経験や実績を生かし、
外資系金融機関向けのヘッドハンティングなどを行う個人会社を起業しました。

その後、縁があって楽天株式会社の三木谷社長にお誘いいただき、
プロスポーツチームの経営陣に加わりました。
Jリーグのクラブチーム、ヴィッセル神戸の運営です。

プロサッカーチームの社長から化粧品・ヘルスケア業界へ?

ヴィッセル神戸の社長退任後、イタリアへ遊学しておりましたが、
スポンサー企業で親交があったアンファー株式会社の三山前社長から
経営のサポートをするというお話をいただき、
2017年に帰国しまして、経営に参画しました。

そして、今年、三山前社長に代わり、社長に就任することとなりました。
銀行員時代から現在の化粧品・ヘルスケア業界へと歩んできた
私のキャリアを紹介させていただきましたが、
確かにこうやって振り返ると、異色に見えるかもしれませんね。

ただ、このさまざまな異業種を経験し、蓄積してきたノウハウや人脈もあったことによって、
大胆な社内改革や新たな挑戦に取り組むことができました。
これまで伸び悩んでいたインターネットを活用しての販路拡大などで
成果を上げることができたのもそのおかげだと思います。

エイジングケア商品開発への取り組み

わたしたちアンファーの商品開発について紹介させてください。
アンファーのエイジングケア商品の最大の特徴は
医療分野からのアプローチして、商品開発取り組んでいるという点です。
特に予防医学の啓発と普及を目的として、大学病院や各分野の専門医とともに
毛髪科学、皮膚科学、腸内細菌学、内分泌学、再生医学、抗加齢医学に関する
共同研究を行っており、その結果が当社の商品に生かされています。

また、アンファーはDクリニックグループの一員であり、治療医学にも携わっています。
医学的なエビデンスを収集するため、医療現場から得た最新の臨床情報をデータベース化し、
その解析から得られた知見を商品開発に役立てています。

予防という観点からの社会貢献事業

わたしたちアンファーでは2017年10月から、
カンボジアに感染予防を広めることを目的とした
「SAVE SOAPプロジェクト」を実施しています。

当社の石鹸「スカルプD SAVE SOAP」を一つお買い上げいただくごとに、
カンボジアに「スカルプD SAVE SOAP」を一つ届けるというものです。
カンボジアの子供たちのもとへ届いたSAVE SOAPは
2020年3月に累計で約10,000個となりました。

このプロジェクトの石鹸購入を通じて、
海外の感染症予防の取り組みに参加できるスキームと、
予防医学のアプローチに基づく商品開発を組み合わせた点をご評価いただき、
一般社団法人ソ-シャルプロダクツ普及推進協会の
「ソーシャルプロダクツ・アワード2020」で
「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞いたしました。

経営方針についてお聞かせください

時の流れというものは全ての人に平等なものです。
年齢を重ねることを止めることはできません。
だからこそ、全ての人は「いつまでも美しくありたい」
「健やかに生きていきたい」と願うのだと思います。
そして、この「美」と「健康」 という2つのキーワードには、
人生を生き生きと輝かせる可能性があると考えています。

わたしたちアンファーは医療分野からスタートした企業であり、
その可能性を誰よりも知っていると自負しており、
新たな機能性をもった商品の開発に挑戦しています。

《 アンファー株式会社 代表取締役社長 叶屋宏一 》