代表 白石達也

代表 白石達也

設立 2016/8/1
事業内容
    • 教育プラットフォーム『alchemi』『IROAS』の企画・開発・運営
会社HP https://www.alchemation.site/

まず、白石達也氏の経歴を教えて下さい。





若くして企業を立ち上げ、各種メディアで注目されている白石達也氏

弊社代表の白石達也は、若くして企業を立ち上げ、
各種メディアで注目されている白石達也は、情報教材をメインに提供している実業家です。
まず最初に白石達也が起業するまでの経緯について詳しく紹介します。

■白石達也のプロフィール

白石達也は、1986年生まれで現在(2018年)32歳です。
父親は大手航空会社のサラリーマン、母親は外資系会社に勤めており
エリート家族の一員として育てられました。
彼自身も早稲田大学卒業生ということで、非常に有能な一家であることが窺えます。
大まかなプロフィールだけを覗いてみると、
非常に裕福で不自由のない暮らしをしてきたかのように見えますが、
彼は学生時代のいじめが原因で過酷な日々を過ごしてきました。
このいじめは、彼の人生を狂わせてしまうほど大きな出来事となりましたが、
同時に自己啓発の道を切り開く一つの光となったのです。
現在は韓国出身の一般女性と結婚し、一人の子どもの父親としての役目も果たしています。

■学生時代に興味のあったこと

白石達也は、もともと中国の古典や論語などに興味があり、
書面と向き合っている時間が一番落ち着く時間でした。
その反面おしゃれや身だしなみなどには一切興味がなく、
そんな一面もいじめのターゲットにされてしまう原因だったと彼自身も言っています。
高校卒業後は、早稲田大学の商業部に入学し真面目に勉学に励んでいました。

ソフトウェアの開発や販売など新しい出会いがあったことをきっかけに、
情報商材を考えるきっかけにもなったようです。
自己啓発書で見つけた「感情は出した人の方が好かれる、
人間は自分が感がえたような人間になる」という言葉に、
自分とは一体どんな人間なのかということを考えるようになったと言っています。
大学卒業後、父の会社が倒産の危機にさらされ、
どんなに業績の良い大企業でも安定した収入を維持していくことは不可能だということに気づかされ、
彼の中でのプロジェクトが浮かびあがります。
今の彼がこうして活躍できているのは、良書との出会い、
父が勤める会社の業績が低迷したこと、自分の存在に対する疑問が
一番の要因になっているのではないでしょうか。

■起業するまでの経緯について

無事に早稲田大学を卒業した彼は、
新しい情報を求めて様々なセミナーに参加するなど自己投資に励みます。
ビジネス業界で注目されている商材やセミナーをてがける伊勢隆一郎氏と
村上むねつぐ氏という人の存在を知り、200万円の費用をかけてパートナーズクラブに
加入することを決意しました。

それから間もなく、伊勢隆一郎氏と強力なタッグを組み、
「神龍プログラム」を企画・販売することになります。
この神龍プログラムでは、習慣化されたスキルや完全化される行動力を
100%見い出すための方法、コピーライティング技術、トラウマ克服法などビジネスにおいて
必要不可欠なノウハウを無料でマスターすることができるプログラムです。
こうして20代のうちに起業を決意した白石達也は、
有限会社エンハンスの代表取締役に就任することになります。
当時の主力教材といえば、あの有名な「ランドオブハンモックYouTuber」です。

この教材はアメリカを拠点に発展していきましたが、
100年以上の歴史を持つ手法「ダイレクトレスポンスマーケティング」という教材です。
多額の資金を集める方法やダイレクトレスポンスマーケティングを活用した
ビジネス展開させるための手法をわかりやすく紹介しています。
他にもYoutuberをきっかけに集客、信頼の構築、成約に至るまでのあらゆる情報が盛り込まれており、
白石達也はネットビジネス業界で数億円以上の売上を達成する大物実業家として有名になりました。

リバティーレジデンツ開発までの歴史

弊社代表の白石達也が提供する情報教材の1つに「リバティーレジデンツ」というプログラムがあります。
この教材は話題沸騰中の「仮想通貨」に関する知識や投資法を習得できる内容が含まれています。
このリバティーレジデンツが開発されるまでの経緯や、プログラムの特徴について解説していきましょう。

■リバティーレジデンツを開発したきっかけ

白石達也は、学ぶことによって人生を変えることができるという確信を持っています。
彼は今まで学校で学業に励んできましたが、
勉学によって人生が変わったということはないと述べています。
真面目に義務教育を学び、塾通い、予備校を経て名門校早稲田大学を卒業しましたが、
勉強は豊かな生活を送る上で必要なものではないということを断言しているのです。

義務教育というのは、そもそも戦争を遂行するための断層社会で
構築されたもので、今でもその構造は何一つ変わっていません。
インターネットや仮想通貨を代表するブロックチェーン技術というのは
この断層を崩す方向に進んでいきます。
これによって、学校という教育機関は激しい情報化社会に
ついていくことができなくなってしまうのです。
学校とは全国民が幸せになることを目的としたものではないということに彼は気がつき、
リバティーレジデンツこそが経済的、居住的に自由を手に入れることができるという風に主張しています。

今の時代における最大の特徴は、変化が著しく早いことです。
「少し先の未来にある情報」を活用することによって、
一人ひとり大きな富をすぐに構築できるという見解もしています。
リバティーレジデンツによって適切な情報と教育さえ手に入れることができれば、
全ての人が自由に幸せに生きていくことができると主張しています。

■仮想通貨の普及によって誕生したリバティーレジデンツ

今世界中で注目されている仮想通貨は、
近い将来世界共通の通貨になるのではないかという憶測があります。
現在使用している通貨には、円やドルなど国から発行されているので、
出張や旅行先では換金してから使うようになっています。
しかし、仮想通貨になれば世界共通の通貨として使用するので換金する必要がありません。
日本はアメリカに比べて仮想通貨の普及率は少ないのですが、
利用できるショップなどが次々と増えていることから
仮想通貨はさらに発展していくと考えられています。
仮想通貨によって大富豪になる人がメディアでも取り上げられるようになってきました。
こういったメリットのある仮想通貨について学べるコンテンツとして
リバティーレジデンツが開発されたのです。

■リバティレジデンツの内容や仕組み

仮想通貨の専門的な知識や情報を習得できるリバティーレジデンツは、
どのようなことが学べるのかご説明いたします。

まず仮想通貨を学ぶにあたり必要なことは、運用するための知識です。
りバテシーレジデンツで用意されている教材テーマは以下のようになっています。

・投資
・インターネットビジネス
・節税
・語学
・旅行
・移住

この項目をメインに、それぞれの仕組みを具体的に解説し
どの地域で暮らしても満足できるような内容が盛り込まれています。

■リバティーレジデンツを学ぶためには

リバティレジデンツの講座は、基本的にオンラインで学習を進めていくスタイルとなっています。
ですからパソコンやインターネット環境が整っていることが必須となりますが、
逆を言えばパソコンさえあればいつでもどこでも学べる効率的な学習方法と言っても良いでしょう。
このリバティーレジデンツのコンテンツを活用することによって、
仮想通貨の基礎から複雑な仕組みを持った応用まで深く学ぶことができます。
仮想通貨に興味があるものの、未経験者なので全くわからないという人でも
安心して利用することができるコンテンツです。

白石達也は、学習させる工夫が備わっていない従来までの教材を見直し、
リバティーレジデンツという報酬型のプログラムを独自で開発しました。
信頼性の高いビジネスを手がけるために、今後もさらに効率的で安全性の備わった
コンテンツを研究し続けていくことでしょう。

白石達也の理念とは

白石達也は、日本教育の危うさに警鐘を鳴らしIROASという新しい教育システムを導入しました。
日本が現在取り組んでいる教育は、労働者を増やすための目的であると見解しています。
そんな時代遅れの日本の教育から離脱するために、彼は新しい「IROAS」という教育方法を見出しました。
ここでは、IROASのコンセプトや理念についてご紹介していきましょう。

■白石達也の理念「IROAS」とは

彼が手がけるIROASというのは、新しい教育環境で実力のある講師たちが
お金を稼ぐための能力を忠実に教えてくれます。
インターネットで授業を受けることができる最先端授業の学校で、
知人に紹介することによって報酬が得られるシステムを導入しています。
学びながら収入を得ることができるということがIROASの最大の特徴です。
人にはそれぞれ得意なこと・不得意なことという側面をもっています。

得意なことで成功できれば誰もが苦労せず働くことができますが、
日本で今ある仕事は20年後には半分近くなくなってしまうという憶測があります。
時代が激しく変化していくのに対し、教育方針はそのまま貫いていくことは
厳しい世の中になっていくでしょう。
子どもだけに対する教育ばかりではなく、大人への教育も必要な時代です。
そんな疑問を解消するために白石達也はIROASという新時代に向けた教育方法を生み出し、
多く人に向けて自由を学び人生を充実するためのコンテンツを提供しています。

■新しいプラットフォームで経済活動を始める

IROASが提供する教育コンテンツは、経済活動を自由にする知識を
習得することができるようになります。
これまでは会社の歯車になることが働くことの目的でしたが、
これからの時代は自分自身が軸となって会社を動かしていくという考え方です。

IROASは、オンラインで学ぶことができる教材なので自分の生活スタイルに合わせて
好きな時に学ぶことができる自由型プログラムです。
知識を増やすことによって、社会の見方や価値観が変わり
素晴らしい人生を導く手助けとなってくれます。
このオンライン授業を貫くにはきちんとした目的があり、働くことを非難するわけではありませんが、
働く時間にもっと自由を取り入れることを主張しています。
最終的には、全ての人達が自由に人生を充実させるということをゴールだと考えているのです。

IROASのサービスで得られる情報や価値は確かなものです。
利用している方の成功事例もたくさんあるので信頼されているサービスでもあります。
老若男女問わず誰でも気軽に始められるという点も、
彼が多くの人々に自由居住の大切さを気づいて欲しいというが概念があるのではないでしょうか。

白石達也のfacebookやメディア出演情報

白石達也は、情報教材の他にも多くの起業家をサポートするコンサルタント活動を行っています。

■Youtuberという肩書きを超えた活躍ぶり

弊社代表の情報ビジネスは基本的にSNSなどを活用したプログラムが多く見られます。
例えば「ランドオブハンモックYoutuber」といった動画サイトは、ネット環境を利用した教材と言えるでしょう。
このランドオブハンモックYoutuberは、アメリカで発展し100年以上の歴史を掲げるマーケティング手法を学ぶ教材です。
記録的な売上を達成したことでネット業界に携わっている人であれば、知らないという人はいません。
実際この教材は爆発的な業績を残しましたが、早く目をつけて参入した人も収入を得ることができたと言わています。

■SNSを活用した情報発信

彼は動画サイトを有効活用し、誰でも簡単に収入を得ることができるような教材を販売しました。
Youtuber兼システムの構築者でありながら、この他にも
LINE@やインスタグラム、ブログ、ツイッターなどのSNSにも参入しています。
彼は流行にも非常に敏感で、最も成果のありそうな分野に誰よりも早く目をつけることにも長けています。
その結果、即行動してきたことが実際に彼のビジネスを成功へと導いているのでしょう。
ブログやインスタグラムでは、自身の私生活やネットビジネスに関する情報をたくさん更新しています。
最近の更新はありませんが、過去記事を見てわかるようにオリジナルのノウハウが具体的に書かれています。
白石達也が抱くネットビジネスにおける概念を知りたい方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

■Facebookで発信していること

白石達也は、Facebookからも情報教材に関する内容を発信しています。
ビジネスに関係ない自身の家族のことなども度々投稿しているので、
革命家の日常的なプライベートを垣間見ることもできるでしょう。
教材の具体的な内容については、1億円のコピーライティングの秘密、仮想通貨に対する考え方、
ノマド家族など様々な情報を無料で提供しているほか、彼に向けられる評価やレビューなども参照することも可能です。
彼がFacebookなど無料で閲覧できるサイト上であえて公開しているのは、
より多くの方に成功するためのヒントを掴んで欲しいという願いが込められているとも言えるでしょう。

■セミナーによる露出も多い

白石達也が手がけるIROASでは、無料セミナーが随時行われています。
参加者からはビジネスを学ぶための環境として最良な場所であるという意見が寄せられています。
同じ目的を持つ仲間が多く、最先端のビジネス情報が得られる場として人脈が広がり、
起業するためのヒントがたくさん潜んでいるという定評もあるようです。
2017年12月から開催されたこのセミナーは、東京・大阪・福岡など様々なエリアを中心に、
僧侶、ユダヤ人、資産家など彼以外のメンバーも参加しています。
セミナーでは、白石達也の自己啓発やセールスの能力の優れた部分を生で体感することができます。

白石達也氏は、テレビやラジオなどのメディア出演は見つかりませんでしたが、
インターネットを中心としたメディア露出が多いことがわかりました。
株式会社ALCHEMATIONではIROASやalchemiを提供しながら
企業としてのあり方や改善方法を紹介しています。
彼の公式サイトでは、SNSの各投稿内容をチェックすることができるので、
興味がある方はぜひ見てみてください。

白石達也が今後計画していること

白石達也が今後計画していることには、様々なものが挙げられます。
現在、新しいコンテンツを生み出し続ける白石達也ですが、
理念の部分で語られていたように、日本の教育に関して警鐘を鳴らしています。
現在、日本の教育というのは単に労働者を生み出すだけのものとなってしまっており、
上に立てる存在が少なくなってきていると考えています。
ここで導入されたのが、新たな教育方法である「IROAS」です。
IROASはネット授業によって最先端な情報を学べる環境を作っています。
現代は子どもだけではなく、大人も経済が発展していく中で学ぶことが多い時代でもあります。
ですから白石達也は新時代に向けた教育として、IROASというコンテンツを打ち出したのです。

このコンテンツは多くの人が学べる場として提供されています。
しかし、白石達也はこれだけに留まらず、より日本の教育現場を発展させようとしているのです。
そのために行っているのが、世界中の教育現場を見学し、
素晴らしい部分を日本の教育現場にも取り入れるといったことを実行しています。
世界には様々な国がありますが、その国ごとに教育も異なってきます。
また、日本人にはなかなかないような発想で、教育が進められているケースも少なくありません。
このような世界で行われている教育を良い部分だけ日本でも取り入れていくことによって、
教育現場がより良くなっていくと考えられます。

白石達也はこのような行動を自ら起こしていくことによって、
日本が今後経済的にも人間的にも発展していけるよう、様々な計画を立てているようです。
現在はまだそれが現実のものとなっていることも少ないですが、
着実に一歩ずつ前進していると言えます。
白石達也自身もまだ30代前半と若いため、今後の活動によって
日本の教育は大きく変化していくことも十分に予測できるでしょう。

《 株式会社ALCHEMATION 代表 白石達也 》