代表取締役 若山 寛幸

マルワソフト株式会社 代表取締役 若山 寛幸

代表取締役 若山 寛幸

マルワソフト株式会社
設立 2006年
事業内容
  • 事業内容1
  • ・各種技術者の人材派遣(労働者派遣届出受理番号:特12−301327)
    ・各種技術者の業務委託(常駐型)

  • 受託開発
  • ・web系業務システム提案
    ・web系業務システム開発
    ・携帯系システム提案
    ・携帯系システム開発
    ・携帯アプリ開発
    ・ホームページ作成

  • 自社製品
  • ・携帯誘導ツール「Naviシリーズ(RapiNavi、POPNavi)」の販売

  • 不動産投資コンサルティング
会社HP http://www.maruwasoft.co.jp/index.html

サラリーマン生活12年

大学を中退後、技術派遣企業へ就職しました。
「早く社会に出たい」という想いが強く、お金を稼ぎたいと、卒業を待たずに社会へ。
中学生のころからPCが好きで、自宅にあったPCでプログラミングを行うほど。
独学でプログラムを勉強していました。
大学での専攻も情報処理を選択し、当時、大学で情報処理を学べる学部をもっているのは2校のみ、
専門学校で学ぶのが当たり前の環境でした。
エンジニア職を選んだ理由は、IT業界自体が今後伸びると見込み、
且、エンジニア=オタクの世界観をもっていましたが、興味が高かったからです。
仕事を通しての大きいやりがいは、「責任感」でした。
出来上がったものをお客様にほめてもらえたときは、最高に嬉しいときでしたね。

その後、数回の転職。
ITと言っても幅が広く、スキルに合わせて専門分野を学んでいきました。
自分のやりたいことをやるには、会社を変えることが、成長への近道だと思います。

12年間のサラリーマン生活、仕事があまりにもハード過ぎて、精神的に支障をきたすようになりました。
それがきっかけで、会社を退職し、束の間は個人事業主として今の会社の事業を始めました。
それが弊社の始まりです。
今いるメンバーも、個人で事業を行っていたときに協力していたメンバー。

企業理念は、
「社員が安心して働ける会社」
社員の満足なくして、お客様の満足はなく、社員の会社への信頼からお客様からの信頼を得られるものだと考えています。
“社員主義”を理想に掲げ、組織として活動しています。

理想を掲げ、前進!

私が実現したいこと、それは、
「技術派遣で活躍できなくなったエンジニアのための事業」をつくることです。

今、技術派遣を行っている企業は多々ありますが、お客様が欲するエンジニアは20代から30代の若いエンジニアです。
50代を超えたエンジニアは必要とされていない現状があります。
スポーツと同じで、エンジニアの寿命も限られたものなのです。
それでは、若手のエンジニアも、「客先で何年か働いたら自分も必要のない存在になる…」と不安を抱えます。

そんなエンジニアのために、社内で内需の仕事(社内システムなど)をつくれば、
エンジニアとして、活躍の場は広がるのでは、と考えました。
この事業が安定すれば、会社も安定し、エンジニアにも将来の安定・安心をもたらすことができるのではないか。

今後の事業展開として、多角事業を目論んでおりますが、今現在は上記のビジネスを柱として行うための、
人材派遣で収益を得ている状態です。

エンジニアのため、社員のため、お客様に認めてもらえるエンジニアを派遣業で育て、
エンジニアの夢を実現できるよう、バックアップしていこうと奮闘しております。
派遣事業はヒトがブランド、マルワソフトのブランディングにも繋がります。

信頼される企業を目指して、飛躍中です。

座右の銘

「自己責任」
全ての責任は自分にあります。
たとえ交通事故の被害にあったとしても、己の責任です。
人のせいにしがちな社会で、敢えて自分の責任だと思うように心がけています。
この考えをもつと、人が許せるようになりますね。

テーマカラー

ブルー
心の安定を表す色だと思います。
心の安定感を求めているんです(笑)

学生へ、メッセージ

もし自分のやりたいことがあるならば、将来やろうと思う業種の企業へ就職してください。
そうでない学生は、様々な経営者に会える仕事をオススメします。
特に、将来起業を目指している学生さんには、人とつながる仕事を選らんだ方が良いでしょう。
ソフトバンクの孫社長にしても、楽天の三木谷社長にしても、偉大な経営者は一度は大きな失敗をします。
大きな失敗をしてもチャレンジし続けることを忘れないでください。