代表取締役 遠山和久

代表取締役 遠山和久

設立 2015/3/3
事業内容
    • 電気通信業
    • 電力小売業
    • 介護事業
    • スポーツジム運営
会社HP https://akubi-communications.com/
採用HP https://akubi-communications.com/recruit/2018/quiz/

あくびコミュニケーションズについて



代表取締役 遠山和久

あくびコミュニケーションズは現在3期目になります。
あくびは漢字では「明来日」と書きまして、お客様に明るい明日がくるような
サービスを提供していくということをミッションに創業をいたしました。

当社は現在通信サービス、電力サービス、そしてスポーツジム事業と
さまざまな事業をスタートしておりますが、すべてはお客様の生活の質を
上げていくことに貢献していくということにつなげていきます。

「生活の質の向上」これはまさに私の生い立ちから来ているミッションです。
あまり恵まれない家庭環境で育ってきた私は、社会に出て全力で仕事をしていく中で、
お客様からの感謝や仲間など多くのものを手にしてきました。
まさに生活の質が上がる体験をし、今の私があります。
この経験を少しでも多くのお客様、社員、取引先と共有していくということが
今の私の使命です。

チャレンジの人生



プライベートではトライアスロンにチャレンジ!会社にはトライアスロン部もあります。

私の人生を振り返ってもこれまで多くのことに勇気をもってチャレンジをしてきました。

市場の変化を察知し、業態変更を決断をしたこともありますし、
今は様々な新規事業を立ち上げるということに挑戦をしております。
その象徴として2017年は、電力事業とスポーツジム事業の2つを立ち上げました。

チャレンジの先にあるのは成功か学びしかないということで
これからの様々な新規事業を年に1つ以上は
立ち上げて起こしていく計画を立てています。

0→1を作れる人材の育成

当社は現在新卒、中途の採用に非常に力を入れております。
2017年入社は11名、現在誰もやめておりません。
企業の規模がまだまだ小さいベンチャーでありながら、
なぜここまで採用に力を入れていくかというと、
ここからの企業の成長スピードを上げていくためです。

弊社は新規事業をこれからも多く立ち上げていく戦略を掲げております。
そのためにも優秀な人材を採用、育成していく必要があるからです。

以前終身雇用が当たり前であった、日本ではその在籍している会社だけで
通用していくスキルを見につけさせるのが当たり前でした。
そして今そのスキルしか持たない方々の仕事の多くが、
IT,AIに取って代わられています。

これからの時代、AIや様々なテクノロジーが発展を遂げていく中で
我々に必要な能力というとまさに、0→1を作っていく能力です。
働き方改革、兼業、副業解禁と様々なことが叫ばれる昨今ですが、
これからの時代の働き方の中で一番大事なことは、どれだけ時代が変化しても
求められ続ける自分自身であり続けることだと思っております。

そのために当社はいかに0→1を作り出せる人材を育成していけるかということに
力を入れて活動をしております。

今後のビジョン

これからの当社のビジョンは2027年までに1000億のグループ企業になることです。

まさに世の中になくてはならないグループ企業へと成長していくことが
我々の目指している先にあるステージです。
世の中の人たちが生活の質の向上のために
当社を使い続けていただける未来を描いております。

その中で新規事業の立ち上げや、ベンチャーから名実ともに
日本社会になくてはならない企業へとなっていくべくともに
働いてける仲間を探しています。

《 あくびコミュニケーションズ株式会社 代表取締役 遠山和久 》