一般財団法人 メンタルケア協会 会長 吉村 博邦


LINEで送る
Pocket

一般財団法人 メンタルケア協会 会長 吉村 博邦

会長 吉村 博邦

設立 1993年
事業内容
    • 心の問題に関する調査、研究
    • 心の問題に関する講習会などの開催
    • 精神対話士の認定およびその派遣
    • 心の問題に関する書籍などの出版
会社HP http://www.mental-care.jp/

真心の対話で人を癒す

メンタルケア協会は平成5年(1993年)、慶應義塾大学出身の医師たちにより、
日本で初めて「真心の対話で人を癒す」という新しいスタイルの心のケアを研究・開発することにより、
人の福利、心の問題解決に貢献することを目的として設立されました。

精神対話士という資格確立のきっかけは、主には「対話の持つ力」に着目したことでした。
人は抱えている悩みを誰かに聴いてもらうことで、気持ちが軽くすっきりとします。
「そうだったんだ。辛かったでしょう?」と共感してもらいながら話すことで、
自分の心をまっすぐに見つめられるようになり、
心の整理ができ、問題解決につながっていきます。

それを反映するかのように、
セラピスト、カウンセラー、精神科医など「心」を扱う資格が世の中に浸透し、
そうした資格に携わる人々の数も増え続けています。しかし、抜け落ちていた資格があったのです。
「人の心に寄り添い、暖かな対話を通して心を軽くするお手伝いをする」資格。
それまで「話を聴く専門家」がいなかったのです。
そこでメンタルケア協会では、精神対話士という専門職を確立し、
真心を込めた対話によって人を癒すという日本初の心理職の資格を誕生させたのです。

協会設立とともに「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」を開設しました。
この講座の目的は、一般の人々に対話の重要性を知ってもらうことと、
生きがいを失いかけた人たちに寄り添い、
生きる意味を一緒に感じとっていく人を育てていくことでした。
しかし、「いつでも、きちんと相手の悩みに耳を傾ける」ことは簡単ではありません。
意欲以外にも話を聴く技術や専門的な知識も必要です。

そこで協会では、そうした専門知識の一つとして
新しい学問領域である「死生論」を取り入れたり、
また独自の研究も行ない「聴くプロフェッショナル」のための
バックグラウンド作りに専念していきました。
「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」を修了した受講生の中から
「聴くプロフェッショナル」である「精神対話士」を選考し、専門資格として認定し、
クライアント先に派遣する事業を行うようになったのです。

「生きることの尊さ」を共感しあうことができる人間性、能力を培う

爾来20有余年、メンタルケア・スペシャリスト養成講座の開催、心理職精神対話士の認定・派遣、
心の問題に関する書籍出版、日本精神対話学会の支援ほか心の問題に関する諸事業を展開してきました。
また、大規模自然災害被災者の方々への心のケア活動、自治体の支援、
後援を受けて自殺予防対策への積極参加をはじめとした活動においても社会貢献を行っております。

人が人生を全うするための根幹となる「生きがい」は、老い、病 、
対人関係などの障害から心に葛藤を引き起こし、とかく見失いがちとなります。

この「心の乱れ」を、新しい学問領域であるとして脚光を浴びてきている死生論を含めた
人の心身の研究の最先端をいく科学者たちに導かれ、自ら考え研究することにより
「生きがい」を失いかけた人たちに寄り添い、葛藤を乗り越え「生きることの尊さ」を
共感しあうことができる人間性、能力を培うことが事業の目的です。

企業理念

メンタルケア協会は、心の問題に関する調査、研究を行い、
心の問題に関する講習会を開催して人材を教育、養成し、心の問題を解決するための実践をし、
もって心の問題の解決に寄与することを目的として運営されています。

協会の心の問題への対応の特徴は、薬物療法や医療とは一線を画し、
対象の心に寄り添い真心の対話により傾聴、共感、受容を基本として、
対象自らが自分を理解してくれる存在を認識して心の葛藤を乗り越えて生きることの尊さを共有し、
再び生きがいをもてるよう導くことにあります。

高度技術化社会、高齢化社会である現代において、
メンタルケア・スペシャリスト、精神対話士の必要性が強く求められています。
単なる奉仕の精神としてではなく、プロフェッショナルとしての
自覚と責任をもつことが大変重要であると考えます。

この活動を通して必ずやこれからの社会において、人を支え、人の心に思いやりを持ち、
人が希望をもつことに対し、大きく貢献するものと確信しています。

《 一般財団法人 メンタルケア協会 会長 吉村 博邦 》

LINEで送る
Pocket