代表取締役 田村寛治

代表取締役 田村寛治

設立 1990年1月16日
事業内容
    • 建築工事業
    • 外構工事業
    • 電気工事業
    • 一級建築士事務所
    • 宅地建物取引業
会社HP http://www.aihome-net.com/

2017年スタートに当り

平成29年1月末完工新社屋

アイ・ホームの新事務所が2017年1月末に完成します。
このご案内が皆様に披露される頃には引越も完了していることでしょう。
2017年度はどのような年となることでしょう。
ここ宮崎にまたしても、大手ハウスメーカーS社が進出して参りました。
競争は激化するばかりです。 

■私達アイ・ホームの使命感■
私、田村寛治は今日まで家づくりを業として会社を運営して参りましたが、
これからは若い仲間達にしっかりと、この仕事を引き継ぐことが使命であると考えております。
これまでお世話になりましたお施主様や,地域の方々に、「住まい造り」という仕事を通じて
感謝の思いをお返し出来ればと考えております。

■未来に向けて■
アイ・ホームの旧社屋は、今を去る23年前に建てられました。
その後スタッフも増え、旧社屋の周辺に3棟程の建物に分散して業務を行っておりました。
今回2棟の新事務所に統合されたことで業務の効率化が進むことでしょう。
尚1Fには、リフォーム専用のパナソニック・リファインショップを併設し、
展示と体験ができるようになりました。
又、1Fの南には、セルコホームの宮崎事務所が出来ます。
どうぞ一度お尋ね下さいませ。
アイ・ホームのスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

■経営者として何を残せるか■
仕事をし、結婚し、子育て、そうして親を見取り、いつの間にか自分も年を取りました。
白髪になった自分の顔を鏡に見る時、「おい、随分変わったね」と思ってしまいます。
私には兄が4人も居ます。長男は早80才です。
まだまだ元気で毎日近くの小高い山に登っています。
その兄が、この頃、いつかは来る「死」について考えるようになったとのこと。
アイ・ホームの経営者として、年を重ねた今、
いつまでも自らが経営を続けられるわけではないので、
自らの引き際を考える年になっているようです。
ただ人の死は必ずやって来る現実ですが、
会社の経営はゴーイング・コンサーン、継続されなければなりません。
これまでお仕事を頂いたお施主様へのお役立ち、
これまでアイ・ホームを支えて頂いた資材メーカー様、
お取次業者様、多くの職人さんの為にも企業存続は大切な命題です。
更にアイ・ホームでお働き戴いている社員の皆様、パート職の方々の為にも
誇りを持てる仕事をなんとしても確立し、残して参りたいと考えているところです。 

■出来る事の一つが新事務所■
ただ、ただ、只管(ひたすら)、働いて参りました。
年間、たぶん340日ぐらいは働き続けて早、27年に成ります。
酒、タバコは飲めない吸えない、お陰でやりません。
ゴルフは運動オンチで出来ません。
趣味は読書、ワンチャン、野菜づくりと、いたって平凡な暮らしです。
住んでいる家は皆様に申し訳ありません、築46年の70坪のボロ家です。
無論、造改築は何度もしました。手塩にかけた畑があって離れられません。
ですから、少しは蓄えが出来ました。
だからアイ・ホームのこれからの為に新事務所を無借金で建てることが出来ました。
仕事で稼がせて頂いたお金です。
他に使うことよりも、少しでも残れば仕事にお返ししたいと思ったため、
新事務所の設充当させて頂きました。
少しでも良い環境でこれまで以上の仕事を皆でやらせて頂きたいと思っています。

一般社団法人日本住宅産業協議会活性推進機構の設立発起人として

新顧客サービスの開始

標記の機構は略して、日住恊活性推進機構と申します。
正式にはこの1月末に発足致しましたが、アイ・ホームの私、田村寛治が発起人でございます。
様々な事業を行って参りますが、お客様方にご案内したいのが、
住宅の維持管理業務での新サービスのご提案です。

①白アリ再施工による保証期間延長費用軽減
住宅完成後の維持管理で大切なポイントとして白アリ防蟻対策と延長保証の継続があります。
一般的には防蟻費用だけでも15万円~30万円程度必要でしたが、
総額で6万円以内で延長サービスを可能とするサービスを行って参ります。
更に、防蟻施工時に、マッハシステムのメインフィルターの無償交換や清掃、
家全体のインスペクション(点検)を同時に総額の範囲で行わせて頂きます。
この他、こうした費用そのものが半額、又は無料となる企画もございますので、
詳しくはぜひ係までお尋ね下さいませ。

➁住宅設備機器10年保証
このサービスは、ベターリビングの住宅瑕疵保証10年との提携で可能となるサービスです。
住宅設備機器は消耗品である為、維持管理が欠かせないのですが、
一般的には、ただ使用するのみで、使用する側が積極的に管理できるものでもありません。
クーラーや、熱交換器はせいぜいフィルターの交換を頻繁に行うことが可能な程度となります。
以上のような予防的な対策を越えて、故障時の修理を保証保険で対応させて頂くことと致しました。    

■10年なら安心■
アイ・ホームの特許商品である、マッハシステムは、システム全体がこの10年保証可能となりました。
保証に値する安心安全なシステムであると認定された訳です。
その他エコキュートや、住宅設備機器を組み合わせて保証することが可能です。
範囲は会社負担分と自己負担で補償範囲を拡大することも可能です。

数字で分かる、快適と省エネ

2016年度ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーで大賞を受賞しました。

この数字、このデータをご覧ください。
現状ではどこのどのメーカーの造られた家と比較しても負けていません。
快適な温熱環境が実現されています。
床暖房を併用しなければ冬の温度ムラが解消できない工法とは違います。
空気を熱媒体として、ゆっくりと大量に循環させることで、床が温まり、
まるで床暖房のように感じてしまいます。
何故なら、足の裏は温熱センサーとして人体を守る為に特に敏感だからなのです。
玄関部分のタイルの床まで温まっていますので
外のタイルとまたいで裸足で立てば室内は春、室外は厳冬でヒャーということです。

省エネは年間で1棟分の冷暖房費が3万円以内程度
今年の電気代値上がりしそうですが、
データで見るとおり1棟分で3万円程度で冷暖房を実現できます。

[佐土原介護モデル65坪の実測値]




変革の時代が来た

  

私の住宅産業に対するイメージは、
この業界に飛び込んだころから、ある意味180度変わりました。
若い方にお話しすると笑われることでしょうが、
これは日本人の生活観の大変革がもたらしたものとも言えます。
女性の地位の向上で欠かせなかった2間続きの和室が台所、居間中心の間取りに変化したこと。
豊かさの実現の為、コタツからエアコン、ガス風呂からエコキュートへと
住宅設備機器の常識が変化したことなど。
今にして思えば、住生活の文明開化は昭和50年代から平成の今日まで
ようやくにして進展したと言えるようです。
住まいの温熱環境についていえば、
こちらは、まだまだ一般的に昭和の時代を引きずっていると言えるようです。

■ハウス・オブ・ザ・イヤー大賞受賞で温熱のリーディングカンパニーへ■
ここ宮崎は、日本の僻地かもしれませんが、
住宅の温熱環境を追求することで、遂にアイ・ホームは、日本一の大賞を受賞しました。
先日、サッシメーカーの方が来社されました。
何をしに来たかといえば、スパイ行為ではないでしょうか。
この方は私共が受賞したハウス・オブ・ザ・イヤーの大賞キング・メーカーと言われる方です。
実は今回の受賞は彼の誤算でもあったようで、
予定の会社を上回ったアイ・ホームの実力に驚かれ
2017年度に当社がどのような応募をするか、敵情視察に見えた様子。
しきりに当社の断熱工法を探って行かれました。
「ご安心あれ、今年はトップは取りに行きません」とお応え致しました。
今回は普及タイプの商品を磨き上げて応募致します。 

外張り断熱で新工法と新製品開発に向けて

耐熱工事は家づくりの基本です。

アイ・ホームでは、表記の件について、
某メーカーと共同開発で画期的な商品開発を手掛けています。
消費者の負担を軽減でき、尚且つ施工者の負担を軽減できるものとして実用化を計画中です。
年内には商品化と特許の申請を行う予定となっています。
今回の着想は私、田村のアイデアとなります。
年を取ったら、常識がなくなる方もおられるとか、
正に私の常識の無さが生み出した工法と新材料となります。
年を取るのも、いいことがあるようです。

私は生きている限り、そして未来へ

いつまでも地域工務店として生き抜き、お役立ちできるように

私は現在66才です。
若い頃50才ぐらいで会社を止め、田舎で農耕生活をしたいと思っていましたが、
思いがけず住宅産業に携わり、皆様のお陰で今日まで仕事を戴いて参りました。
創らせて頂いた「住まい」はこれからも故里で皆様と共に存在して参ります。
住まいは住まう方々の暮しの器として、災害や暑さ寒さから皆様をお守りする使命を任っています。
私共アイ・ホームはそうした責任ある「お住まい」を創らせて頂いており、
これからも末永くお役立ちできることを願っております。

■70才までキャリアが生かせる■
私共の会社は65才定年制ですが、希望により、70才まで雇用は継続させて頂いております。
68才、67才、66才の方が私をはじめとして多数働いておられます。
建築工事業では、キャリアは宝です。
この仕事には完全を目標にしますが、
それでも不完全な結果でお客様にご迷惑をかけたりすることもございます。
そんな時、キャリアがあれば、問題解決に向けて適確な対応が出来、
お客さまにも私共の若手スタッフにも有難いサポートが期待できるということです。

■今見えなくなって、昔見えていたもの■
年を取ると夢を見る力が衰えると思われる方が多いと思いますが、そうでしょうか。
昔マンションに住まう人は、宮崎では限られていました。
何故なら「どうせ住むなら一戸建て」と考える方が多かったからです。
今日では住宅ローンがある意味誰でも借りられるので、
返済能力さえあれば大金が低金利で借りれるようになっています。
昔と今では確かに資金面だけで見ても
一般の銀行がこぞって品揃えする住宅ローンの充実で借りやすくなった面があるようです。
昔銀行は住宅ローンにはあまり資金を出さないようにしていました。
でもこの頃「どうせ住むなら一戸建て」ではないのはどうしたことでしょう。
そうして思い当たる現象の一つに高台志向のお客様がとんと出現しなくなったということです。
津波対策の叫ばれた頃のお客様は高ければOKでしたが
昔の高台志向のお客様は見はらしの良い高台でなければなりませんでした。 

■見はらしの良い高台■
お客様はその遠くを見る目で私達に住まいの夢を語りました。
高台からは遠く太平洋が見え、街を見下ろす敷地には
リゾートにある肘掛椅子が芝生に置かれている。
渡る風に奥様の髪がゆれ、子供達や仔犬の吠える声が、響いているような、
それこそが高台の家であったのです。
マンションは高台に代わるものですが、
芝生や木々を吹き渡る風からは遠くなっているようです。
考えようでは少し不便でも、こうした環境がここ宮崎では実現できそうではありませんか。
私は昔の人間ですので、あえて往時の夢であった高台の家をモデルハウスとして建ててみることと致しました。
2017年2月中旬、宮崎市佐土原町光陽台に完成します。
ぜひ一度お尋ねください。宿泊展示場としてオープン致します。

《 アイ・ホーム株式会社 代表取締役 田村寛治 》