医療法人社団 岩江クリニック 理事長 岩江 秀和


LINEで送る
Pocket

理事長 岩江 秀和

理事長 岩江 秀和

設立 1985年5月13日
事業内容
    • 内科
    • 外科・整形外科
    • 在宅医療(往診・訪問診療)
会社HP http://www.iwae.net/

人生の転機と培った大切なもの

理事長 岩江 秀和

私は父の仕事の関係で大阪、名古屋、神奈川、東京と移ってきました。
経駒場東邦高校を卒業し、慶應大学医学部入卒後、外科の医局に入局、
その後形成外科の医局に入りました。30歳で赤羽で開業し今に至りました。

人生の転機となった出来事は高校生のときで、
F先生から数学を教わったことが私の人生転機となりました。
それまでは参考書を見て答えを学ぶ形でしたが
先生は答えを見ずに「自分で考える」事を教えてくれました。

分からなければ1時間でも2日間でも考え続けるようにしました。
そして答えに至る過程も色々な形がある事が分かりました。
また、答えは必ず自分のなかにある事も分かりました。
そして2日間考えて得られた答えや考え方は決して忘れる事がなく、
また、考え方は、後に他の問題解決にも役立つ事が分かりました。
今でも「自分で考えること」を大切にしています。

自分に素直になる

独立したきっかけはですね、正直にお話すると人の下で働くことが嫌だったからなんです。
自分でリスクを取って、自分で考えて、自分で決めて、
自分で失敗するという道を歩みたいと思っていました。
上の人の考えで自分の人生が大きく左右される事は望んでいませんでした。
こう想えるようになったのは、先にお話したようにF先生の影響が大きいですね。
ですが、苦労したこともいろいろありましたね。特に人事の面では本当に苦労しました。

これからのビジョン

岩江クリニックは「心のかよう医療・介護」をモットーに医療・介護サービスの
トータルな提供を通じて地域社会に貢献することを理念としています。
外来診療だけでなく往診や訪問診療などの在宅医療を提供し、
居宅介護支援事業所・訪問介護事業所・訪問看護ステーション・デイサービスセンターを併設して、
在宅医療・介護サービスのトータルな提供に取り組んでいるところです。

今後の目標としては、地域住民の皆さまや近隣の医療・福祉関連機関、行政から信頼され、
ご満足いただけるサービス提供を目指しています。
現在、行っているこれらの事業をどれだけ安定的な軌道に載せることができるかが鍵になってくるでしょう。

絶対にゆずれない想い

わたしは、「自分で考える」ということを本当に大切にしてきました。
困っている人を助けて感謝されることは、おおきなやりがいです。
終末期医療や在宅医療はご本人の病状もさることながら、
ご家族の想いや周囲の環境、生い立ち、お金の問題等も含めて総合的に判断することが重要です。

最後になりますが、日頃の感謝をここで伝えたいと思います。
当法人のスタッフはわたしの自慢です。
皆プライドをもって、仕事をしていますし、
困難なことに直面しても一致団結して支えてくれています。
本物の家族のように思っています。
これからも全職員一丸となって思考を止めずに前進していこうと思います。

《 医療法人社団 岩江クリニック 理事長 岩江 秀和 》

LINEで送る
Pocket