ヤマトエスロン株式会社  代表取締役副社長 松永 貴至


LINEで送る
Pocket

代表取締役副社長 松永 貴至

代表取締役副社長 松永 貴至

設立 1956年3月15日
事業内容
    • 各種合成樹脂製品の製造販売
    • 歯ブラシ・歯間ブラシ・ヘアーブラシ及び各種ブラシの製造販売
    • 化粧品の製造販売
会社HP http://www.yamato-esulon.co.jp/

からだの健康は、歯の健康から

食べることは、人間が生きてゆくために不可欠なことですが、
そのためには「健康な歯」が必要です。
近年、皆さんの歯周病等への意識はずいぶん高まりつつありますが、
歯ブラシ購入者の半分近くの人たちは
「自分がどこのメーカー品を使用しているかわからない」(家にあるものを使っている)。

また1人あたり年間平均3本の歯ブラシを使っている計算になりますが、
頻度に置き換えると4ヶ月に1回となり、
推奨の月1本(月1回交換)には遠くおよんでいません。

そこで歯ブラシメーカーとして
8020運動(80歳になっても自分の歯を20本以上保とう)など、
歯の大切さ、歯ブラシの大切さ、をもっともっと皆さんにきっちり伝えていきたいと思っています。

オーラルケア製品の生産・開発で世界トップ企業になる

歯ブラシの製造をはじめて80年以上になりますが、
いまや歯ブラシだけでなく歯間ブラシ・デンタルフロス・電動ハブラシ等、
大手メーカーの様々なオーラルケア製品をOEM生産(ナショナルブランド)しています。

NB製品のため当社名は出ませんが、
コンビニ・ドラッグストア等に当社が生産した製品が多数並んでいるのをみると、
自社への誇りと同時に責任の重さを日々感じています。
すでに海外企業との取引も広がっておりますが、
日本の技術力で世界に挑戦し、グローバルNo.1をめざします。

常に顧客に驚きと感動を与える

当社の強みは、ずばり「チャレンジ精神」です。
社内には「困難な仕事の先にこそ進歩がある、難しい仕事には喜んで取り組もう」
という言葉が浸透しており、毎年新しい製造技術が生まれてきています。
「失敗と成功の一番の違いは、途中であきらめるかどうか」
新しいことを始める時にもっとも大切なことは、それを成し遂げたいという情熱です。

あきらめず挑戦し続けることで、自分も成長し、会社が成長する、
この繰り返しが会社を強くしていくと思います。
営業部門のメンバーは、難題を解決したときの
お客さんの驚く顔をみるのが一番の楽しみのようです。

学生へのメッセージ

入社早々、責任ある仕事にチャレンジしたい方、大歓迎です!
当社は社歴、年齢、新卒、中途入社、に関わらず、
やる気さえあればどんどん責任ある仕事を任せていきます。

ただ一人だけに仕事を任せ放置するようなことはせず、
チームで連携して仕事をすすめていくことを重んじています。
当社のような中堅企業が大企業に打ち勝っていくためには、
スピードおよびチームワークがなにより大切で、
日頃から各部署が協力し助け合っていく風土があります。

慣れ合いではなく、本当に仲が良いアットホームなところが当社の自慢です。
そういう環境で一緒に仕事をやっていきたい方をお待ちしております。

《 ヤマトエスロン株式会社  代表取締役副社長 松永 貴至 》

LINEで送る
Pocket