アルルホームズ明るい株式会社 代表取締役社長 谷嶋 和義


LINEで送る
Pocket

代表取締役社長 谷嶋 和義

代表取締役社長 谷嶋 和義

設立 平成13年11月22日
事業内容
  • 不動産の建築・設計・施工・コンサルティング                    【コンサルティング内容】
  • 建築物の外観・内観に関する色味のご提案
  • 部屋のレイアウト(内装に使う壁紙やカーテンの選定、照明や家具の配置)
  • その他、住宅関係全般
会社HP http://www.arle.co.jp/

■予算が理由で家づくりをあきらめる人が、一人でもいなくなるために。

私は、先代の社長に出会い、その理念に共感し、600名以上の企業から、
従業員数数十名の「アルルホームズ明るい株式会社」に入社を決めました。
新人として働き始めたころ、あるお客様に出会いました。
「女性一人で家」をたてたいという方で、収入から考えても予算は少ない。
住宅ローンも当然制約が出てきます。私は正直、家づくりは無理だ、と思いました。
しかし、打ち合わせから戻って「予算的に無理そうですね」と社長に伝えるも、
「もう一度、この人のために、うちの会社だからこそできることがあるんじゃないのか?」
とアルルホームズの理念を思い返しながら考えました。
そこから、一緒に土地を探し、プランを工夫し、流通コストをカットするために、
問屋をはさまず直接メーカーと交渉したりとあらゆる工夫した結果、
そのお客様の家を実現することができました。

家づくりをお考えになるお客様は、十人十色の家づくりを始めるきっかけがあります。
理由はそれぞれでも、今の住生活より良くなりたいと思う気持ちだけは、
すべての人に共通する思いです。
家は建て終えてからの笑顔あふれる生活ができるかどうかが大切です。
アルルホームズは、家づくりのプロとして、家づくりを楽しんでいただける提案をしています。

■家づくりの完成がゴールであってはいけない。

家は、一生に一度の高い買い物。
それなのに、建ててから後悔する方がいるのです。
実際に、他社で新築し1年も立たないうちにリフォームを相談される方がいます。
住宅ローンの支払いに困って「どうしよう」と悩まれる方の相談も多く頂きます。
家は建てた時がゴールではありません。
建て終わった後に家族の笑顔があふれる生活のためにも失敗できない家づくりに大切なことの一つが、
建て終えた後の生活を考慮した資金計画であることです。
せっかく憧れのマイホームを建てたのに、住宅ローンの返済に追われて旅行にも行けないし、
趣味もあきらめるなど、我慢ばかりでは笑顔あふれる快適な生活はできません。
そんな建て終えた後の見据えた、安心できる計画で家づくりを楽しんでほしい!
というのがアルルホームズのモットーです。

■「全国優良工務店100選」に選ばれることよりも大切な財産。

おかげさまでアルルホームズは、「全国優良工務店100選」に選んで頂きました。
もちろん、うれしい事ではありますが、私たちには、それよりも、大切なものがあります。
それは、“お客さまからの感謝や励ましの言葉“です。
社屋の壁には、お客さまからの感謝や励ましの言葉が張り切れないくらい貼ってあります。
とてもありがたいことです。これが私たちの財産です。

■もう一つの財産。それは、一緒にはたらくメンバーと優秀な職人さん。

アルルホームズは、働くスタッフにとても恵まれています。
なぜなら、皆が「お客さまのことを一生懸命に考えることができるから。」
同じ想いをもった人と働くことはとても楽しいですよ。
職人さんは、少数精鋭。
職人さんの数を増やして、たくさん家を建てれば、売上は上がるかもしれません。
でも、私たちは質のよい家を、提供することを何よりも重視しているので、
お付き合いしている職人さんを限定して、お付き合いさせていただいています。
建てることがゴールではありませんからね。

■お客様のことを真剣に考えられる人を求めています。

アルルホームズは、家づくりのただしい知識や基準を知っていただくために、どんな情報もオープンに。
包み隠さず、すべてお伝えします。
なぜなら、そうして、無理をしない家づくりで建てた後の幸せな生活を楽しんでもらいたい。
だからこそ、スタッフには、「お客さまのことを」一番大切に考えてほしい。
と伝えています。一人のお客様を大切にできなかったら、
10人だって100人だって大切にできませんからね。

そんな思いに共感していただける方お待ちしています。

LINEで送る
Pocket