エルフLLC 代表取締役社長 豊田 彩奈


LINEで送る
Pocket

代表取締役社長 豊田 彩奈

代表取締役社長 豊田 彩奈

設立 2015年6月
事業内容
    • イベント事業
    • 芸能事務所
    • デザイナー
会社HP

社長と結婚したい!から、自分が社長に

「社長と結婚したい」
13歳当時の夢です。
社長夫人になったらお金もたくさんあるし、
楽しい生活が送れそう!と妄想してました(笑)。

ところが、働きもしないで豊かな暮らしをする自分を想像してみると何か違和感が。
ただお金持ちになるだけではなく、自分も働いてお金を稼いでいないと
肩身の狭い思いをしそうだなと思ったんですね。
それからですね、自らが社長になろうと考えるようになったのは。
ちょうど14歳の時でした。

「社長巡り」を始めたのは15歳から。
「どうやったら社長になれるんだろう…」
「社長ってどんな人なんだろう…」
浮かんでくる疑問を直接ぶつけて聞いてみようと思い、
経営者のいるところに訪問し、経営者を訪ねては聞く、
訪ねては聞くということを繰り返していました。

そんなことをしているとその内仲良くなった社長さんから飲み会の誘いや、
パーティーに誘われるようになりました。
中には出席者全員が経営者という非常に魅力的な集まりも(笑)。
ここぞとばかりに経営者の方々との人脈を広げていったのです。

尊敬出来る人との出会いから社長業へ

知り合った経営者の方とはとにかく全員からお話を伺いました。
情熱社長に掲載されている社長様も皆さんそうだと思いますが、
経営者の方のお話って飽きないんです。
当然成功談もあれば失敗談もあって、勉強になることがとにかく多い。
そうして社長になりたいという熱は日に日に増していくばかりでしたね。

今の会社を始める前は恋愛コンサルタントとして働いていました。
コンサルを辞め今の会社を立ち上げるきっかけとなったのも
経営者の方との出会いでした。
その方とはあるイベント会場で知り合ったのですが、仕事に対する姿勢、
考え方など、色々な面で尊敬出来る方でした。
直感で「この人ならついて行きたい」と思える方でしたね。
その場では直接連絡先を交換せずに終わってしまったのですが、
縁ある人だから絶対また会えると勝手に思ってました(笑)。
その予想は見事的中し、後日改めて周りの方から連絡先を教えてもらえたのです。

会って話してみるとすぐに意気投合。
幸い相手も私のことを気に入ってくれたらしく、
「一緒に仕事したいね」とお声掛けいただけました。
それが23歳の頃で、約1年前の出来事でしたね。

イベント企画立案からモデル手配まで

弊社はイベントの企画・運営をメインで行いつつ、
モデルも抱えているので芸能事務所も事業としています。
様々なタイプのモデルを抱えており、ファッションショーからアニメのコスプレイベント、
撮影会などのイベントプランニングも行っています。
現在部下は2人いて、2人とも恋愛コンサルタント時代からの繋がり。
1人が集客専門、もう一人がイベント企画と営業を兼ねてやっている状況です。

今の立場に立つようになって、大きく以前と変わったなと感じる点は熱量の違い。
恋愛コンサルの時も一生懸命やっていたのですが、
パートナーとは少し温度差がありました。
でもここでは全員が本気で仕事をやっているという感じ。
だから私も助けられることが増えましたし、
私も出来ることであれば助けてあげたいという思いはより強くなりましたね。
経営者という立場に立って大変になったと思われるかもしれませんが、
非常に良い関係性の中仕事出来ているなと感じています。

また、この会社の良い点はスタッフの繋がりが豊富で、日々誰かしら新しい顔と出会えること。
知らない人がオフィスにいても挨拶から始まり、共通点を見出せば話はすぐに盛り上がります。
その出会いが仕事へ繋がっていくこともありますから、
これからも出会いは大切にしていきたいですね。

アニメイベントからファッションデザインまで…狙うは海外進出!

今後については担当しているアニメイベントで海外進出を狙っています。
有名なことですが、フランスなどのヨーロッパでは日本のアニメは物凄い人気があります。
アニメから日本に憧れて来日してくる外国人もいるほどですから、
ニーズは十分にあると考えています。
来年中にはアジアに進出し、ヨーロッパへと展開していきたいですね。

個人的に力を入れていきたいことは、
自分でデザインしているファッション関係の強化です。
元々私はファッションが大好きでたくさんの洋服を買っていましたが、
私のスタイルに合った服が少なかったのが悩みの種でした。
海外の洋服もデザインが好きで買っていましたが生地や縫製などが粗いのが難点でした。
よくパーティーに行くので、シンプルかつエレガンスに見えるドレスをよく着ていたのですが、
日本のドレスというと派手でギラギラしたものばかり。
夜のお仕事っぽく見えてしまうことが不満でした。
そこで自分の気に入った服を作ろうと思って洋服のデザインを始めました。
私のようにグラマー体系の人でもセクシーに見えながらも
シンプルなデザインの洋服をこれから発信していきたいと思っています。

長所を伸ばし、短所は仲間でカバーする!

私が大切にしてきたのは人との人間関係。
ギブアンドテイクではなく、ギブアンドギブの精神で人に与えられる人になりたいと思ってきました。
短期間でお金を儲けても信頼できる仲間だったり、人間性などが備わっていなければ会社は長く続きません。
それよりも信頼できる仲間と共に長く続く会社にしていきたいと思っています。

仕事も人間性もバランスが取れている方が
望ましいと考えられていますが、私はそう思いません。
人間は誰しも長所、短所があるのが当たり前ですし、
短所を無理に伸ばそうと思っても辛いだけ。
私は仕事でも同じことが言えると思っていて、一緒に仕事をする、
会社で働くというのは出来ないことをカバーし合える仲間と働くということだと考えています。
社長だって出来ないこと、知らないことはたくさんありますし、
完璧な人だけが経営者になれるわけではありません。
スタッフに助けられて仕事をしてきていますし、
逆に私しか出来ないことでスタッフの苦労をカバーしてあげられたらと思います。

大きな成功の裏には必ず小さな努力があると思いますが、
目立たない人の仕事こそ目を配って褒めるようにしています。
会社経営は一人で出来るものではありません。
これから働き始める人も、また自らが社長を目指している人も、
周りの人を大切にする人であってほしいなと思います。

LINEで送る
Pocket