ループ・コンサルティング株式会社 代表取締役社長 内田 直樹


LINEで送る
Pocket

代表取締役社長 内田 直樹

代表取締役社長 内田 直樹

設立 2014年12月
事業内容
    • オリジナルアートの製造販売
    • アート工房の運営
    • イベント企画、運営
    • オリジナルブランドの開発
    • ECOコンサルティング
    • クラウド安心カメラの販売
会社HP http://www.loop-consulting-group.com/

「その場で喜んでもらえる」を実現するために

起業するまでの10年間は営業をしていました。
金融商品から始まり、不動産などの高額商品も扱いました。
若い時はとにかく稼ぎたい一心でしたから、やればやっただけ自分の財布に跳ね返ってくる営業の仕事に夢中でしたね。

ところが、次第に年齢を重ねてくる内にそんな生活と仕事に疑問を感じるようになってきたのです。
当たり前ですが、会社が利益を出すためには少しでも多くのお金を集めなければいけません。
考え方は様々ですが、誰かが利益を出しているということは、その過程で誰かが損をしていること。
グレーな仕事、ブラックな仕事でお金儲けをすることは簡単です。
ホワイトな仕事で正々堂々と勝負することに意義があるように思えてきたのです。

そしてコンサルティング会社に転職、年収は一番稼いでいた時の3分の1まで落ちました。
それでもコンサルティングの仕事は結果が見える仕事で、クライアントにも喜んでもらえる仕事です。
「頼んで良かったよ」「ありがとう」という言葉をたくさん頂くことができて、
「もっと喜んでもらいたい」「その場で喜んでいただけるようなものを作りたい」という思いを果たすため、
やりたいことをやりたいようにできる、独立という道を選びました。

 小さな喜びから大きな喜びへ

もともとやっていたのはLEDなどの照明のコンサルタント。
お客様は飲食店系の店舗様がメインでした。
そこでもっとお客様に喜んでもらえるモノはないかと思って探していた時に出会ったのがエエッチングアートでした。

特に目についたのが無地のグラスでした。
一番お客様の手元に渡るモノなのに、同じグラスでは面白くない。
「ここに店名を入れることが出来たら…」店名にはそれぞれの思いがあり、いろいろな所に店名を入れることで、
創業時の気持ちを忘れることがなく、お店としても良い宣伝になると思ったのです。
それからはサンドブラストという加工技術にも出会い、グラスだけでなく、
店の備品などあらゆる物に名入れが可能になり、今の状態になったのです。

コンサルティングという社名がついていますが、今ではこうした小売りの比重も大きくなってきています。
流れではネットや電話・メールだけで完結してしまうシステムですが、
「打ち合わせ」と「手渡し」には特にこだわっています。
打ち合わせはエッチング商材だけに限った話ではありません。
LED電球においても、弊社では多種多様な種類を取り扱っています。
色味、サイズ、価格など、絶対満足していただける自信があります。
そのため、「お客様が何を求めてるのか」徹底的に探り出し、お客様に合った一番良いものをご提案しております。

また、手渡しにこだわるのは、お客様が喜ぶ姿をすぐに見たいからです。
後からお礼の電話やメールをいただけるのももちろん嬉しいのですが、表情を直に見ることに勝るものはありません。
非効率、不利益な方法かもしれませんが、喜んでもらえるためには今後もこの2点にはこだわっていくつもりです。

 子供たちに感動の場を与え、オンリーワンの企業へ

そして、ガラスアート教室を始めとする、各種教室の運営も行っています。
アートジェルを使って作る、ジェルフラワー教室もそう。
グラスの中にジェルを流し入れ、固定化するだけのアレンジメントフラワーですが、
誰でも簡単に出来、色も付けられるので、感性を磨く練習にもなります。
こうした教室を通じて、子供たちには早くから物を作る喜び、
綺麗なものに触れて欲しいという思いが込められています。

また今後のビジョンとしてはよりオンリーワンにこだわっていきたいですね。
スピーカー付きのLEDや取り外すと懐中電灯になるLED電球など、変わった商品ラインナップには自信があります。
加えてエッチングやガラスアートなど、弊社でしか提供出来ない技術、
アート商品のラインナップももっと充実させていくつもりです。

それもこれもお客様の喜ぶ姿をもっと見たいという思いだけです。
「こんな物があったんだ!」
「こんなことが出来るんだ!」
という驚きとワクワクをお届け出来る、そんなどこよりもユニークな会社であり続けたいと思っています。

 感性を磨くこと

最後になりますが、弊社では今新しい人材を募集しています。
ただ、誰でも良いという訳ではありません。
条件としては人に喜びを与えることに、喜びを感じられる人。
喜びを与えられるということは、相手の気持ちを理解出来ることです。
つまりは「人の喜怒哀楽が分かる人」ですね。

当たり前ですが、自分が「嫌だな」と思うことは相手にもすべきではありません。
逆に自分がされて「嬉しい」と感じることは、どんどんすべきだと思います。
重要なのはそういった感性が豊かであるかどうかだと思います。
そういった感性は幼少期の育ち方などにも左右されますが、
大人になってからでも映画、本、絵画など芸術作品に数多く触れることで養われていきます。
先述しましたが、弊社がアート教室を提供しているのも少しでも多くの方にアートに触れてほしいからです。

また「相手が求めることをしてあげる」ことが営業の基本だと言います。
つまりそれは相手を喜ばすこと。
私が独立して一番やりたかったことです。
お客様に喜んでいただけるのであれば、既存の事業にこだわるつもりはありません。
「これだ!」と思う物があるなら挑戦してもらって構いませんし、会社としては応援していきます。
独立心旺盛な方、新しいことに挑戦したい方、そして何より人を喜ばせるのが好きな方。
ループ・コンサルティングはお待ちしています。

LINEで送る
Pocket