株式会社ロッキーシステムズ 代表取締役社長 大岩 諭


LINEで送る
Pocket

代表取締役社長 大岩 諭

代表取締役社長 大岩 諭

設立 2014年12月
事業内容
    • 「バータードットコム」の企画・開発・運営
    • デジタルマーケティングサービスの提供
    • リスティング広告・SEO(検索エンジン最適化)サービス
    • Web解析サービス
    • インターネット広告
会社HP http://www.rocky-systems.co.jp

広告を出す側と受ける側のミスマッチをなくしたい

起業については大学時代から考えていました。
だから就職活動も起業を見据えて一番成長出来そうな企業を選択。
大手中古車買取販売業者で主に広告担当として働きました。

その後インターネット広告代理店を経て会社設立に至った訳ですが、
その間ずっと広告を出す側の難しさを感じていました。
その難しさとは広告を見るユーザー側と広告主側のミスマッチについてでした。

例えばある企業が一つの広告を打ち出すとします。
多くの広告は認知させることが目的なので、
不特定多数の視聴者、読者に向けて発信されます。
と、いうことは全く内容に興味のない人に宣伝してしまう可能性も十分にあるということです。
当然、広告費だってタダではありませんから、広告を出す企業側も効果を期待したいですよね。
「もっと広告を必要とするユーザーにピンポイントで広告を打ち出すことが出来たら…?」
その思いを実現するために独立しようと思い立ったのです。

ピンポイントな広告配信をサポートする「バータードットコム」とは?

弊社の自社メディアである、「バータードットコム」は
ユーザーから利用者情報を取得することで、
よりユーザーに沿った広告配信が可能になりました。
また、広告配信料の一部もユーザーに還元される受身型のポイントがたまるポータルサイトのため、
気になる広告やバナーをクリックしなくても、表示されるだけでポイントが貯まっていきます。
アフィリエイトや契約手続きなど面倒な手続きは一切ありません。

またバータードットコムで提供されるサービスは
ブックマークと利用頻度の高いサイト一覧の二つだけ。
シンプルさにもこだわりました。
最初に一問一答式の質問が投げかけられていくので、
その質問に答えていくほどより細かな情報が登録され、
ユーザーの興味、嗜好性にマッチした広告が表示されるという仕組みです。

ユーザーとしては自身に不必要な広告が表示されませんし、
広告主としては対象となるユーザ-にピンポイントで広告を打ち出すことが出来るため、
双方に利点があるサービスです。

貯まったポイントは現金に換金も出来ますし、AmazonギフトやiTunesギフトでも使用可能。
さらには今後ポイントを寄付することで社会貢献にも繋げられる媒体へと進化していきます。
普段のインターネット閲覧をバータードットコムから行うだけでポイントが貯まっていくため、
誰でも手軽に始められる点も魅力だと思います。

お互いにメリットがあることこそ、バータードットコム

先述しましたが、バータードットコムの強みは受身型という仕組み。
この使いやすさ、手軽さを武器として1年後までには1万ユーザー獲得を目指しています。
同時に、さらにユーザーが求める広告と広告主側のマッチングの質も高めていきたいと思っています。

表示された広告に対して積極的なリアクションを
とっていただけるユーザーに対しては、
その分多くのポイントが貯まるような仕組みでありたいですし、
逆に言えばそういった積極的なユーザーを
もっと増やしてくことがこれからの目標です。
そのため、登録情報をもっともっと細分化したり、
趣味、嗜好性が分かりやすい質問を工夫するなど、
改善の余地はまだまだあると思うのでそのあたりでも
もう一つ完成度を上げていこうと思っています。

バータードットコムという名前の通り、
とにかくお互いに得をする関係性を築いていくことに注力しています。
例えばある一人のユーザーさんに複数の広告主が
興味を持って広告を出したいと思っているとします。
ただ、全部が全部広告を出してしまうと表示される広告数も多くて
ユーザーからしても訳が分からなくなる可能性も。
そこで、対策として考えたのが入札制度です。
一人のユーザーに対して広告を出したい企業の数がある定数を超えた場合、
広告主側で入札をしてもらってどの広告を出すか競ってもらいます。
そして落札した入札額によって、その分ユーザーにもポイントで多めに還元。
ユーザー側も恩恵を得られるような形をとっています。

また現時点ではとにかくユーザー数を増やすことが急務。
そのため幾つかの代理店とも契約を結んでいますが、
その社員の割合によって月額のマージン額も変動するような仕組みをとっています。
ユーザー、広告主、代理店、どこをとってもお互いが良い関係を構築していけることこそ、
長く続くためには大事だと考えているのです。

意識の高い人、求む

現在社員数は4名ほどですが、
ユーザー数の増加と共に会社規模も拡大させていくつもりです。
職種も、営業、プログラマー、制作など、幾つか種類があります。
求める人物像はそれぞれの職種によって変わってきますが、
総じて言えるのは意識の高い人。
言われたことをやるのはお金をもらっている以上当たり前です。
そこから先のプラスアルファを考えて動けるかどうかが本当の仕事です。

後は営業だったら多くの人と接してきたかや、
仲間が多いかどうかなどを重視して見ます。
逆にプログラマーであれば何か一つのことに打ち込める、
一芸に長けたスペシャリスト的な要素を持っている人かどうかなど。
会社というのは一つのチームですから、
色んな人を集めてお互いの弱い部分をお互いの得意な部分で補填し合う関係がベスト。
言ってみればこれもある意味バーター関係と言えるのかもしれませんね。

就職活動で大事だと思うのは目標を定めて逃げないことです。
私自身、学生時代に27歳で起業するという目標を設定してからその軸をぶらさずに動いてきました。
事実、単に目先のお金のことだけを考えれば他にもっと有力な就職先もありました。
でも、それよりも起業への思いがありましたから、
自分が最も成長出来ると感じた企業を選びました。
そして目標通り27歳の時に会社を立ち上げましたから、
その選択は間違っていなかったかなと思います。
一度の人生ですから是非後悔のないように、頑張って下さい。

LINEで送る
Pocket