株式会社スカイ・プロジェクト 代表取締役 入江政好


LINEで送る
Pocket

代表取締役 入江政好

代表取締役 入江政好

設立 2012年4月2日
事業内容
    • システムインテグレーション
    • WEBアプリケーションエンジニア
    • システム・アプリケーション開発
    • システム設計、構築、運用
会社HP http://www.skypj.jp/

よりよい環境を作る為

私はこの業界に踏み入る前に、放射線技師として働いていました。
IT業界に転職した当初は予備知識もなく、
経験を積むことも容易な環境ではありませんでした。

解らないことの連続の中、与えられた業務を必死に考えながら行い、
様々な経験を無駄にすることなく、力として吸収することができました。

しかしながら、
ITエンジニアの社会的地位はあまり高く評価されていないためが、
IT業界をリタイアする仲間の姿も多くみてきました。

その背景には、様々な問題があると思います。
私はITエンジニアの環境向上を目指しましたが、
行動しようにも一社員では限界を感じ、動けない日々が続きました。

解のでない日々の中、何時しか自分で作ってしまえばいいのではないか。
自分自身でもっとやりたいこと、実現できる環境を作ればよいと考えました。
このようにして、弊社、スカイ・プロジェクトは誕生しました。

人間力

弊社は、「人としての幸せ」を大事にしています。
経営理念の人間力になりますね。
これはITエンジニアの環境向上という観点からも必須だと思っています。

人によって感覚が違いますし、
やはり、仕事のことばかり考える生活は面白くないと思います。
また仕事だけでは人間として成長できません。

仕事だけではなく、プライベートも充実させることは、気持ちのゆとりに繋がり、
仕事だけでは見えてこない視点からの人として成長に繋がると思っています。

弊社は、「仕事と私事」。
この二つを両立させ、人間力を磨く場でありたいと強く思っています。

ただ、正直に言えば、口で言うほど簡単なものではないと思います。
メンバー一人ひとりが、自発的に、いま必要なことは何か、
どういう行動が必要かを感じ取り、考えて行動する。
メンバー全員の理解と協力が必要であると思っています。

メンバーを信じて、全員で、少しずつ成長し、全員が幸せになれる環境を作っていきたいです。
一歩一歩ではありますが、メンバー全員で目標に近づいていきます。

現在の軸足から新しいサービスへ

弊社が軸としている仕事は、システムの構築や運用、アプリの開発です。
しかし、それらの多くは、まだまだ小さいサービスしかできておりません。
現行のサービス向上、拡大も重要なことですが、そこから徐々にシフトし、
自社開発/構築をメインとした、世界への発信できるサービスを目指しています。

小さいところからのスタートを段々と大きなものとしていく。
このことを目指す状況下で、必要不可欠となる事の一つは若い力。
弊社は若い力の獲得という面でも力を入れます。

やる気さえあれば、その想い強ければ強いほど、逆風にも倒れず、
様々なことを吸収でき、二年もあれば第一線を走るような人物になれると考えています。

現在、リソース的な状況を考えると、
一つひとつを完璧にできていないところも事実です。
しかし、それならばそれなりの動きをするまで。
リソースが足らないからこそ、社員全員で知恵をしぼり、
新サービスを提供するように、一丸となって動くのです。

数え切れない困難があるかもしれませんが、
世界へ発信できるサービスを立ち上げるため、
一つずつ、社員一同でミッションにチャレンジしていきたいと思います。

教育に力点を置く

弊社の新機軸とするサービス達成のための必要不可欠な観点にもある様に、
弊社の目標の一つとして、若い力を常に育む会社でありたいと考えています。
教育という点において、弊社は他社にはない強みを持っています。

企業として、10年後、50年後、その先の未来を見据えた場合、
世代交代はかならず訪れ、今までの実績を含む弊社の歴史を継承せず、
そのたびに蓄えた信頼や知識、理念といったサービスレベルの劣化を起こしていては、
どうなるのでしょうか。

もちろん、形式的な教育制度の徹底、そのクオリティの面だけで見たら場合、
弊社では、まだまだ及ばない企業は少なくないです。

それならば、当社には、当社ならではのやり方があると思います。
若手の社員が成長できる環境を構築し、何度でも丁寧に育てること。
発案、調査、討議、実施、確認。すべてが、ホームメイドな状況の中、
社員全員にとっても良い勉強になっていることと思っています。

また、新たなる若い力が参入することは、
教えられる立場であった社員が、教える立場へと変わり、意識に刺激(化学反応)が起き、
社内の環境にも良い影響を及ぼすものと考えています。

現在、三年目に入った弊社。
そこには、一年目、二年目より安定した環境が生まれて始めている反面、
がつがつとしていた頃の空気は薄れつつあるようにも思えます。
若い力がそこに一石を投じる。互いに刺激を受けつつ、
よりよい会社の成長に繋げていきたいですね。

楽しくなければ仕事じゃない

教育の他に強みとなるのは、社員が目指している「ベクトル」です。
弊社が目標としていることの一つは、世界へのサービス展開になります。

しかし、ただサービス展開するだけでは弊社の目標としては及第点にはなりません。

そこには、メンバー一同で、ビジョンを共有しながら、ミッションに立ち向かう。
「仕事に対して情熱を持ちながら楽しめる環境」があれば最高ですよね。

日本人は今、仕事に対する「ワクワク」や「ドキドキ」するといった想いを
失いつつあるような気がします。

そんな中、弊社では「楽しくなければ仕事じゃない」という想いを
社員に持ってほしいと考えているのです。
そのためには、当然会社を楽しいと思ってもらえるような環境作りが必要です。
金銭的利益を追って目先のことにとらわれるのではなく、
同じベクトルを持った人間同士が、「ワクワク」し、
「ドキドキ」する仕事をできるように先を見据えていきたいと思います。

教えられる者が教える立場となり、その時教えられた者が常に次の世代へと継承していく。
この様なリレー方式の環境を作っていきたいです。
このようなビジョンをもとに、弊社は今後も進んでいきます。

楽しみたい人へ

今の時代は、「仕事に情熱を持てない環境」が沢山あると思っています。
それが日本の現実、流されやすい環境の中、
流れるままにやるしか仕方がないという声をよく聞きます。

私は思います。みんながみんな始めから目標が無かった訳ではなく、
情熱が無かった訳ではないと。

ただ、環境に恵まれていなかったり、
同じミッションを共有できる仲間巡りあわなかっただけであり、
目的を共有できる仲間と出会えることで、馴れ合いではなく、ベクトルを合わせ、
互いに自発的な行動をおこなうとき、人は果てしなく成長ができると思います。

自分がどうしてもやりたいことがあり、
だからこそ、この会社にきたと、そう言える人と共に働いていきたいですね。
そのような方には、本人、会社にとっても
その経験が財産となれるよう会社としても応えたいです。

”楽しくなければ仕事ではない。”

そして、仕事が楽しくなければ、プライベートだって楽しくありません。
誰かに言われたことだけをやっていたのでは、
本当の意味での成長とは決して手に入らないものだと思います。
仕事に対して、あるいはプライベートや、成長できない環境に対して、
今の現状に納得できない方も多くいるのではないるかと思います。

もし、そのような方が「楽しみたい」と思うのであれば、
ぜひ弊社に一度遊びに来てもらいたいです。
楽しみながら挑戦したい未来の仲間の方々、心より待っています。

LINEで送る
Pocket