シャフト株式会社 代表者 清水 健太郎


LINEで送る
Pocket

代表者 清水 健太郎

代表者 清水 健太郎

設立 2011年11月11日
事業内容
    • オリジナルジグソーパズル事業
    • スマートフォンアプリ開発事業
    • WEBサイト制作事業
会社HP http://www.schaft-japan.com/

高校教師から起業の道へ

起業する前は、高校で情報系の教師をしていました。
教育実習を経験してから、教師としての道のりを歩み続けていたのですが
2011年に会社を立ち上げ、現在に至ります。

もともと、大学在学中から独学でWebの勉強をしており、
個人でWebサイトの制作を請け負っていました。
しかし、個人事業主では仕事の幅に限界があることに気付き、
法人化してきちんと仕事を請け負いたいと考え、会社を立ち上げました。

もちろん、長らく情熱を持ち続けていた教師としての仕事も継続したいと考え、
今でも2つの大学で非常勤講師を続けています。
大学や幼稚園などの教育機関のWEBサイトの制作を請けることもあり、
自分の得意分野をうまく組み合わせた仕事をすることができています。

「迅速・丁寧・高品質」

当社の社是は、「迅速・丁寧・高品質」です。
世の中には、価格勝負で競争する企業もたくさんありますが、
当社はたとえ少し値が張ったとしても、
「よいもの」をお客様に提供することにこだわっています。

しかし、商品がどれだけ高品質だとしても
スタッフの対応が不親切だったり、時間がかかってしまったりしていては、
お客様は離れていってしまいます。
「迅速・丁寧・高品質」の3本柱が揃って初めてお客様の満足を得ることができるのです。

提供するサービスは変わっても、
この3本柱だけは常に忘れず今後もこだわっていきたいと思っています。

世界にひとつだけのジグソーパズル

他社との差別化を図るために始めたサービスが、
「オリジナルジグソーパズル制作」です。
差別化を図るため、あらゆる他社サービスを徹底比較した結果、
2年前からこのサービスを主力として開始しました。

今日に至るまで売り上げは右肩上がりで増え続けています。
お客様のお手持ちの写真からパズルを作るため、
世界にひとつのオリジナルパズルとしてギフトや記念品としても人気です。

さらに他社と差別化を図るため、私が得意とするスマホアプリ制作のノウハウを生かし、
ARオリジナルジグソーパズルを開発しました。

パズルの裏面に、QRコードが印刷された証明書をデザインし、
QRコードを専用アプリで読み取ると、文字が浮かび上がり、BGMとともに動き出して見える、
というAR(拡張現実)機能を搭載しました。
お客様が事前に設定したメッセージを浮かび上がらせることができるという、
世界初のジグソーパズルです。

「どうせ仕事をするなら、楽しくやりたい」というのが私のモットーです。
オリジナルジグソーパズル制作は、自分も楽しめるしお客様にも喜んでもらえる、
かつ他社とは違ったサービスを提供できる、という要素が揃っています。

クリスマスや卒業式、結婚式など、季節の行事ごとに重宝されており、
世界にひとつだけのオリジナルのものを提供できるという意味では
他社との差別化になっていると思います。

今後のビジョンについて

昔も今もこれからも、最も大切にしなければならないのは、
「迅速・丁寧・高品質」の3本柱をベースにして、
お客様に笑顔をお届けすることだと考えています。
お客様にご満足いただけるよう、最大限の努力をすることが我々の仕事です。

また、現在はとある目標のため、日々スキルを磨いています。
資金を貯め、10年後をめどに夢の実現をさせられるよう、勉強の毎日です。

夢を失うことだけはないように。

私自身が、こうして夢の実現に向かって努力している以上、
ともに働く社員にも同じように、誰に言われなくとも自分の夢や目標を持ち、
自分自身でその達成に向けて努力できるようであってほしいと思っています。

与えられた人生、ただ何となく時間を過ごしているだけではもったいないと思います。
会社に入社することを目標とせず、その場所で何をやるか、という目的を早い段階から
明確にすることが重要なのです。

もちろん、長い人生の中で、目標とすることは変化していくことでしょう。
しかし、目標が変化することはあっても、失うことだけはないようにいてください。
大事なのは、常に目指すものがあるということです。

LINEで送る
Pocket