代表取締役社長 田村 佳克

代表取締役社長 田村 佳克

設立 2009年9月
事業内容
    • ホテル・旅館の再生業
会社HP http://www.wro.co.jp/

ホテル・旅館の問題解決者


事業内容はホテル・旅館の再生事業をおこなっています。
この業界は旧体質で運営しているのが多く、
まだまだ改善していかなければいけません。
宿泊して頂くお客様の為にも、大切な時間を過ごして欲しい。
一人でも多くの方に喜びを与えたい。
改善、再生させることにより地域の活性化を行い、
従業員様の幸福を追求していきたい。

昨今の市場環境を受け、運営に特化した問題解決者として、
2009年に再生事業を開始しました。

先述にもお伝えしましたが、リーマンショック、東日本大震災の影響もあり、
現在のホテル・旅館の環境は厳しい状況です。
問題解決の方法は様々ですが、自社施設で培った運営、集客ノウハウから
運営受託や運営コンサルティングの手法を駆使し、ホテルの収益性の改善に効果をあげています。

2014年現在は9か所のホテル・旅館を実際に我々が運営を行っています。
その他にも数多くのホテル・旅館から相談を受けており、経営再生のニーズは近年増加しています。
お客様の期待に応える為にも、我々はもっと成長していかなければなりません。

ベンチャースピリットを大切に

成長していかなければいけないと言うことは、
会社として若い人間にチャンスを与えて経験させる事が必要。
ニーズがこれからも増えていく事を考えると、会社は必然と成長していきます。
会社の成長の為には社員の成長が比例していかなければいけない。
社員の成長なくして企業の発展はありません。

私自身36歳で役員になり、38歳で社長を任されましたが、
会社の社風もあり、他社と比較しても圧倒的に成長が出来る環境であることは間違いありません。
実際、新卒で入社した三年目の社員に責任者を任せてみようと考えています。
最初から成功するとは思っていません、
しかし、失敗の経験を生かしていかなければ成功にたどり着けないと考えています。
向上心をもち、経営者志向の方は我々と一緒に活躍ができるはずです。

ワールドリゾートオペレーションは株式会社リロ・ホールディングのグループ会社であり、
東証一部上場企業ですが、どれだけ規模が大きくなっても
マインドはベンチャー企業として挑戦しています。
「イエスだけ答える人」では成長できません。
大手さながらの組織の固さではなく、社長の私にどんどん意見を言ってくる。
直ぐに実現することは難しいとは思いますが、
「自分はこうありたい!」「もっとこんなことがしたい!」
フランクに意見が言える組織を理想としています。
ベンチャースピリットを無くせば、成長も発展もしないと思っています。

次世代育成 「駅伝経営」 会社は海賊船


次世代を担う人材を育成していく為に、「駅伝経営」という考え方があります。
これはつまり、駅伝のように自分の任された区間はしっかり走り抜いた上で、
次の人にタスキを渡すところまでがその人の役目であるということです。
全てを自分自身が全力で走るマラソンではなく、
皆で助け合い、1区ずつを必死に頑張る、
タスキを継承していくという考え方が重要です。
その魂を次の人に受け渡すこと。
今後の私の仕事は次世代をしっかり育成を行い、
幹部となる若い人材の育成が大切となってきます。

我々の場合はベンチャースピリットをもっとも大切にしているため、
一方で私と同世代で平社員に留まっている人もいます。

ワールドリゾートオペレーションを例えるなら「豪華客船」ではなく、「海賊船」。
実力さえあれば海賊船に年功序列は関係ありません。
本人がやりたいのか、やりたくないのか、覚悟をもつことが大事です。
手を上げればチャンスが貰える。

周りから見れば大企業とみれますが、
ベンチャーマインドをしっかり持ち、豪華客船に乗りたい人ではなく、
「海賊船」に乗る事の方がワクワクする。
その様な方を求めています。

挑戦、再挑戦

仮に結果が出せなければ無論降板ということはありますが、
特徴として、再挑戦をさせる社風があります。

一度熱くなった心を冷静にすることで何を学ぶか、
今後どのように成長するかということを考えて欲しいという我々の方針が表れています。

失敗した後が大切なのです。
一度失敗したからチャンスを与えないということはしません。

自分がなりたい姿をイメージが出来たら、可能性を広げる為にたくさん経験をしてほしい。
会社の規模が安定しているからこそチャレンジが出来るのです。
成功するまで努力をすればその方に対して評価は必ずします。

自らの成長を勝ち取りたいと考えるような人間であること。
努力するための理想を決して忘れない人。
創意工夫と成長への意思を持っている方は社長にだってなれるし、なりたい自分になれるのです。
それは言葉だけはでなく、しっかりとした規模と結果を残せているからこそ伝えられるのです。

安定と革新、常に成長ができる、やりたいことができる会社


周りから見れば大手企業としてみれますが、
それだけではなく、常に失敗と成功を経験しながら
今でも成長することを忘れないベンチャー企業です。

どんな会社にも引けをとらない確かな基盤があります。
その様な環境だからこそ、失敗を恐れず仕事ができるのです。
問題に臨んで自分のやるべきことを発見し、
自分のやりたいことを実現する。
その過程を通して大いに成長することが出来るのです。

我々の会社では従業員の持ち株制が普及しています。
会社のオーナーであるという責任感が強くなる事で、自分自身で会社の実績を挙げれば
株価も上がり、自分の資産を増やすことが出来る。
お金も勿論大切になってきますが、それだけの為に働くのではなく、
自分の切り口で自分の可能性を発見し、それを開拓していくことが出来る会社です。

ホテル・旅館の再生事業はまだまだ無限の可能性を秘めています。
中身が無いところからお客様の事を考え、
従業員の皆様が充実して仕事が出来る様に中身を増やしていく。
地域の活性化や経営者的な思考を持っている人であれば、
理念に共感して頂けると思います。

仕事に対して何がやりたいか?
あなたは何を望みますか?
やりたいことをやらせてくれる会社、それこそ我々が目指す会社のあり方です。
ベンチャーマインドを強く持ち続ける、
ベンチャー企業としてワールドリゾートオペレーションをみてください。

豪華客船ではなく、大きな海賊船の中で海賊船の乗組員として荒波に進んで身を投げ入れ、
成長意欲を高く持ちながら働きたいと考えている方は、
是非入社を希望して下さい。