株式会社グッドフェローズ  代表取締役社長 長尾泰広


LINEで送る
Pocket

代表取締役社長 長尾泰広

代表取締役社長 長尾泰広

設立 2009年3月6日
事業内容
会社HP http://www.goodfellows.co.jp/

転職を繰り返して気づいたこと

「何かを成し遂げたい」
――10代のころは、漠然とそう思いながらも
実際に何をすればいいのか分かりませんでした。
高校卒業後、映画監督になろうと大阪の専門学校に通いましたが、
自分よりずっと才能がある人たちを見て、
1年であきらめて富山に戻ったこともあります。
昔から勝てる勝負にしか全力を出せない人間だったので(笑)
運動音痴が、イチローに野球で勝てないじゃないですか。
つまり会社を立ち上げるまでの僕は、
自分が勝てる可能性があり、
且つ、使命感を持って、全力で打ち込めることや、理想の環境を、
ずっと探していた気がします。
専門学校をやめてからも、
工場で3勤交代のバイトをしたり、
21歳で地元の大学に入ったりしながら彷徨ってましたが、
結局答えは出ずじまい。
そのまま何となく社会に出て、営業職につきました。
負けず嫌いの性格も手伝って、
トップクラスの成績を残すなど、それなりに結果は出してましたが、
これは自分のやる事ではない、自分の理想の環境ではないと思うと
迷わず辞めては転職を繰り返してました。
そのなかで感じたのは、
「理想の環境は自分でしかつくれない」
ということです。
そこで、2009年3月、
前職でのITのノウハウを活かして
高校時代の同級生と前職の仲間とともに、
完全ノープラン、勢いだけで
(株)グッドフェローズを設立しました。
「理想の環境」は確保できたので、
残る課題は、「使命感のある仕事」でした。

使命感ある仕事との出会い

使命感を持って打ち込めることを日々考え、出た結論が
ITを活用した再生可能エネルギー業界への参入でした。
その中で最初に選んだのは、
国や県など行政から補助金が支給され、
急成長の兆しを見せていた太陽光発電です。
成功するかは未知数でしたが、
前々職で太陽光をかじっていた事や
前職でのIT業界での経験が生かせるのではないと考えたのです。
また、昔から地球温暖化問題の解決に自分ができることは何かないか、
と考えていた事も
決断を後押ししてくれました。
太陽光発電は、
原発問題もあり今でこそずいぶん注目されるようになりましたが、
当時は訪問販売が主流で、
中には法外な値段で売る悪徳業者も多く、
まだまだオープンではありませんでした。
そこで、ユーザーが各販売企業の見積りやサービスを比較検討できるサイトがあれば、
業界改善に繋がるのではと思い、
価格比較サイト「タイナビ」を立ち上げました。
結果、価格の適正化に大きく貢献できたと実感しております。
先日も訪問販売で契約したエンドユーザー様からご相談の電話があったのですが、
契約金額を聞くと法外な金額だったので、
適正相場をお伝えするとショックを受けられてましたね。
クーリングオフ期間だったのが幸いで、
とても感謝して頂きました。

IT×リアルビジネスで独自のポジションを確立

タイナビは、ユーザーだけでなく、
販売企業様にとても必要とされるサイトになっていると実感しております。
タイナビが生まれるまでの業界は、
訪問販売か電話セールスが主流で、
“宝探し”みたいな営業スタイルでした。
その点、タイナビでは顧客リストが自動的に手元に送られてくるため、
購入見込み客を獲得する上で
非常に強力な集客ツールとなります。
「効率的な営業スタイルに変えることができた」
と多くの企業様からご支持頂くことができ、
今では全国500社の企業様にご登録頂いている
国内NO1のサイトまで成長しました。
また、500社の企業との繋がりを生かし、
当社では太陽光発電システムとその周辺機器の卸販売を行っております。
自社内にはCADを使ってシステム設計ができるスタッフも在中しており、
設計、見積、機器の提供までワンストップでサービスを提供しております。
太陽光発電は深い専門知識を必要とする業界なので、
卸事業を始めた当初は、
「単なるネット広告屋」という対応をされ、
悔しい思いをしたことも多々ありました。
ただ、自分達の知識のなさを真摯に受け止め、
時には作業着を着て施工現場スタッフとして1日体験をさせて頂き、
部材の一つ一つを覚えていく中で、徐々に知識もつき、
少しずつ「業界人」として認めて頂けるようになりました。
そして、今ではIT(顧客集客)×リアルビジネス(システム機器提供)という
独自のポジションを確立していると自負しています。

IT×リアルビジネスにて次世代エネルギーへのシフトチェンジを

(株)グッドフェローズの目指すところは、
「インターネットを通じたエネルギー革命の実現」 です。
再生可能エネルギー業界は
今後も成長分野だと確信しています。
その中で、今のポジションを確立しつつ、
風力や地熱、蓄電池、HEMS、リフォーム、不動産業界などに参入し、
地球環境への貢献を目指していきます。

キーワードはやはり、
IT×リアルビジネスです。
当社は基本、IT企業ですが、
常にウェブサイトをプラットフォームとした、
リアルビジネスを意識しています。
先ほども言いましたが、リアルに精通することによって、
「ネット業者」から「業界人」に生まれ変われると思っています。
そういう意味で今後は、
自然エネルギーを中心とした環境業界各分野のエキスパートとなり、
最終的には包括的な意味合いでの再生可能エネルギー業界の旗手になるのが目標です。

気のいい仲間たちと最高の仕事を

スタッフは現在、僕が心から誇りに思っている精鋭18名。
仲間と立ち上げた会社ですが、
“仲良しこよし” のなれ合った関係ではなく、
常に本気で意見をぶつけ合い、一人一人が責任感を持ち、自ら考え、
自主的に仕事に取り組んでいます。

「気のいい仲間たちと最高の仕事を」。
グッドフェローズという社名はそんな想いが込められています。
人生の大半を仕事に費やすのであれば、
「仕事を楽しむ」を大事にしたい。
そのためには、「いかに儲かるか」ではなく、
「誰と仕事をするか」が大事と考えています。
そのため、当社の採用基準の9割は
「この人と働きたいかどうか」です。
取引先に関しても
「この担当者と仕事したい」「この会社と付きたいたい」
を重要視します。
結果、仕事を楽しむことができ、
新しい価値観、社会的価値の創造に繋がると信じています。

おかげさまで、前期売上は前年度比で500%成長を達成することができましたが、
最大の要因はこのスピリットを大切にしてきたからだと思っています。

目の前のことを一生懸命やれば役割がみつかる

事業拡大にあたり、
現在、営業職、エンジニア、デザイナー、管理系の人材を募集しています。
経験は必要ですが、採用の基本は人物重視。
能力よりもむしろ、
向上心やポテンシャルがあり、
当社の社風に共感できる方を求めています。
当社のようなベンチャー企業では、
一人一人が担当する業務内容は幅広く、
成長していける環境が整っています。
また役職というポジションをゲットできるチャンスもたくさんあります。

ベンチャーで成長したいという人には、
最適な環境だと思いますよ。

LINEで送る
Pocket