株式会社エムエスピー 代表取締役 植草美幸


LINEで送る
Pocket

代表取締役 植草美幸

代表取締役 植草美幸

設立 平成7年4月
事業内容
    • 結婚相談業
    • 人材育成のための教育事業
    • カウンセリング並びにセミナーの企画及び運営業務
    • 労働者派遣事業・有料職業紹介業
    • 上記に付帯する一切の事業
会社HP http://marrymeweb.com/

家族全員実業家

うちは両親をはじめとして、
それぞれ扱うものやサービスは異なりますが、
家族全員が実業家なんです。
長男は建設業、長女はバレエ教室を、私が3番目で、4番目は開業医をしています。
私達兄弟は、実業家の両親の背中を見て育ってきたため、
人に雇われて働くという考えは全く無かったですね。
幼い頃の私は凄く大人しく、小学生の頃は控えめな子でしたが、
その後の環境で変わりました。
中学校・高等学校は、進学校の医学部付属の私立中学校へ行きました。
それまでは田舎で塾に行くわけでもなく、家庭教師が週に何度か来ていましたが、
ずっと勉強をしなくてもトップで居られたため、
競争という事を知らなかったんですね。
そういった状況の打開策といいますか、
尻を叩くように両親は兄弟を競争させていたんですよ。
後に自分が子供を持った時に、
親の育て方でこうも変わるものなんだなと感じさせられましたね。
だから兄弟が多い方が、
親から自分を見てもらいたい、褒めてもらいたいという意識が強いのではないかと思います。
結果的にその競争の中で切磋琢磨する事が、
それぞれの才能を開花させ、
能力を伸ばしていくという事に繋がったのではないかと思いますね。

独創的なビジネスをするために

私のスタートはアパレルの販売員です。
後に店長を経験し20代で管理職となり、
東京と大阪の50数店舗を総括、マネジメントを行ってまいりました。

当時は会社の社長に、
事業拡大のための話しを持ち掛けたり、色々と提案をしてみるものの、
社長は「これ以上会社を大きくしたくないし、このままで良い。」
といった具合で、
事業拡大に興味を示す事はありませんでした。

であれば、私の上には社長しかおりませんでしたので、
これ以上は無いという事で独立したのがきっかけです。

もともと人に使われる事には慣れていなかったですし、
上から指示されるのも苦手でした。
そこで、自分で独創的にオリジナルなビジネスをやりたいと思ったんですね。

私はそのアパレル会社で10年のキャリアを積んでいます。
本来であれば、もう5年早くても良かったのですが、
会社を創るのには2000万円のキャッシュが必要だったため、
資金を用意する時間も必要でした。
そして2000万円の資本金が用意出来た時点で、
晴れて独立を果たしました。

販売代行を支えるための結婚相談所

始めは販売代行業でアパレルメーカーさんと契約をして百貨店などに入り、
販売代行の売上に対して何%という形で利益を出してきました。
しかし時代の流れで、百貨店の売上がダウンしてきた事から限界を感じ、
人材派遣業を始めました。
大手企業に正社員で人を紹介する紹介事業で、
数年は凄くうまくいっていたのですが、
リーマン・ショックで非常に厳しい状況に直面し、会社としては6割を縮小。
一旦会社を辞めようか悩んだ末、
もう一度頑張ってみよう!となり、
そのためには異業種をという事で、
何がお金になり、自分の能力は何かを色々と考えていました。
そこに社員の一人が
「そういえば社長って仲人をやっていましたよね。」と一言。
プライベートででしたが、
友人や親戚など30組位結婚に導いてきたんですよ。
それで仲人をビジネスにして行けば良いのではと思いましたね。
どの道、同じ時間を費やして働き苦労するのならば、
好きで楽しい方が良いじゃないですか。
他の選択肢もありましたが、
最後に辿り着いたのが結婚相談所で、
2009年にマリーミーを設立致しました。
販売代行の穴埋めをしようと始めた結果が、
今では本業を超えるまでとなりました。

倍々での成長を

結婚相談業は全くの未経験で始めましたが、
自身が10数年間、会社経営者として人材派遣や様々な経験を積み、
もっと今の時代と合理化が出来ないかと、
自分なりに編み出したものが現在のスタイルです。

まず、この業界に入って驚いたのが成婚率の低さです。
そこで私がやりたかった事は、成婚率を上げる事。
そのために必要な戦略を持って確実に実行し、
他の相談所に不足している部分を補ってきました。
結果的に、それが現在の高い成婚率に繋がっているわけです。

他社との差別化を図る要因としては、
どれだけ自分の仕事にポリシーを持つかというところですね。

現在、社員に私と同等に勝負出来るようになって欲しいという思いもあり、
会員様を成婚させる事を競争しています。
今はその模範として、自身の姿勢を見てもらっているところですが、
将来的には私を抜いて活躍してくれる事を望んでいます。

弊社の社員には、常に愛情を持って会員様に接するようにと伝えてありますので、
会社に対しても深い愛情を持つ事が、
弊社の社員には必要不可欠ですね。

今後の組織展開としては、
1年毎に倍々で成長していく事を目標とし、
更なる事業拡大と成婚率の実現に務めていきたいと思っています。

日本一の結婚相談所

結婚相談所を始めて1年半ほど経った時、
テレビ番組で日本一の仲人さんにお会いし、
その時に日本一の彼女のやり方を見ました。
その後に彼女と仲良くなった際に、
「日本一になりたいなら猿マネをしなさい。」
とアドバイスをいただき、
知名度は追いついてきたので、
次は売上の部分で日本一を目指しているところですね。
また、間違えた婚活をされている方々が非常に多いので、
一人でも多くの方々に正しい婚活を知ってもらい、
無駄な時間や労力、お金を使って欲しくないと思っています。
この事からも、婚活は戦略的にしていかなければなりません。
テレビや本でもその事については、抽象的ではなく具体的にお伝えしています。
今後は少子化が進み、50年後には日本の人口が約8000万人になるといわれ、
このままの状況では将来8~9割がお年寄りで、
第二次世界大戦ほどの人口になる計算なんですよ。
ですから、少子化対策という点も含め、
自分の出来る範囲でですが、
婚活を通して社会に貢献していけたらと思っています。
特に若い世代の方々には、
結婚についてきちんと考えて欲しいという意味で、
恋愛学を教えていきたいと思っています。

夢を目標に

良い学校に入って、大企業に入社してという発想は無くした方が良いです。
その点、中小企業では仕事が広範囲に及びますので
型にハマる事が少なく、多くの経験を積み重ねる事で、
人として大きく成長出来ると思います。
また、起業して自分で何かをやる場合は
自分の思い通りの事が出来ますし、
頑張れば頑張っただけの成果が跳ね返り、
手を抜けば潰れます。
信頼出来る仲間を見つけて共同事業をしたり、
自分で起業するのは良いですが、
夢を持っているだけでは駄目です。
夢は夢で終わらせず、
何年後にこういう仕事がしたいという具体的なプランを立てる事です。
例えば、社長になりたいと思っていても、
実際になられている方はどれほどいらっしゃるでしょうかという事です。
更には、企業の5年生存率も15~20%と極めて低く、
約80%が廃業している状況なんですね。
ですから、具体的に何がお金になり、事業として成り立たせられるのかを見つけ、
規模や資金といった地に足のついたプランを立てるのです。
お客様が居なくて始める方が多いですが、
そうではなく先にお客様を作り、見つけておく事ですね。
夢は実現すべき目標として、
チャレンジ精神を持って冒険して欲しいと思います。

LINEで送る
Pocket