株式会社WEBマーケティング総合研究所 代表取締役 吉本 俊宏


LINEで送る
Pocket

代表取締役 吉本 俊宏

代表取締役 吉本 俊宏

設立 2002年1月
事業内容
    • あきばれホームページ作成サービスの提供
    • 自社開発クラウド型CMS【Buddy(バディ)】の提供
    • 各種コンサルティングサービス
会社HP あきばれホームページ

思い描く自己を実現するために

実は私は学生時代から”起業”を目指していたわけではありません。

それよりも、大学のゼミで金融を学んでいたっていうのと、
“稼ぎたい”という想いもあったので、
“国際金融マン”になりたいと考えていました。

そしていくつか頂いた内定のうち就職は大手銀行に。

入社後はシステム部に配属されました。
銀行におけるシステム部は、
社内の優秀な人材が集められる花形の部署でした。

なぜなら、銀行における差別化の方法は、
《顧客の厚み×システム》 であるからです。

まわりが銀行の中でもエース級の人材なので、
日々刺激はありましたね。

銀行採用って当時だと、学歴重視で狭き門っていうのがあったので、
受験戦争を勝ち抜いて、
さらに就職戦争を勝ち抜いてきた人たちが集まるところだったんです。
ですので銀行の中でも熾烈な”勝ち”争いが行われていたんですよ。

その環境の中で勝ちにいくという経験は、
自己成長という意味ではすごく大きなものでした。

ただ、私が懸念としていたのは、
銀行における“システム”は、
あくまで縁の下の力持ちで、メインではなかったというところ。

こうして、”システム”がメインである会社で働きたいと考えるようになり、
転職を決意しました。

やりたい業務は2つ。

◆最先端のシステムを使ったコンサルができること。
◆バブルがはじけた経済の立て直し、つまり銀行を元気にすること。

それができる会社に行こうと野村総研に入社しました。

野村総研では、銀行向けにコンサルティングを多数行いました。
セブン銀行を立ち上げるなど、やりがいのある「大きい仕事」も任されました。
しかし、自分はサラリーマンの身。
例え良いアイディアが浮かんでも、おもいっきり事を起こせない
ジレンマに悩みました。

そんな時、業務を通じて感じていたのは
「お客様のビジネスに貢献するシステムの重要性」。

中小企業の場合は、大企業と違い、
経営者自らITに携わらなくてはいけない環境です。

起業などまったく考えていなかった私ですが
中小企業のITサポートするビジネスをやってみたいと考え、
2002年当社を設立しました

サラリーマンから社長へ 社員の人生を背負う重み

サラリーマンから社長になって、一番変わったこと。
それは、社員の人生を背負う重みをずっしりと感じていることです。

特に、新卒採用では、まっさらな若者が
当社で社会人としての人生をスタートさせるわけですから、
社長の私も「覚悟を決めなければ」と思います。

当社でどんなことを学び、
成長するかでこれからの彼らの人生を決めてしまうかもしれません。
名門校を卒業して、大手企業ではなく当社を選んでくれた新卒もいます。

就職説明会で私が話した当社のビジョンは
絶対に実現させ、彼らを守らなければと身の引き締まる思いですね。

当社の強み

当社の主力サービスである、
【あきばれホームページ作成サービス】は
リーズナブルな価格と高いコストパフォーマンス、
手厚いサービスで、お客様からご好評を頂いています。

ホームページ制作に高額な費用をかけることは、
一般に個人事業主・中小企業には大きな負担になります。

また、ホームページはただ作ればよいというわけではなく、
目的を明確にし、しっかりとした戦略を立てることが大事です。

そこで当社はホームページの“ページ”をただ作ることよりも、
ホームページの戦略を一緒に練ることが大切だと考え、
コンサルティングをおつけしたサービスをメインとし、
そのサービスをリーズナブルな価格で提供しています。

個人事業主・中小企業向けに
このようなサービスを真剣におこなっている会社はあまりないかも知れません。

当社は、CMSというホームページ作成ツール開発の会社でもあるのですが、
ただシステムやツールを提供するだけでなく、
お客様がより効果的にシステムをつかえるように
ホームページ作成サービスというパッケージ化されたサービスに出来ることも当社の強みです。
一般的なシステム開発会社では、両者を同じ会社で行うことは難しいからです。

また、CMSの開発も、当社が実際にお客さまをWEBだけで集客したノウハウを注入したものとなります。
CMSの開発会社としても、コンサルティングの会社としても、制作会社としても、
実際にWEBだけで集客できていることと、そのWEBマーケティングのノウハウを体系化し、
お客さまに直接的・間接的に提供出来ていることも当社の強みといえます。

日本の個人事業主・中小企業にもっと貢献したい

当社には、競合他社が数多くいます。

業界では、もちろんトップを狙いたいと思いますが
一番の願いは、当社の【あきばれホームページ作成サービス】をより多くの方に知って頂き、
より多くの個人事業主・中小企業の事業のお役に立つことです。

日本の個人事業主・中小企業の数は400万と言われていますが
現在、当社のサービスをお使い頂いているのはわずか7,500という数です。

まだまだ、ごく一部のお客様にしかご利用頂けていない状況。

この状況を打開すべく、当社の強みであるWEBマーケティングのノウハウを強化し,
よりたくさんのお客さまに当社サービスを使っていただくこと、
たくさんのパートナーさまにご協力頂くことにより、
当社サービスを広めていくことが大切だと考えております。

絶対の自信を持っている当社サービスの認知度を上げ
より多くのお客様にご利用して頂けるよう邁進していきます。

”学生””求職者”のみなさんへ

学生のみなさんにアドバイスがあるとすると、
学生時代テニスに熱中していた私から言うのも気が引けますが、
確実に言えることとすれば、「勉強はしておくべきです。」
ということです。

理由としてはすごく単純で、
社会人になってからって実はものすごく勉強するんです。
そうじゃないと食べていけない世界だから。

だったら、社会人になってから急に勉強するのではなく、
学生時代から学んでおいた方がいいですよね。

また、全体を通してお伝えできることだと、
覚悟をもてる自分の道を模索してみてください。

私は、大手企業でビックビジネスの経験をさせて頂きました。
しかし、それは長く一般社員の時代を経験してからのことです。

大手企業とベンチャー企業を比べると
ベンチャーでは、比較的早くから重要な仕事を任せてもらえるでしょう。
そして、その分とても大変で、苦労もたくさんすると思います。
しかし、わずか数年後のあなたの成長ぶりは
大手に入社した同期の友人とは大きな差が出ているはずです。

大手企業では、すでにあるものを守りつつ革新を進めていきます。
対してベンチャーは、ゼロから新しいモノを生み出します。

あなたの志向性にあわせて
自分にあった覚悟を持てる道、
また、自分自身と同じビジョンを掲げている企業を
見つけてもらいたいですね。

LINEで送る
Pocket