日本メディカル株式会社 代表取締役社長 野村 大介


LINEで送る
Pocket

代表取締役社長 野村 大介


代表取締役社長 野村 大介

設立 2008年9月
事業内容
  • 医師・看護師・薬剤師・介護職の人材紹介サービス
会社HP http://www.japanmedical.jp/index.html

新卒で起業。一度は断念するも2社目で現サービス立ち上げ

大学時代は、営業職のアルバイトをしていました。
それなりの自信が身につくレベルだったので、大学4年生で就職活動が始まる頃には、
様々な葛藤がありました。
周りの学生と同じように就職活動をして企業に就職すべきなのか、
せっかく営業のスキルを身につけたのだから、それを活かすべきではないのか、と。
悩んだ末に出した結論は、起業して成功を目指すこと。
その時に設立した会社は2~3年で事業譲渡をして、私の手を離れました。

その後、数年ほどベンチャー企業に勤務。
そこで出会った3人の仲間と、共に仕事をして理解を深めていくうちに、
「もう一度起業をしたい」という気持ちが強くなっていきました。
リベンジとも言える気持ちが湧きあがってきたのは、
「何のために会社を興し、何のために仕事をするのか」という部分が、
私の中で明確になったからなのです。
最初の起業は、「会社を立ち上げること」が目標になってしまっていて、
何をするのか、目的は何なのかを考えていませんでした。
しかし2回目の起業では、世の中に足りないこと、求められていることを見い出し、
それに応じたサービスを提供したいという、明確な目標ができたのです。

医療系の人材紹介サービスを多岐にわたって展開

私たちは『看護師が満足して働いていない』という、社会の現状に焦点を当てました。
転職や就職を望む看護師や、人手不足に悩む病院側のかけ橋になりたいと思い、
まずは『ナースナビ』を立ち上げて、サービスの提供を始めました。

現在では、医師に特化した人材紹介サービス「クリックジョブ医師」、
看護師専門の「クリックジョブ看護」、「JMナースバンク」、薬剤師専門「クリックジョブ薬剤師」、
介護職向けには「クリックジョブ介護」など、多方面へ展開しています。

特に2012年末にスタートした「クリックジョブ介護」は、当社の新しい強みになると考えています。
看護師の人材紹介サービスは、大手から中小まで多くの会社がありますが、
介護職の紹介に関しては、社会情勢を考えても、
これからますます介護職の需要が高まるのは必至なので、
この分野でナンバーワンを狙って、展開を進めていこうと考えています。

組織として成長し、利益を伸ばしていくための取り組み

5期目を迎えた当社は、新たなフェーズに入ったと感じています。
これまではメンバーそれぞれが営業を頑張って、会社が成長してきましたが、
現在は営業力だけではなく、オペレーションも必要になってきました。
サッカーで例えると、何人かのフォワードが点を取って勝つのではなく、
チームサッカーで勝ちを狙っていくということです。
パワープレーで点数を取るのは限界があって、1、2回戦では勝つことができても、
決勝リーグを勝ち残ることは難しいのです。

そのために様々な取り組みをしていますが、その一つがエリア担当制にしたこと。
それまでは看護師担当、医師担当、介護職担当と分けていましたが、
これを東京、千葉、埼玉、神奈川といった、地域ごとの担当制に変更。
「このエリアの医療機関、施設については、当社が一番よく知っている」とアピールし、
医療のコンサルタントとして、サービス提供を行っています。
社内的にも、あちらこちらと地域を移動して営業をするよりも、
地域を絞り込む方が効率が良いというメリットもあります。
また、実際にもそれぞれの担当者に責任が生まれ、より専門性が高まっていくという相乗効果も期待できます。

データベースの構築を本格スタート

チームプレー確立のための新しい取り組みとして、徹底的に力を入れ始めたのが、
顧客管理のデータベース構築。
営業担当者が、医師、看護師、介護職などの情報をしっかりと入力し、
「○○病院の情報」として蓄積。
そうしておくと入ってきたばかりの社員でも、すぐに情報が把握できます。

また、顧客の情報だけではなく、仕事に必要な知識の共有もデータベースで行っています。
当社の仕事は、医師にも看護師にも介護職にも関わるので、
相当な量の専門知識が必要とされます。
もちろん社内で勉強会を開いてはいますが、それだけではなかなか追いつかないのが現状。
そこで、徹底的に勉強をして知識を身につけ、
データベースを介して、皆にそれを伝えています。
データベースの書式や入力の仕方、フォーマットなどを共通言語にすれば、
全員が確実に共有できますし、都度アップグレードをするのも簡単です。

医療、介護分野におけるイノベータ―になる、名古屋への再進出

当社が掲げている目標は、8期目に営業担当を37~38人体制までもっていくことです。
5期目である今年を経て6期目7期目8期目と、
これまでのペースで成長していけば達成できる体制だと考えています。

また、数年のうちに名古屋に事業所を設立したいという気持ちもあります。
実は2010年に一度は名古屋に進出したのですが、約1年ほどで撤退した苦い経験があるのです。
振り返ってみると、当時は東京・大阪・名古屋の3拠点が成り立つレベルには、
会社自体が到達していませんでした。
仕組み、管理など、名古屋まで手が届くまでには整っていなかったのです。

これから数年で、当時は不十分だった部分を整え、再び名古屋に出るつもりです。
現在はまだその時期ではないと考え、まずはデータベースの構築、
組織や営業体制の確立に努めています。

学生へのメッセージ

『大いに悩んでください』

目の前に2つの選択肢があったとしたら、どちらを選んでも正解。
大切なのはどちらを選んだのかではなく、本気で悩んだかどうか、
選んだことに自信が持てるほど、時間をかけて考えたかどうかなのです。

だからこそ、時間をたっぷり使える学生時代を大切にして欲しい。
私は人生で一番大切な要素は『時間』だと思っています。

大切なものは何ですかと聞かれると、『金』や『愛』、『社会的地位』など、
人によって様々な答えが出てきます。
これらは、どれも時間を使って得られるものではないでしょうか。
また、人との出会いにも、時間は必要です。

有効に時間を使えるか否かで、何十年後の結果も違ってくるはずです。

LINEで送る
Pocket