株式会社ドアズ 代表取締役C.E.O 戸田 克己


LINEで送る
Pocket

代表取締役C.E.O 戸田 克己

株式会社ドアズ 代表取締役C.E.O 戸田 克己

代表取締役C.E.O 戸田 克己

株式会社ドアズ
設立 1997年(平成9年)4月4日
事業内容
  • インターネット事業部
     WEBサイト構築の総合プロデュース
     WEBサイト企画・制作
     Flashコンテンツ制作
     WEBアプリケーション開発
  • アクセサリー事業部
     オリジナルシルバーアクセサリーの製造・販売
     オリジナルブランドのオンラインショップ運営
     彫金教室運営
会社HP http://dis.ne.jp/index.html

【学生時代】

神戸で生まれ、中学2年まではいろいろなスポーツに励む純粋な少年でしたが、
中学3年から移り住んだ宝塚では、悪ガキたちと遊び放題。

高校に入ると、スポーツを続けつつも、アルバイトで買った原付バイクで走り回る日々。
結局、問題を起こして2年で退学する羽目に陥ります。

このままではまずいと考え、必死で勉強し翌年大検を取得。
現役と同じ年で京都工芸繊維大学に入学をしました。
大学ではもともと好きだったアウトドアの同好会を友人と共に立ち上げ、
活動を行っていました。

【就職活動】

学生のうちから社会経験を積みたいと思っていた私は
京都の小料理屋で板前のアルバイトをしていました。

アルバイトとは言ってもさすがそこは京都の小料理屋。
かなり厳しく飲食業について学ばせてもらい、一時はそのまま飲食業での道も考えましたが、
当時のゼミの助教授から
「もっと広く社会の仕組みを見てみなさい」と助言を受け、
その紹介で試薬メーカーへ入社を決めました。

【起業のきっかけ】

そこではテクニカルセールスサポートとして従事していましたが、
入社後半年で神戸から名古屋支店に移動となり、
そこでの約8年間のサラリーマン生活は私にとって非常に充実したものでした。

昔から独立志向はありましたが、
わりと好き勝手させてもらえるサラリーマンも楽しい!
そう思える8年間でした。

その後本社に戻り学術部でプロダクトマネージャーや
企画部などの会社の中枢部門を経験し、
忘れもしない1995年1月、阪神大震災を経験しました。

その後1年間、必死で会社の復興に尽力し、
回復の目処が立ったころ、ふと思ったのです。

「人生何が起こるかわからない。やり残してはいけない!」

そして、何をするか定まっていないまま、起業の準備を始めました。

【事業開始】

はじめは趣味で行っていたシルバーアクセサリー販売の事業計画を立てましたが、
資金面で早速暗礁に乗り上げてしまいどうしようかと悩んでいたころ、
たまたま昔の先輩の紹介で知り合った方から
当時はまだ珍しかったホームページ制作というビジネスがあることを教えてもらい、
「これは面白い!これしかない!」
そう思いWEBサイト制作会社として1997年4月4日、
有限会社ドアズコーポレイション(後の株式会社ドアズ)を設立しました。

最初はもちろんお客様などいませんでしたから、
とにかく飛び込み営業や経営者セミナーなど、
毎日がむしゃらに働いていた記憶があります。

その後、2年遅れでシルバーアクセサリー製造販売事業を開始し、
現在は2事業部で頑張っています。
デジタルとアナログの事業を両立させていることをよく不思議がられますが、
形があろうと無かろうとその根源は「創造的(クリエイティブ)」であるということです。

【今後について】

今後は第2次創業期と捉え、WEBサイト制作は今まで以上に
1部上場企業様をはじめとしたお客様との直取引による受託開発を増やし、
同時に、より充実したフォローによる運用・サポートの方にも力を入れていきたいと考えています。
アクセサリー事業のほうは、もっとマーケティングをしっかりやって、
ブランディングに力を入れて行きたいと考えています。

私もまだまだ経営者としては未熟者ですので、
実務はどんどん現場に渡して経営者としてのスキルを磨きたいと考えています。
また社長の大きな役目として、
将来の経営幹部育成や現場リーダーの育成を行っていきたいと考えています。

地域や業界に役立つような社会貢献活動については、
ライフワークとして取り組んで行きたいと思っています。
社内外関わらず、自分たちは常に“誰かの役に立っているかどうか”を意識し、
行動するよう心がけています。

LINEで送る
Pocket